Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム
■2月15日号コラム
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム

アーカイブ
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

小平PGAツアー優勝 5月1日

「マスターズ」は若手が強さを発揮した大会となり、

 4人が出場した日本勢でも、エースの26歳・松山英樹、

28歳の小平智の20代コンビが4日間を戦い抜き、

宮里優作、池田勇太の日本賞金王の2人は残念ながら予選落ちでした

松山は2月に発症した左手親指付け根の痛みのため、

すべての感覚が間に合わなかったのか

「期待ゼロだったし、到底納得できない」という19位に終わっています

最終日は最終組がハーフターンをした時点で

早々にコースを後にしていました

調整遅れについては「けがとは関係ない」と話していましたが、

世界ランキング2位まで上り詰めたゴルフを取り戻し、

残り3つのメジャーでのリベンジに期待しましょう

 

初出場のマスターズで躍動したのが小平でした

予選を余裕で突破し、トータルイーブンパーの28位タイでしたが

「ゴルフの内容を見ればもっと上に行けたと思います

難しい環境でプレーするのが楽しい」と、

海外転戦することで大き成長を感じているようでした。

攻撃ゴルフを信条とする小平にとって、

一度も60台のスコア出せなかったことが心残りの様で

「悔しいし、来年も絶対戻ってきて60台を出します」と、

早くも1年後の戦いを見据えていました。

 

攻撃姿勢が最大の攻略ポイントとなる「マスターズ」ですが、

予選ラウンドのピンポジション

「決勝ラウンドかと思うような位置ばかりで難しかった」と

各選手が振り返っていました

それが一転、最終ラウンド、特にバックナインのピンの位置は

「どうぞバーディーを取ってください」という位置に変わっていました。

当然後半はバーディーラッシュとなりましたが、

その戦いを制したのはパトリック・リードでした。

2015年のジョーダン・スピース、16年のダニー・ウィレット、

17年のセルヒオ・ガルシア、そして18年のパトリック・リードと、

4年連続でメジャー大会初優勝者が誕生しています

 

「マスターズ」の成績で参加資格を得た小平が、

日本人史上5人目のPGAツアー優勝を飾りました

由緒ある記念すべき第50回大会を迎えたRBCヘリテイジ」の、

初代チャンピオンアーノルド・パーマーでした。

マスターズ直後の大会で初日2オーバー73を叩き

82位タイと出遅れた時、誰がこの結果を予想したでしょうか。

2日目にコースレコードに迫る63で盛り返し

最終日は首位と6打差の12位タイからのスタート。

風が吹く難コンディションの中で、前半からバーディを量産し

5アンダー66でホールアウトすると

バック9は上位がバタバタとスコアを落とす展開となります。

最後は韓国のキム・シウがバーディパットを外し

通算12アンダーで並んだ2人がプレーオフへ。

サドンデス3ホール目で7メートルのバーディパットを

K・シウより先にねじ込んだ小平が栄冠に輝きました

アマチュア時代からナショナルチームに召集され

海外での試合を経験したことで

米ツアーへの憧れは人一倍強

「自分は海外が合っている」と公言していました

13年の日本ゴルフツアー選手権で初優勝を飾ると

米ツアーのQスクールにチャレンジしたこともありました。

ヘリテイジの優勝で小平には一足飛びで

向こう2年間のツアーフル参戦権が与えられました。

そのなかにはもちろんマスターズ

ザ・プレーヤーズ選手権の出場権含まれています

「実感があるのかないのかわかりません。

頭のなかが真っ白でなにも考えられない。

これまでの優勝で一番頭が真っ白です」と、

まるで雲の上を歩いているような気分だったことでしょう

愛妻古閑美保は熊本地震から2年目となる

KKT杯バンテリンレディスオープンでテレビ解説をするため

マスターズには同行した直後に帰国していませんでした

「優勝したい」「賞金女王になりたい」

「テレビのコマーシャルに出たい!」と話していた少女が、

その全てを叶え、結婚した小平も大きな階段を登り始めました。

「KODAIRA」の名が米ゴルフ界で意識され始めたのは

今年3月のマッチプレー選手権2日目でした

強豪フィル・ミケルソンと対戦した小平は大方の予想を覆し、

4アップまでリードを広げて大善戦したのですが、

そのマッチを評価したのがノタ・ビゲイでした。

かつてスタンフォード大学ゴルフ部でタイガーと

チームメイトだったN・ビゲイは米ツアー4勝の後、

現在はTVリポーターとして活躍していますが

「コダイラ?僕は好きだなあ。いいスイング、いい顔でプレーしている。

今後ビッグになる予感がする」と、絶賛していたのです。


PGAツアー・ノンメンバーで

いきなりヘリテージ初優勝は「サプライズ」といわれていますが、

小平の優勝は起こるべくして起こった努力の結実だと思います

「練習量では誰にも負けていないと思うし、

トレーニングなどすべてにおいて、

ゴルフにしっかり向き合えているのは自分だと思っている」

と話していた小平は、飛距離やショット力はもちろんのこと、

自分を信じ抜く心の強さが備わっていると思います。

明確な目標を掲げ、それを公言し、実現してきました。

発言は常にポジティブで、コメントは世界を視野に入れ、

今何をしなくてはいけないのかに終止するのですが、

それがまったく嫌味に感じられないのは、

彼が目標に対し真摯に向き合い、

しっかり結果を残してきたからに違いありません。

目標を持って戦っているのは松山も同じですが、

また一から歩み始めた石川も、

とても良い刺激を受けているに違いありません。

日本人史上最速の米ツアー初勝利(15試合目)は

昨季のメジャー「全米オープン」46位、

「全米プロ」48位と、どちらも予選を通過する

好結果を残せたことが大きかったと思います。

昨年末は世界ランキング50位以内という「マスターズ」出場資格を逃し、

悔しい思いもしましたが、

小平は諦めることなく目標へ突き進み出場権を手にしました。

小平の「世界ランキング」を意識した戦いは

「マスターズ」のためだけではなく、

その先を見据えていたのかもしれません

「マスターズ」での好結果(28位)で満足して帰国していたら

翌週の「RBCヘリテージ」で優勝することはありませんでした。

常に世界で戦っていく心構えでいたからこそ、

勝利をつかむことが出来たのでしょう。

小平の最終目標は当然まだここではありません

今回の優勝で2020年まで米ツアーの出場権を得たわけですが、

20年といえば「東京オリンピック」が開催されます

今後は松山とともに日本人のエースとして戦っていく資格を得たわけです。

「オリンピック出場」という新たな「目標」も、

掴んでしまいそうに思います。

シーズンオフにバンコクでもトレーニングをしていた小平の

「有言実行ストーリー」の、結末を見るのが楽しみです。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.