Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■8月1日 ルール変更
■7月15日 ホスピタリティ
■7月1日 P・ミケルソンの奇行
■6月15日 本番力
■6月1日 ツアーの今後
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム

アーカイブ
■November 2018 (5)
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

ベースボールグリップ 3月15日

松山英樹は出場を予定していた「WGC・メキシコ選手権」を欠場しました。

左手親指痛のためですが、ゴルファーなら経験がある方も多いと思います。

親指痛は腱鞘炎の一種で、母指CM関節症や軽い亜脱臼が多いのですが、

以前は安静にするしかないとのいうのが普通でした。

 

最近はケナコルトというステロイド系の薬品を注射する治療法があります。

 ステロイド薬(関節注射)は強力な抗炎症剤で

 2週~3効果を発揮されるといわれている治療法です。

ただし、何度も繰り返すとかえって軟骨を痛めるおそれがあるので

最低3ヶ月以上の間隔をおく必要があり、

 1年に計2回までと指導している場合が多いようです。

 

親指の付け根を痛める理由は様々ですが、

痛める場所は生命線の終わりのやや内側辺りが多いようです。

ヘッドスピードが速いゴルファーが痛める可能性が高くなりますが、

ヘッドスピードの速くない一般アマでも、

練習量の多い人の方は左手親指付け根を痛めることが多いと思います。

ポーラ・クリーマーも昨年手術をしましたが、

彼女の様な穏やかなバックスイングから急激に切り返すことで、

負荷が左手親指付近に集中したため痛めたということでしょう。

単純にタメの深さというだけではなく、握り方や手のサイズによって、

負荷がかかる場所はプロによっても全然違ってきます。

以前は親指を詰めて握るショートサムより、

親指を伸ばして握るロングサムの方が痛めやすいといわれていましたが、

左手親指の柔軟性は人によってまったく違うので一概には言えません。

ジャンボ尾崎は昔から超ロングサムで、

リストアクションも強いタイプで練習量も多いのですが

左手親指の故障はありません。

ジャンボの左手親指は柔軟性が高く、

曲げると反って手首につくほど柔らかく、

柔軟性が高いほうが怪我をしにくいことを証明しています。

左手をウィークグリップに握るゴルファーは

親指の付け根を痛めやすいといえます。

左手親指をシャフトの上に乗せて握る形となり、

トップでもこの左手親指にシャフトが乗る形でリストアクションも多く、

左手親指への負荷が大きい握り方と言えるでしょう。

海外のトッププロで左手親指痛になるプレーヤーは

少ないように思いますが、これは左手親指を

シャフトの上に乗せないからです。

手のサイズが大きい上にフック気味に握るプレーヤーが多いため、

左手親指は自分から見てシャフトの右側に握ることになりますが、

この位置に親指があれば、基本的に親指の付け根を

痛めることは少ないのです。

 

親指を外すベースボールグリップで両手を離して、

右手と左手親指が絶対に触れないように

スプリットハンドに握れば痛めることはありません。

テンフィンガーグリップで握るということは、

両手の指10本すべてがクラブに接することになりますが、

両手を離して握るとシャフトの動きや

フェースコントロールを強く感じることが出来るはずです。

 

2014年4月の国内女子ツアー「KKT杯バンテリンレディスオープン」で、

史上4人目のアマチュア優勝を

 15293日という最年少記録で成し遂げ、

昨年プロ転向後「Duoカードレディースで優勝した勝みなみや、

プレーオフ負けの「ANAオープン」に続き1打差に泣いた

「トップ杯東海クラシック」と惜しい試合の後、

台風の影響で36ホールに短縮された「ブリヂストンオープン」で

優勝した時松隆光10本の指をすべて使って握る

テンフィンガーグリップで戦っています。

 

かつてナチュラルグリップと呼ばれたこの握の良さは

フェースを管理しやすい点です。

たとえば、両手の人差し指と親指でクラブをつまんで持ったとき、

両手の間隔を広げたほうがヘッドを思い通りに動かせるはず。

これと同じで両手の間隔が広いテンフィンガーは、

フェースコントロールがしやすいのです

 

握力の弱いジュニアゴルファーや女性ゴルファーにオススメの握り方ですが

フェースすことが楽にでき、

振り遅れのスライスを解消するレッスンにも有効です。

正しいインパクトゾーンでは、フェース面が一瞬で入れ替わります

ダウンで開いていたフェースが

 インパクトゾーンで閉じるフェーフェースローテーションが、

瞬間的であるほど球はつかまり、パワーが増すのですが、

テンフィンガーはこの動きがしやすいのです。

フェースコントロールの苦手な人、球がつかまらない人、

手の小さい人パワーのない人

パワーが衰えてきたと感じるゴルファーには

おすすめといえるグリップです。

 

一般的には、左親指を乗せる握り方をテンフィンガー、

左親指を外す握り方をベースボールグリップと呼ぶケースが多いのですが、

左親指を乗せるテンフィンガーは、

左手がオーバーラッピングやインターロッキングと同じなので、

取り入れやすいのがメリットです。

多少違和感を覚えても、慣れるまでにそれほど時間はかからないでしょう。

テンフィンガーにすると、右手のひらで左親指を押さえなくなり、

トップからダウンへの切り返し時の負荷が少なくなります。

左親指を外すベースボールグリップは、

左親指への負担は完全にありません。

左親指や左手首を痛めてプレーができない人には

ぜひ試してもらいたいグリップです。

左親指を外すテンフィンガーは、

慣れるのに時間がかかるかもしれませんが

左親指、左手首の激痛に悩む人には福音となる可能性があります

 

プロゴルファーも含め最もポピュラーなグリップが

「オーバーラッピンググリップ」という

左の人差指の上に右手の小指を乗せる握り方です。

このグリップの別名は「バードングリップ」です。

19世紀後半から20世紀前半に活躍した

J.・テーラー、ジェームズ・ブレイド、

そしてハリー・バードンが元祖ビック3といわれ、

古代ローマの3頭政治ポンペイ、シーザー、クラッサスになぞらえて

トリアンビレートといわれいました。

そのH・バートン考案のグリップですが、

グリップの重要な役目はふたつですが

、クラブを手の中でいかに安定させられるかと、

リストコックできる可動域を確保できるかです。

 

「帝王」ジャック・ニクラスは

インターロッキンググリップで一時代を築きました。

憧れを持つタイガーやR・マキロイ、バッバ・ワトソン、

ビジェイ・シンらもインターロッキンググリップで活躍しています。

グリップを機能させるには手のひらではなく、

指で握ることが大切で、インターロッキングを取り入れる場合は、

左手人差し指と右手小指の絡ませ方をできるだけ浅くすることが大切です。

小指を深く絡めると掌が下から入り、

右ひじが下がりダフリやすいグリップになります。

9番アイアンを「ニブリック」と呼んだ時代には、

ボールを上げるために下から握るグリップが必要だったのでしょう。

 

1926年にウォルター・ヘーゲンが、

アプローチやバンカー用のクラブを発売したのがウェッジの始まりです。

1929年にソール幅を広くしロフトを55度まで寝かせた

「サンディアンディ」を発売したことで、

ショートゲームの重要性が広まりました。

100年前のヒッコリーシャフトのクラブでは

ヘッドが返り過ぎるという理由で使われなくなった

テンフィンガーグリップですが

真上から右手を指で握れるグリップで、

長尺で軽く、大きくなったクラブにも、

ロフトは広がったウェッジにも、

むしろマッチしているの様に思います



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.