Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■2018年モデル
■ここ何年間の傾向
■マレットモデル2017 テスト
■ブレードモデル2017 テスト
■43.5インチのドライバー
■世界NO1に向けて
■ゲーリン・ライフ EVNROOL
■ミラクルオーダーメイドアイアン
■ミラクルアイアン リシャフト
■バンコクワインクラブ

アーカイブ
■December 2017 (1)
■July 2017 (1)
■March 2017 (2)
■February 2017 (2)
■January 2017 (3)
■December 2016 (1)
■November 2016 (3)
■October 2016 (2)
■September 2016 (1)
■August 2016 (1)
■July 2016 (4)
■June 2016 (3)
■April 2016 (1)
■March 2016 (1)
■January 2016 (2)
■November 2015 (1)
■September 2015 (1)
■August 2015 (1)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■April 2015 (3)
■March 2015 (2)
■February 2015 (3)
■January 2015 (2)
■November 2014 (2)
■October 2014 (2)
■April 2014 (1)
■February 2014 (1)
■January 2014 (5)
■December 2013 (4)
■November 2013 (1)
■October 2013 (1)
■September 2013 (6)
■August 2013 (2)
■July 2013 (5)
■June 2013 (1)
■May 2013 (2)
■April 2013 (6)
■March 2013 (4)
■February 2013 (2)
■January 2013 (2)
■December 2012 (3)
■November 2012 (4)
■October 2012 (6)
■September 2012 (9)
■August 2012 (6)
■July 2012 (5)
■June 2012 (8)
■May 2012 (2)
■April 2012 (6)
■March 2012 (5)
■February 2012 (9)
■January 2012 (12)
■December 2011 (11)
■November 2011 (13)
■October 2011 (15)
■September 2011 (7)
■August 2011 (9)
■July 2011 (17)
■May 2011 (2)

最近のコメント
image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
6/3 Soi Sukhumvit 33 Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
TEL: 02-259-4662
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

BLOG

台風の影響

明日のトーナメントは開催されるのでしょうか

それより台風による被害が広がらないことを願います

「ライダーカップ」の2日目が始まりましたね

初日はK・ブラッドリーの活躍でアメリカチームがリードしました

2日目はL・ドナルド、L・ウェストウッドとの対戦で真価が問われます

タイガーはやはりパターが課題のようですが

日本では石川もミスパットから流れをつかめずにいます

開催されればバーディ発進で少しでも上位に行くことで

勝負感が戻ってくれるといいですね

 

女子は木戸に期待が集まりそうですが

惜しいバーディを逃していたのが心配です

上がり連続バーディの宮里藍と、ピンチを凌いで2日目を終えた美香が

難しいセッティングに慣れており、最終的には上位に行きそうに感じます

ボールが高く、スケールの大きな木戸は強風対策ができているかでしょう

弟子一号のウェッジが磨り減りヘッドを交換しました

 

NAGANOさんは62度を追加で作りました

スタート前にSEVE*GO・EUROPEの文字が青空に浮かび上がっていました

スペインのS・ガルシアの活躍を予感させますが

欧州チームに逆襲が見ものです

UST・MAMIYA新製品

ツアーチャンピオンシップで優勝したB・スネテガーのハイブリットシャフトは

UST・MAMIYAから発売されているVTS・HBでした

 

Brandt Snedeker
PGA Tour: The Tour Championship
Driver: TaylorMade Burner SuperFast (8.5 degree; Fujikura Motore VC 7.2x shaft)
Fairway Wood: Tour Edge Exotics CB4 3-wood (13 degree; Mitsubishi Diamana Blue Board 73x shaft)
Hybrid: Ping Anser (20 degree; UST Mamiya Proforce VTS Black 100x shaft)
Irons (4-PW): Bridgestone J40 Cavity Back (Aerotech SteelFiber i95 Constant Weight shafts)
Wedges: Bridgestone J40 (52 degree; True Temper Dynamic Gold X100 shaft), Bridgestone J40 (56 degree; True Temper Dynamic Gold Spinner 119 shaft) and Titleist Vokey Design Spin Milled (60 degree; True Temper Dynamic Gold S400 shaft)
Putter: Odyssey White Hot XG Rossie
Ball: Bridgestone Tour B330
Footwear: Adidas adiPure
Grips: Lamkin Tour Black Full-Cord
UST・MAMIYAのFW・HB用シャフトはPGA・LPGAで使用率が高く
今回のメンバーでは「ライダーカップ」キャプテンのD・ラブⅢはV2
欧州チームキャプテンのJ・M・オラザバルは「マスターズ」で優勝した時に
全てUSTシャフトでしたし、Z・ジョンソンも「マスターズ」優勝時に使っていました
J・フューリクとS・ストリッカーはUST使用の代表選手で
欧州チームではL・ウェストウッド、L・ドナルドが使用中です
ロレーナ・オチョアは引退するまでiRODを使っていました
VTSは75・85・100のラインナップですが少しハードです
以前から発売されているV2のハイブリット用(70~72g)をおすすめしていましたが
軽量シャフトをご希望の場合V2ハイランチ(53g)で対応していました
VTSに続くフェウェー、ハイブリット用4Uが発売されます

フェアウェィーウッド用(23,000円)は55・65・75・85と豊富なラインアップで

50g台の軽量モデルは組みやすいですね

HBユーティリティ用は(17,000円)75・85・95となっています

カラーリングを揃えて、重量が合わせられるのは楽しみですね

すでに発売されているアッタス4Uですが来週には入荷予定です

軽いシャフトから試打していますが、初代のアクシブの進化系のような

シナリ感が特徴で、タイミングの合わせやすさを感じます

ライダーカップ

5月に行われた「ボルボワールドマッチプレー選手権」は最終日に

準決勝と決勝の3試合が行われました

準決勝第1試合、ラファエル・カブレラベローとニコラス・コルサートの対戦は

オールスクエアが続く接戦で延長20ホール目にN・コルサートがアップを奪い勝利

準決勝第2試合はグレーム・マクドウェルとポール・ローリーが対戦し

G・マクドウェルが2アップを奪ってP・ローリーを制し

N・コルサートとの決戦に駒を進めました

悪天候の中、迎えた決勝戦の前半は、G・マクドウェルが試合を引っ張る形勢で

N・コルサートがアップを奪うも、オールスクエアに戻されるという展開でした

後半はN・コルサートがリードを奪い、1アップで接戦を制し

メジャーチャンピオンのG・マクドウェルに勝利したのですが

この勝負強さを買われベルギー出身としては初めて

「ライダーカップ」代表に選出されたのでしょう

N・コルサートは2011年「ボルボ中国オープン」でツアー初勝利を挙げると

昨年の「ボルボワールドマッチプレー選手権」では3位

「ボルボゴルフチャンピオンズ」では4位でした

今季も「ボルボ中国オープン」では2位フィニッシュと

ボルボがスポンサーをする大会で数々の好成績を残してきています

「厳しいコンディションでよくプレーできた。対戦相手は、

全米オープンを制したマクドウェルだからこのような

悪コンディションの中でタフなゲームになると予測していた

勝てて本当に嬉しい」と、今季初勝利、ツアー通算2勝目の

喜びを語っていましたが「全英オープン」7位の後

PGAツアーの「ウインダム選手権」でも7位

最近の2試合「KLMオープン」8位タイ

「BMW・イタリアンオープン」では5位タイと

何故か乗り物がスポンサーの大会で強さを発揮しています

平均飛距離316ヤードというN・コルサーツは

「史上最長のストレートヒッター」と評価されています

「ボルボマッチプレー」で敗れたG・マクドウェルも勝負根性のあるタイプで

アメリカ代表にとって手強い相手になることは間違いありません

ババ・ワトソンが、去年の「フレンチオープン」で見せた態度に

欧州では非難が集まりました

欧州のメディアは、B・ワトソンがビデオ撮影、携帯電話使用の禁止を無視した

ギャラリーを批判したことを大きく取り上げたのです

またルーブルや他のパリを代表する建造物の名前を知らなかったことを挙げ

「甘やかされた環境で育った世間外れプロゴルファー」とこき下ろしたのです

PGAツアーでは何もかもが全て同じ条件になっています

スポンサーから専用車がついて、同じビュッフェスタイルの食事と

ビールを提供するバーもありスポンサーを巻き込んで

ショー的な派手な演出が多いのも確かです

 

欧州勢の強さは、選手同士の強い繋がりとツアー組織

開催コースとの連携で成り立っているように思います

毎週、全く環境の異なる場所での連戦が続きます

イングランドからウェールズ、そしてスウェーデンからアメリカ

ドイツ、フランスと続くのは当たり前で、選手達は

「環境に対応すること」ができなければ良い成績は残せません

 

PGAと欧州ツアーはグリーンの速さ、それに芝の長さという

環境条件を近く設定するのを目標にすべきという意見もありますが

欧州ツアーはアフリカ、アジア、オーストラリア、欧州各国

それから中東でも大会を開催する為、基準設定が極めて困難なのです

アメリカでは気候条件が良い時期を選んで開催するため

メジャー以外は統一基準に沿ったセッティングが可能です

その辺のツアー環境が、前回2010年の「ライダーカップ」で

欧州代表が勝利した段階で、1985年以降の大会で

欧州勢がアメリカ代表の2倍勝っているという最近の

「アメリカ劣勢」を生んでいるのでしょう

地元開催で「強いアメリカ」の巻き返しはあるのでしょうか

 

先日納品したT・ASAIさんのアイアンです

 

 

最近、この組み合わせが人気ですがウェッジのヘアラインは芸術品です

ヤワラート

上平は16番のボギーが痛かったですね、あそこで流れが切れてしまいました

しかし優勝争いを繰り返すことで力がついてきた様で次回に期待しましょう

 

ガンブルークリームを探しに中国人街の銃砲店街に行ってきました

本物の銃ですがガードマンもいなく、普通に手にとって見ている感じでした

 

ノーチェックで入店できて、写真を撮ろうとしたらダメだというので外から撮りました

周りにはガン用品がを扱う小さな露天も並んでいましたがこんなものが

警察官が持っているのとは違うのでしょうが、警察手帳のようです

こんなものもコピーするとは驚きです

 

見つけたガンブルークリームは

日本で手に入るものとは違いましたが値切って500バーツで買ってきました

息子のカットソールロブのフェースのキズを磨いて、ガンブルー処理をしました

かなりの傷でしたので砥石をかけて平らにしてからクリームを塗り仕上げました

私のロブウェッジもガンブルーで仕上げ、白いラインを入れました

ブラックボロンのミラクルアイアンにも、白いラインを入れてみました

もともとすわりは抜群なのですが、方向はさらに合わせやすくなりました

パナソニックオープン

TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙」は大会3日目が雷雲接近のために競技が中止

最終日も10時28分に雷雲接近のため競技が中断されたのです

ツアー初優勝を狙う上平栄道は2日目を9バーディ、ノーボギーの「63」をマークし

通算15アンダーまでスコアを伸ばし単独首位に浮上していました。

シーズンオフになると私のホームコースのグリーンバレーCCで

練習を繰り返す礼儀正しいナイスガイです

3日目が中止となり11時15分に最終組でスタート予定だった上平は

ドライビングレンジで練習中にサイレンを聞くことになったのです

このままプレーが再開されなかったら、上平のツアー初優勝が確定という状態で

中断は続き、インターネットで応援していた私は「どんな形でも初勝利を」と願っていました

12時40分からの再開が決まり、上平は再び練習場に向かい

体をほぐしてからスタートしたといいます

前半は2番でボギー、3番パー5でバーディと上平はパーを重ねて順位を下げてしまったのです

しかし後半の15番、さらに17番でバーディを奪い首位と1打差まで再浮上

最終18番パー5は入れればプレーオフ進出という4メートルの

バーディパットは決めることが出来ず3位タイでしたが、素晴らしい活躍でした

 

そして今週の「パナソニックオープン」でも3日目を終えてトップです

17番でバーディを奪い18番のティショットは木のそばで

フルスイングが難しいポジションからレイアップを選択し

そこから見事にバーディフィニッシュ

100ヤードからの安定感は抜群で、その自分のゴルフをかたくなに守る

プレースタイルが信条ですが、今年3度目のチャンスで初優勝を飾って欲しいですね

 

週末に納品するクラブですが、手研磨で仕上げた証明の

ヘアラインが美しいですね

5番からPW・52・56・62のセットですがウェッジは黒染めで仕上げました

マックテックを使っていた方ですが、引っ掛る傾向がひどくEタイプで作りました

ウェッジは今まで使っていたキャロウェイを調整し、同じシャフトで組み直しました

白いお寺

ワット・ロン・クンはチェンライ県出身の芸術家、チャルーンチャイ・コーシピパット氏が

デザインした白いお寺です、現在も建設が続いていて完成は未定とか

入口は地獄を表しているのでしょうか

細かい装飾でした

本堂の中は撮影禁止でしたがちょっとだけ

唯一の金色の建物は

トイレでした

本来はこのような絵画や仏像を作る芸術家のようです

日本だと絵馬なのでしょうが150バーツで購入して願い事を書く様です 

枚数がまとまるとこれも芸術品

最近のカメラの性能は凄いですね 

今回は温泉に行く時間が無かったのが残念でしたが、次回にまた行きたいと思います

チェンライのゴルフ

チェンライに「ハッピーシティ」というゴルフ場が仮オープンしたというので行ってきました

クラブハウスというよりは管理棟の様な感じですが隣には大きな練習場がありました

よく聞くと経営は韓国の統一教会ということでした

日本では統一教会を通じて信者を洗脳し、献金のノルマを課して人間の心を支配し

価値のない壷や多宝塔を何百万円、あるいは何千万円で販売したと批判を浴びたり

教祖が相手を決める合同結婚式でも話題になった、とんでもない宗教団体です

 

悪徳教祖、文鮮明は9月3日に亡くなったばかりですが

若者たちを洗脳して吸い上げた莫大な資金を

チェンライでゴルフ場開発に使っているとは知りませんでした

確か一和や統一という名で観光会社もやっているはずですが

ゴルフができない冬に、韓国からゴルファーを送り込むつもりなのでしょう

そのためにコースの脇にはコンドミニアムが建築を急いでいました

コンドからカートで直接スタートするのでクラブハウスはいらないということなのでしょう

木がないため、景観が良くなるまではしばらくかかりそうですが

 

なんといってもグリーンは、オープン前というのに「かたびら」だらけ

芝の状態もイマイチで、やはりというか?意味の分からない建物がありました

 

風が吹いているというのに回らない風車も、どこを向いているのか?

一番韓国人らしいと思ったのはアウトの最終ホール

ということはインの最終ホールは当然

サービスのつもりなのでしょうが、ゴルフのルールまで変えて洗脳しようというのでしょうか

「統一教会トーナメント」でもやろうというのか?最終ホールの奥にはスタンドらしき段差が

ラウンドしているプレーヤーもいないのにコースの状態は?もう来ることはないでしょう

 

天気が悪かったのですがミラクルアイアンの黒光りはやはりたまりません 

 

チェンライに来るとやはりコースはサンティブリですね

スタートホールの狭いフェアウェー、真ん中に私の黄色いボールが!見えますか?

ゴルフ場の景色としてはタイで一番かもしれません

 

コメントは要らないでしょう

今回も手入れも良く、本当に綺麗でした

以前はアジアンツアーの最終戦「シンハーマスターズ」が開催されていたコースです

最終18番のロングホールは一番好きなホールです

セカンド地点からグリーンをUPで

普通はこの左のフェアウェーに刻むのですが、間違うとバンカーからの難しい3打目が残ります

クラブハウスから最終ホールのグリーンを眺めると

そして必ず食べるのがカレー味のクイッティオ「カオソイ」です

薬味を全部入れて頂くのですが、ここからのパノラマはゴルフ好きにはたまりません

チェンライに行くことがあれば「サンティブリ」で決まりです

ゴールデントライアングル

チェンライからの第2報です

ゴールデントライアングルが見渡せるチェンセンは、いたるところに城壁が残る歴史ある街です

チェンセンでは、ワット・チェディ・ルアンを見学しました

かなり大きな仏塔ですがどうやって作ったのでしょう?各都市に同名の寺院がある事に気付きましたが

チェンセンはランナー王朝のセーンプー王によって1332年に建てられた寺院です

基部は八角形で、上部へいくに従って丸い鐘の形になっているのが特徴ですが

一番上の部分は、最近になって付けられたそうです

左側の建物を正面から見ると

 

中に入るとかなり大きな仏像でした

他にも歴史が感じられる建物がありました

国境になっているメコン川で対岸はラオスです

ラオス国旗をはためかせて、船が通過していきました

ゴールデントライアングルからは、ラオス、ミャンマー、タイ、中国の国境が重なる

メコン川の素晴らしい景色を楽しむことができましたが「思えば遠くへ来たもんだ」という

歌詞を思い出しましたが、左の対岸はミャンマー、右の対岸はラオス遠くの山は中国です

ミャンマーには渡し舟で赤い屋根のカジノに行けるそうですが、途中ラオスサイドにもカジノがありました

タイ側の展望台はお寺の境内のなかにあります

お土産売り場にも人影はありませんでしたが、突然立っていられないほどの突風が吹いて

お寺の下には船の上に仏像が置いてありました

ここにはたくさんのタイ人観光客が写真を撮っていました

ラオス、ミャンマーともに簡単にいけるようになった今、外国人観光客の姿はまばらでした

ゴールデントライアングルといっても、以前のような麻薬生産地帯といイメージも無く

観光地としては魅力がなくなってしまったのでしょうか

久々のチェンライ・メーサロン・メーサイ

日本からのお客様とチェンライからゴールデントライアングルを回ってきました

まず行ったのはメーサロンという山岳民族が住んでいる地域です

タイ語で「国民党」のことを「ก็กมินตัน」(コクミンタン)と言う様ですが

元々は中国内戦時に蒋介石が率いた「国民党」から由来しているそうです

国共内戦に破れた国民党の大半は台湾に逃れ、今は外省人として台湾に住んでいます

同じ様にその一派が雲南の山を越えて、この地に逃れ着いたということです

元々この地に生活してたアカ族他の山岳民族を押しやり、この地に中国人主体の町

「メーサロン」を建設し、今に至っているといいます


現在のコクミンタンは「国民党」から離れ、これ等流入中国人の子孫を呼ぶときに

「人種」の意味として「カレン族」「アカ族」等の少数民族の名前と同じ様に使われています

内戦により国を追われた数万人単位の中国人は、或いは国民党軍団は、山を削り

道を作り、田畑を開墾し、この未開の地に彼らのユートピアを建設したのですが

誰からも侵されない場所だったはずが、近年交通網の発達で外界に開放されてしまったのです



台湾政府からの経済的援助は旺盛で、学校、施設、道路、その他、多くの場所で

タイの仏歴ではなく台湾暦(辛亥革命を年初とする中華民国暦)が漢字で記されています

急な斜面にはお茶畑しかできなかったのでしょうが、町の中にはお茶の土産物屋が多く

玉露、烏龍、茉莉花、ガンピ、緑茶等、台湾でよく見かけるお茶と同じように多種類が売られています

値段は意外と高く500gで450バーツから600バーツでした



飲み方は中国式?台湾式?小さな茶碗に入れて大きな茶碗で蓋をしてひっくり返すのです

何度も味見していると分からなくなりましたが、美味しかったので買いました

お茶屋のよくしゃべるおばちゃんが勧めたのはこれ

お酒のようですが悪酔いしそうですね

この村落の頂上にあったお寺です

 

アップにすると本当に綺麗でした 

一番上の階まで上がったのですが誰もいなく、なんとも荘厳な雰囲気でした

ミャンマーから山を越えてやってきたという、何故かイスラム食堂で

「カオソイ」を美味しくいただき、山を降り国境を貫く大通り沿いに町が発達した

ミャンマーとの国境の町「メーサイ」に行きました

小高い丘の上にあるお寺からのミャンマーの風景です

そのお寺には何故か巨大なサソリの石仏がありました

お寺の本堂?

中はピンクでちょっと派手目でした

 

国境になっている川に架かっている橋に行くと

タイの北端ということです

この橋の向こうはミャンマーです

泳いで渡っていった人がいましたが撮り忘れました

今回は時間がありませんでしたが、次回はミャンマーまで行ってみようと思います

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.