Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム
■2月15日号コラム
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム

アーカイブ
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

ルール変更 4月1日

2「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」で

左手親指の付け根の痛みが出た松山英樹は、

試合を途中棄権したその夜には西海岸から一時帰国。

日本に到着してからは複数の病院を回って

精密検査に臨みましたが診断結果はいずれも「異常なし」でした。

 

帯同を続けた飯田光輝トレーナーは「セカンドオピニオン、

サードオピニオン…と続けて診断結果を聞きました。

MRI検査も、血液検査も問題はなかった。

あらゆる可能性を疑ったが、大きな異常は出なかった」と説明しましたが、

本人の痛みも日本に戻ってからは消えていたといいます。

患部にはわずかな炎症が見られたものの、日常生活にも支障はなく、

医師が「なんとかして病名をつけなければいけないような状態だった」

ということで「左親指MP関節側副じん帯の炎症」という診断でした。

筋断裂や腱の損傷はなくスイングをする過程で、

患部に極度のストレスがかかった可能性があり、

普通にプレーできる状態を保つためには指から、

手首、ひじ、肩、股関節といったすべてのバランスを

整えていく必要がありそうです。

再渡米してからはテーピングも巻くことなく

練習しているということで一安心です。


目標と掲げる「マスターズ」に照準を合わせて、

慎重に球数制限も考えながら取り組むということですが、

痛みが出ると「マスターズ」に、黄信号がともる可能性があるからです。

「アーノルド・パーマー招待」からの復帰についてはについては

「不安は少しあるけれど、メジャー3週前のセットアップは、

ただオーガスタに行くためではなく、

グリーンジャケットを着るため」とも表明しています。

「アーノルド・パーマー招待」では、過去8度制している

タイガー・ウッズが優勝最右翼として注目を浴びました。

「バルスパー選手権」では4年7か月ぶりにトップ3(2位タイ)で大会を終え、

かつての輝きを取り戻しつつあるスーパースターに、

ゴルフ界では復活優勝を期待する声が日に日に高まっています。

地元・フロリダでの優勝争いは大きなインパクトを与え、

タイガーの“庭”ともいえる好相性の地で

復活優勝の可能性を大きく伝えていました。

 

松山の予選ラウンドは、タイガー、J・デイという、

歴代覇者二人との組み合わせという、

復帰戦には最高の舞台が用意されました。

初日の松山は22位タイ、タイガーは7位タイと上位のスタートでしたが、

最終的にはタイガーが5位タイ、J・デイは22位タイ、

松山は49位タイの終戦でした。

優勝はR・マキロイで、後半13番からの4連続バーディを含む

8バーディを決め、秋のプレーオフシリーズで2勝を挙げた2016年以来、

2シーズンぶりの米ツアー通算14勝目を挙げましたが、

ゴルフを楽しむ松山の笑顔が印象的でした。

 

USGAとR&Aは、2019年1月1日に施行する新ルールを発表しました。

バンカーに入った際、2罰打で後方に出して打てるほか、

OBになった場合、2罰打で付近から打てるようになります。

複雑なルールを簡素化することによって

ゴルフ人口の拡大につなげる狙いがあるということです。

静止しているボールに対するルール変更としては、

ボールを故意に動かした場合以外は多くが無罰となります。

「球を探している最中に蹴ってしまった」

「リプレースした球が傾斜で動いてしまった」といったケースでは、

罰なしで元の位置に戻せますし、

打球が自分に当たった場合も無罰と変更なります。

打球がOBになった際、元の場所から打ち直すのではなく、

2罰打を加えてOBゾーンに入った付近からプレーを続行できる

ローカルルールが設けられることも決まりました

日本のゴルフ場で見られる「前進4打」は無くなるでしょうが、

プロツアーには適用されないということです。

グリーン上では打球痕だけでなく、スパイクマークや動物の足跡などによる

損傷も修復できる様になります。

パッティング時はグリーン上で旗ざおを抜かず、

カップインしても無罰と変わりますが、セルフプレーに対応する変更です。

 

バンカーなどのハザードでは小石や葉っぱといった

「ルースインペディメント」を取り除くことが可能になり、

また、バンカーに入ったボールをアンプレヤブルとしてボールを拾い上げ、

球が止まっていた位置とカップを結んだバンカーの

後方延長線上に球をドロップし、

 2罰打を加えてプレーを続行できる様になります。

救済で球をドロップする際には、これまで肩の高さからとされていましたが

「ひざより上の高さ」と変更されますが、

これも低い位置のほうが転がりにくく、

何度もドロップする必要が無くなるからです。

 

選手に帯同するキャディにも規制の緩和と制限が設けられます。

キャディはグリーン上にある選手のボールを

ピックアップしてマークすることが可能になりますが、

タイのアマチュアでは当たり前の光景ですね。

一方で、選手がスタンスを取り始めてからショットを打ち終わるまで、

 “飛球線の後方”に意図的に立つことを禁止。

プロツアーで見られる光景ですが、

選手のターゲットに対する方向のセットアップを、

キャディは飛球線の後方からチェックできなくなります

 USGAは「自分の足や体の動きでターゲットに向かって

ライン取りをすることは、個々の責任において選手が行うべき

基本的なゴルフのスキルである」としています。

スロープレーを無くすこと、複雑なルールの縛りを簡素化することで、

新しいゴルフファンを増やしたいと言うことですが、

新たにゴルフを始めようとする人が懸念するのが、

ゴルフのラウンドに時間がかかりすぎるということです

フォーサムで各メンバーが1ホールあたり

30秒ずつでも短縮することができれば、

1ラウンドで30分以上の時間を節約できます。

グローブを着用する場合は、ボールへ向かって歩く時などに

着脱すれば時間が短縮できます。

同じ組のメンバーが林へ打ち込んだ場合は、

ボール探しを手伝う前に自分のボールを打ってから

探したほうが時間の短縮になりますし、

マナー違反にはなりません。

 

ティショットの順番が回ってくるまで

話し続ける人がいますが、打ち終わってから話した方が

時間の短縮になります。

特に前の組との間が空いたときは、

無駄な時間を使わない様に進行するのがゴルフマナーです。

自分の打つ番になった段階で

準備ができているゴルファーは以外に少なく、

いざ打つ時になってヤーデージをキャディにチェックし、

風を調べ、クラブを選び、

フェースの溝を綺麗にして、グローブをはめる、

これを無くすだけで、4人で1ホールあたり5分は短縮できると思います。

他の誰もがプレーが遅ければ、自分だけ早くするのは

無駄に思えるかもしれませんが、時間を無駄にしなければ、

継続的に前の組に近づくことで、コース全体のゴルファーの

プレースピードを上げることができるものです。

早くプレーすることで、最も悪い影響をを及ぼす

「考え過ぎ」を避けられるというご褒美までついてきますよ。

マナーを守って、楽しいゴルフを!

 



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.