Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

ゴルフスタイル2月号

「アブダビHSBCゴルフ選手権」は、8人のメジャー優勝者、

89人の欧州ツアー優勝者、6人の欧州ツアーナンバーワン経験者、

そして5人の世界ナンバーワン経験者が参加し、

総額270万米ドルを争うビッグイベントになりました。

R・マキロイは昨年11月に隣国のドバイで開催された

「DPワールドツアー選手権」を制し「レース・トゥ・ドバイ」制覇と二冠を達成し、

シーズンを見事に締めくくりました。

「リオオリンピック」と「ライダーカップ」が開催される今年は、

どんな戦いが待っているのでしょうか。

J・スピースは欧州ツアー初参戦でしたが、

PGAツアー初戦でP・リードを8打差で退け

「ヒュンダイトーナメントofチャンピオンズ」を制覇しての登場でしたが、

通算30アンダーという優勝スコアは、PGAツアー史上2人目の快挙でした。

J・スピースと共に「ライダーカップ」のチームメイトで、

世界6位のR・ファウラーは、昨年の「スコットランドオープン」で

欧州ツアー初優勝を飾っていますが、

メジャー初制覇を照準に着実にランクを上げての参戦でした。

 

開幕を前に、遅延プレーに関する新たな指針が欧州ツアーから発表されました。

「1ラウンドで15分短縮できると信じている」という新指針では、

前組から遅れた組に対して、これまでは警告が与えられていただけでしたが、

競技委員が即座にプレーの監視(モニタリング)を始めることになります。

そして、1打につき40秒(最初に打つ選手はプラス10秒)の持ち時間を超えると、

モニタリングペナルティが課されることになりました。

 

モニタリングペナルティに罰打はありませんが、

1ラウンドで2回重ねると2600ユーロ(約33万円)の罰金が科せられます。

3回目以降はさらに2600ユーロずつが加算されていくのですが

「プレーの遅い選手を特定し、逆に問題を持たない選手が

競技委員から受けるプレッシャーを軽くする。

これにより、コース上またテレビで観戦しているファンにとって、

ゴルフがより魅力的なものになるだろう」と、欧州ツアーは発表しています。

 

22歳の「全米アマ覇者」ブライソン・デシャンボーが、

初挑戦となる欧州ツアーの初日にいきなり「64」をマークして首位に立ちました。

結局3日目の「78」で後退し、最終順位は54位でしたが

そのコメントにも注目が集まりました。

「僕はある意味、ゴルフ科学者です。僕はそれぞれ、

すべての視点からゴルフコースと自分のプレーを分析し、

理解しようとしているんだ。人類の傾向を考えると、

人々は普通であることを好む。でも、アインシュタインや

ジョージ・ワシントンのような人物はそれに反して彼らの違いを貫いて、

世界に新たな側面を見せたんだ」と、斬新な切り返しをしましたが、

2015年に「全米アマチュア選手権」「全米大学体育協会選手権」の

両タイトルを獲得しています。

これはジャック・ニクラス、フィル・ミケルソン、タイガー・ウッズ、

ライアン・ムーアに続く史上5人目という快挙でした。

コメント以上に注目を集めたのは、

アイアンのシャフトを番手にかかわらず、

すべて同じに長さに統一していることでした。

全て6Iの長さに揃え、5年間ほど続けているということですが、

彼の理論では「3番とウェッジは長さが違いすぎるのでスイングプレーンが変わる、

スイングマシーンを見ていて同じ長さにしようと思った」ということですが、

ショートアイアンを長くするのは185cmの長身だから可能な理論です。

変則スイングと共に「ゴルフ科学者」の今年の動向も楽しみですね。

 

大会最終日はR・ファウラーが前半終了時点で3打差の首位に立つものの、

後半に入り7ホール連続でパーとスコアを伸ばせません。

R・マキロイは16番でチップインバーディ、

最終ホールでイーグルを奪うなど後半を「31」と追い上げます。

同じく終盤にチャージをかけたのは、この大会で2回2位に入っている

世界5位のH・ステンソンでした。

後半を「32」でラウンドして、共に首位から1打差としてホールアウト。

しかしR・ファウラーは後続の追い上げを感じながらも、

17番でチップインバーディを決めます。

昨年3週間で2勝を挙げた新鋭トーマス・ピータースとの

差を2ストロークとして最終ホールを迎えますが、

T・ピータースのイーグルパットがわずかに外れ、

R・ファウラーの勝利が確定しました。

 

R・ファウラーは「この勝利は大きいね。

昨年は複数回優勝を飾るシーズンとなったけれど、

その成功を収めたシーズンの直後にまた

勝者の仲間入りを果たすことができた。

最高のスタートとなったね」と語っていますが、

この結果による世界ランキングでJ・スピース、

ジェイソン・デイ、R・マキロイに続く4位にランキングとなり

「ビッグ3」から「ビッグ4」へと「YUTAKA」のミドルネームを持つ、

日系のR・ファウラーが挑戦権を得たビックイベントでした。





| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.