Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■2018年モデル
■ここ何年間の傾向
■マレットモデル2017 テスト
■ブレードモデル2017 テスト
■43.5インチのドライバー
■世界NO1に向けて
■ゲーリン・ライフ EVNROOL
■ミラクルオーダーメイドアイアン
■ミラクルアイアン リシャフト
■バンコクワインクラブ

アーカイブ
■December 2017 (1)
■July 2017 (1)
■March 2017 (2)
■February 2017 (2)
■January 2017 (3)
■December 2016 (1)
■November 2016 (3)
■October 2016 (2)
■September 2016 (1)
■August 2016 (1)
■July 2016 (4)
■June 2016 (3)
■April 2016 (1)
■March 2016 (1)
■January 2016 (2)
■November 2015 (1)
■September 2015 (1)
■August 2015 (1)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■April 2015 (3)
■March 2015 (2)
■February 2015 (3)
■January 2015 (2)
■November 2014 (2)
■October 2014 (2)
■April 2014 (1)
■February 2014 (1)
■January 2014 (5)
■December 2013 (4)
■November 2013 (1)
■October 2013 (1)
■September 2013 (6)
■August 2013 (2)
■July 2013 (5)
■June 2013 (1)
■May 2013 (2)
■April 2013 (6)
■March 2013 (4)
■February 2013 (2)
■January 2013 (2)
■December 2012 (3)
■November 2012 (4)
■October 2012 (6)
■September 2012 (9)
■August 2012 (6)
■July 2012 (5)
■June 2012 (8)
■May 2012 (2)
■April 2012 (6)
■March 2012 (5)
■February 2012 (9)
■January 2012 (12)
■December 2011 (11)
■November 2011 (13)
■October 2011 (15)
■September 2011 (7)
■August 2011 (9)
■July 2011 (17)
■May 2011 (2)

最近のコメント
image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
TEL: 02-259-4662
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

BLOG

最近驚いたクラブ

ツアーステージGRの5番ウッドには驚きました

長く・軽く・柔らかいという代物でした

5Wで43インチとは一体何を考えているのでしょう

男子プロの3Wは42.5インチが圧倒的です

5Wは41から41.5インチが多いのですが2インチ近く長くなっています

 

練習場で何発か打って、タイミングが合えば飛ぶ?可能性はあります

一発勝負のコースでは、ミスヒットの可能性が上がるだけで

完全な練習場用の飛距離追求、試打会スペックです

重くては振りにくく、ヘッドスピードが上がらないと考えたのか

FW用の重いシャフトをつくるコストを省いたのか

ツアーAD(51g)とプリントしてあるシャフトと軽量のグリップは

ソケットがついた状態で95,7gとドライバー並みの軽さ

振動数は207cpmと女性用より柔らかい硬さでしたが

ツアーADにこんなシャフトがあるのでしょうか?

グリップを抜くと、どこの工場か分からない中国っぽいシールが

 

このスペックで5Wを作った意図が理解できません

「ヘッドが大きく打ち易そう」と購入したそうですが

T2の7Sを挿したお客様には合うはずも無く

アッタスハイブリッド85に差し替え41インチにしました

しかしはっきり分かるほど、左を向いています

「長くした分右に行くので、フェースを被せました」が製作者の答え

 

このモデルの3Wはどんなスペックなのでしょう?

へッドを大きくして、長く、軽くというのはティアップする

ドライバーにだけ有効な考え方です

地面から飛距離をコントロールするFW以下のクラブは

振れる範囲で重く、短いほうが正確性が上がります

最近3番ウッドを「バックに入れているだけ」の方が増えていますが

「なかなか当たらない」と嘆く前に、正確な長さを測るべきです

 

クラブに貼ってあるシールの8割は嘘です

長さが違い、硬さが違い、合っているのは「バランス」だけ

表示ロフトも11度と刻印しては売りにくいと考え

しかしながら優しく感じさせるための「苦肉の10.5」が多いのです

ゴルファーの心理は面白いもので11度だとすごくボールが上がる様に感じ

9度では絶対に上がらないと思い込んでいる方が多いのも事実です

 

実際にメーカーが公表している公差は±1度とされています

9度では8~10度のヘッドがあり、11度でも10~12度の

ヘッドが販売されているということになります

実際に測定すると「リアルロフト」はそれ以上の差になりますが

表示されている数値を信じているゴルファーがほとんどです

シャフトの硬さに統一基準を作らないという?おかしな業界ですが

新素材が登場せず「不誠実な物作り」を毎年重ねてきたメーカーは

過去に成功した販売戦略を繰り返すしかないようです

 

ファッション業界がスカートの丈や流行色を毎年変えるように

長尺・短尺を繰り返し、ヘッドサイズの大・小や色を変えていますが

コースで扱いにくい、練習場スペックのクラブが多く出回りはじめています

新製品には「嘘」が隠されていることを、覚えておいてください

 

 



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.