Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■2018年モデル
■ここ何年間の傾向
■マレットモデル2017 テスト
■ブレードモデル2017 テスト
■43.5インチのドライバー
■世界NO1に向けて
■ゲーリン・ライフ EVNROOL
■ミラクルオーダーメイドアイアン
■ミラクルアイアン リシャフト
■バンコクワインクラブ

アーカイブ
■December 2017 (1)
■July 2017 (1)
■March 2017 (2)
■February 2017 (2)
■January 2017 (3)
■December 2016 (1)
■November 2016 (3)
■October 2016 (2)
■September 2016 (1)
■August 2016 (1)
■July 2016 (4)
■June 2016 (3)
■April 2016 (1)
■March 2016 (1)
■January 2016 (2)
■November 2015 (1)
■September 2015 (1)
■August 2015 (1)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■April 2015 (3)
■March 2015 (2)
■February 2015 (3)
■January 2015 (2)
■November 2014 (2)
■October 2014 (2)
■April 2014 (1)
■February 2014 (1)
■January 2014 (5)
■December 2013 (4)
■November 2013 (1)
■October 2013 (1)
■September 2013 (6)
■August 2013 (2)
■July 2013 (5)
■June 2013 (1)
■May 2013 (2)
■April 2013 (6)
■March 2013 (4)
■February 2013 (2)
■January 2013 (2)
■December 2012 (3)
■November 2012 (4)
■October 2012 (6)
■September 2012 (9)
■August 2012 (6)
■July 2012 (5)
■June 2012 (8)
■May 2012 (2)
■April 2012 (6)
■March 2012 (5)
■February 2012 (9)
■January 2012 (12)
■December 2011 (11)
■November 2011 (13)
■October 2011 (15)
■September 2011 (7)
■August 2011 (9)
■July 2011 (17)
■May 2011 (2)

最近のコメント
image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
TEL: 02-259-4662
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

BLOG

賞金王決定戦

「ドバイ・ワールドチャンピオンシップ」初日の再放送を、先ほど見終わりました。ラフに入るとヘッドが抜けにくいようで、アイアンショットでは距離を出すのが難しく、無理に振るとフライヤーになって奥のラフに。ラフからのアプローチも同じように距離を合わせ難い様で、ダブルボギーが多い初日でした。

R・マキロイは1番ホールをバーディ発進でしたが、2番ホールの2打目のを大きく右に曲げ、結局ロストボールとし、ダブルボギー。3番と5番でバーディを獲るものの、8番でボギーと前半をパープレーで折り返しました。

L・ドナルドは出だしの1番はパーパットをはずしてボギーとするも、2番、3番、5番、8番とチャンスを決め前半を3アンダーで折り返したのですが、ティショットの飛距離は、R・マキロイが常に15ヤードから20ヤード近く飛ばしていました。L・ドナルドはキレの良いアイアンショットとナイスタッチのパッティングでバーディを重ねる良い流れに見えました。

10番のL・ドナルドの右ラフからのセカンドは、グリーンに止まらず奥の深いラフに。そこから2mに寄せます。R・マキロイは右2,5mにナイスオンからバーディ。ドナルドもパーパーットを決め2打差になります。

11・12番はともに決められず2打差のまま13番パー3。R・マキロイは奥4mにナイスオン。L・ドナルドは珍しく右に残ったようなスイングでプッシュアウトして20y右手前のラフに。そこからのアプローチは思ったより止まってしまいますが1mに寄せます。R・マキロイは奥からの難しいラインを決めバーディ。L・ドナルドも決めますがついに1打差。

14番の600ヤードを超えるパー5、R・マキロイのティショットはフェアウェイに完璧なショット。L・ドナルドは前のホールのプッシュアウトが影響したのか左に引っ掛けブッシュの中。ボールは見つかりましたがアンプレでドロップし打ち出します。R・マキロイのセカンドは手前のバンカー。L・ドナルドの4打目は3mに乗せます。R・マキロイはバンカーから楽々バーディ。L・ドナルドのパーパットはわずかに外れバーディ・ボギーで一気に逆転。

15番でもL・ドナルドはUTのティショットを左のブッシュに打ち込んでしまいます。14番もそうでしたが、いつもより左つま先が開いているように感じました。そのため重心が残り、左つま先もインパクトで逃げていました。この開き気味の左軸足のインパクトでは、目標に押すとプッシュアウト、捕まえに行くと左に飛んでしまいます。13番のプッシュアウトから、14・15番の引っ掛けは左つま先の向きに問題がありました。R・マキロイのスイングスピードに無意識に合わせてしまったのかもしれません。しかし明日までには修正してくるでしょう。左つま先を直角に構えているL・ウェストウッドは、ショットはいいものの、ラインの読み違いかパッティングがカップも触らず外れてスコアを伸ばせませんでした。

L・ドナルドは16番のティショットもバンカーに打ち込み、そこから左奥に引っ掛けでボギーとして、ここからさらに3連続バーディのR・マキロイに6打差をつけられてしまいました。今日どこまで追い上げるかですがこのまま引き下がることはないでしょう。もしかすると最終日に二人が優勝争いをしている可能性が一番高いのでは。L・ドナルドが「今の段階ではタイガーよりロリーが上」と大会前に発言したことが問題になっているようですが、来年のメジャーでR・マキロイがこの言葉を実証して見せることになりそうです。強烈なスピードからピタリと同じところにシャフトが止まるフィニッシュは、手と足の使い方のバランスがいい証拠。素晴らしいスイングですが、今回だけはL・ドナルドの偉業が見てみたいと思います。

好調なのはS・ガルシアで17番中途半端なスイングで池にいれた、ダブルボギーだけが悔やまれるラウンドでした。2日目はR・マキロイとのペアリングでファンにとっては楽しみなペアリングです。C・シュワルテルもショットは好調でしたが、グリーンが読みきれず、惜しいバーディを外していました。全く入らなかったのが一緒に回っていたM・カイマーで、挙句に短いバーディパットを外し3パットと散々なラウンドでした。L・ウェストウッドもそうですが、パットさえ入れば一気に上位に進出してきそうです。

何度かブログで取り上げた、ロバート・ロックとヤコ・バンジルが頑張っています。最終日まで上位で賞金を稼いでランキングを上げて欲しいですね。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.