Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■2018年モデル
■ここ何年間の傾向
■マレットモデル2017 テスト
■ブレードモデル2017 テスト
■43.5インチのドライバー
■世界NO1に向けて
■ゲーリン・ライフ EVNROOL
■ミラクルオーダーメイドアイアン
■ミラクルアイアン リシャフト
■バンコクワインクラブ

アーカイブ
■December 2017 (1)
■July 2017 (1)
■March 2017 (2)
■February 2017 (2)
■January 2017 (3)
■December 2016 (1)
■November 2016 (3)
■October 2016 (2)
■September 2016 (1)
■August 2016 (1)
■July 2016 (4)
■June 2016 (3)
■April 2016 (1)
■March 2016 (1)
■January 2016 (2)
■November 2015 (1)
■September 2015 (1)
■August 2015 (1)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■April 2015 (3)
■March 2015 (2)
■February 2015 (3)
■January 2015 (2)
■November 2014 (2)
■October 2014 (2)
■April 2014 (1)
■February 2014 (1)
■January 2014 (5)
■December 2013 (4)
■November 2013 (1)
■October 2013 (1)
■September 2013 (6)
■August 2013 (2)
■July 2013 (5)
■June 2013 (1)
■May 2013 (2)
■April 2013 (6)
■March 2013 (4)
■February 2013 (2)
■January 2013 (2)
■December 2012 (3)
■November 2012 (4)
■October 2012 (6)
■September 2012 (9)
■August 2012 (6)
■July 2012 (5)
■June 2012 (8)
■May 2012 (2)
■April 2012 (6)
■March 2012 (5)
■February 2012 (9)
■January 2012 (12)
■December 2011 (11)
■November 2011 (13)
■October 2011 (15)
■September 2011 (7)
■August 2011 (9)
■July 2011 (17)
■May 2011 (2)

最近のコメント
image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
6/3 Soi Sukhumvit 33 Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
TEL: 02-259-4662
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

BLOG

ほぼ完成でしょうか

新しいスタジオの内装が終わり、今日から引越しをするつもりでしたが朝からの雨で明日に延期になりそうです。場所は内装工事中のフジスーパー1号店の正面「日泰ビデオ」さんと同居になります。

いままでで一番小さいスペースですが一階で便利なことが一番かと思っています

ネットのサイズが違いやり直しさせていますが週末には作業が始められそうです

フジスーパーは7月まで休業の様ですが、内部を完全に撤去しています

以前のように表にはテナントを入れないということで綺麗なスーパーになりそうです

来週はニューモデル発売の打ち合わせに韓国に行くことになりました

正式オープンは来月からになりそうです

契約が終わりました

スタジオの契約がなんとか完了し、明日から内装工事にかかります。15日過ぎには仮オープンできそうですが経過はブログにアップします。場所は改装中のフジスーパー1号店の入口の正面、現在は日泰ビデオがある場所です。

ゴールデンウィークというのに男子ツアーはオープンウィークのようですね。景気悪化の影響なのでしょうが日本経済が再び立ち上がる日は来るのでしょうか?海外生活が長く、生活してきたアジア諸国の「国を守る」という強い決意を毎日のように感じながら生活していると、遠くから見る日本は、国としての基本を忘れてしまっているように見えます。

「東京電力は2日、4月1日から実施した企業向け電気料金の平均17%の値上げについて、3月31日で契約が切れた5万件のうち、値上げに合意した顧客は5月1日現在、68%の3万4千件にとどまっていることを明らかにした。32%の利用者には、「未契約」状態で電力供給していることになる。」とニュースにありましたが、値上げの原因となった原発事故の原因究明も中途半端なままで、事故の責任を果たしたといえない状況では、全顧客23万7千件でも47%しか合意しないのも当たり前で 「不払い運動」 も広がりを見せそうです。7月に家庭向け料金値上げを予定しているようです。しかし自分たちが起こした大惨事は見てみぬふりで、会社を守るために値上げに踏み切るとはなんということなのでしょう。

当時の菅政権からのSPEEDIのデータ公表が事故直後の計測時点ですぐに発表されなかったことで、関東および福島近県の国民が、広く被曝の危険にさらされたと、事故直後から指摘され続けています。東京電力が廃炉を懸念したため原子炉への海水注入が1日近く遅れたことで事故が拡大し、さらに東京電力から連絡を受けた政府側の受け身の姿勢も事故対応の遅れにつながったと指摘してされています。事故対応に当たった複数の関係者によると、東電が海水注入をためらったのは長年の投資が無駄になることを心配したためだといいいますが、この体質が変わらない限り、東電を応援する国民など現れないのでは。

最高責任者であった菅直人の責任問題はどうなっているのでしょう?本来なら菅直人の身柄を確保して取り調べるべきです。疑いのある人間は一般人であれば先ず逮捕され調べられます。そこで疑いが晴れれば不起訴となり釈放されるのです。この菅直人にしても、慰安婦問題の強制を認める発言をした河野洋平にしても、「村山談話」のなかで謝罪した村山元総理にしても、日本国民に対する背信行為をはたらいた政治家は取り調べを受けるべきではないでしょうか。逮捕されて然るべき人間が首相や政界の実力者として特別扱いされていることが大きな問題だと思います。大きなミスを犯しても犯罪を犯さない限り「責任を取らなくていい」政治家や公務員が国を動かしている体質から脱却しないと、いつまでたっても日本は良くならないように感じます。憲法記念日を日本の政治家はどのような思いで受け止めているのでしょうか?敗戦後の被占領期に、米国とマッカーサーによって作成されたといっても過言ではない日本国憲法です。あのドイツでさえ占領から独立を回復した際にドイツ国民によって占領軍に押し付けられた憲法は作成しなおされています。ドイツを占領していたのは連合軍でしたが、日本を占領していた連合軍は事実上米国のみでした。押し付けられた憲法を、日本は国として主権を回復した際に改正に取り組むべきだったはずで「責任転嫁」の体質や法的根拠は、ここに原点があるように感じます。

復活を期待した石川は、スタートダッシュに失敗し3番でボギーが先行と不発でした。アメリカ参戦を踏まえて無理な責めを封印しているようですが、それはアメリカでやればいいことで、ボギーを打っても取り返しが効く日本のコースではどうなのかと思いますし、それでは魅力半減です。日本とアメリカのコースセッティングの違いは「打ちっぱなし」に書きましたが、本格参戦してからでないと分からないことの方が多いはずです。アメリカに行っても宮里藍のように何年も勝てないかもしれません。原点に立ち返り、若い今しかできない「攻撃的なゴルフ」を今一度思い出して欲しいものです。
<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.