Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号

日本ゴルフ協会が岩田寛に対し、JGA主催競技への

2017年度末までの出場停止処分を科しました。

米国男子ツアーの2015-16年シーズン開幕戦

「フライズドットコムオープン」に出場できることになったため、

エントリーしていた「日本オープン」を欠場したことへの制裁ということです。

 

10月15~18日に開催された「日本オープン」の

出場登録の締め切りは9月18日まででした。

岩田はエントリーを済ませていたのですが、

9月10日から始まったPGAツアー下部の

ウェブドットコムツアー・ファイナルシリーズ4試合に出場し

新シーズンのPGAツアー出場資格を獲得。

これにより、10月15日からの「フライズドットコムオープン」への

参戦が可能となったため「日本オープン」の出場キャンセルをJGAに連絡したのです。

 

「日本オープン」終了後の10月26日、JGAから岩田側へ

突然処分が通知されたのです。

「日本オープン」を主催するJGAの主催競技へ

2017年度末までの2年間超を出場停止とする処分で、

16年と17年の「日本オープン」「アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ」に

出場できなくなる内容でした。

JGAの山中博史専務理事は「エントリーは神聖なもので、

組織として看過することはできなかった」と、

今回の処分について説明しています。

しかしエントリー後のキャンセルについて、

明確な罰則規定があるわけではなく

「個別に事案を検討して処分を決定した」ということでしたが、

岩田は「従うしかない」と処分を受け入れる姿勢です。

 

しかしJGAが罰則を課すのは筋が違うと思います。

岩田はJGTOのメンバーでJGAのメンバーではありません。

JGAのメンバーではないアダム・スコットがキャンセルしたら

同じようにするのでしょうか?

何よりも明文化された罰則規定が無いのに、

事前告知も無く処罰しているのが一番の問題です。

日本のゴルフ文化を発展させるための判断とは到底思えません。

日本最高峰・最高権威の試合を自負しながら、

選手を鎖で縛り付けなければならないとは残念です。

一般社会で通用する罰則では無く、

パワハラともとれる選手に対する嫌がらせとしか思えません。

 

日本のいかなるスポーツ団体も隆盛を望んでいるはずですが、

企業並の意識を持たなくてはいけません。

外部からプランニングが上手な人を引き抜くくらいの意識変革が必要です。

どうも日本のゴルフ界、特に男子に至っては今回のような話題ばかりで、

自ら足を引っ張り、自らテンションを落とし、

本来の目的から逸脱している様に感じます。

 

2年連続で日本オープンに出場したアダム・スコットは

「ヒデキもリョウも非常にいい友達で、何も悪いことは言いたくない」と

前置きした上で、「この試合をプレーすることが

日本のゴルフ界の未来へ与えるインパクトを理解して、

この試合をプレーすることが大切だと感じてもらいたい」とコメントしています。

 

開幕戦の「フライズドットコムオープン」ではなく

「日本オープン」に出るべきではないかということです。

松山や石川のプレーを日本オープンでぜひ

見たいというファンは少なくなかったはずです。

しかし松山と石川は米ツアーに専念することをすでに表明しており、

主戦場でプレーして勝つことをファンも望んでいます。

今季を占うという意味でも「日本オープン」より開幕戦を選択したのです。

それに、ワールドランキングのポイントでの「試合の格」を比較すると

「日本オープン・32ポイント」より

「フライズドットコム・46ポイント」というのが現実です。

ワールドランクがメジャー出場資格になっており、

日本のナショナルオープンより、米ツアー開幕戦の方が、

世界で戦うプロにとっては大事ということになります。

そもそも「日本オープン」は、海外からの有名選手を招聘して

盛り上げ「試合の格」を上げる努力をずっとしてこなかったはずです。

 

たまたまスポンサー契約の都合で、この時期に来日する

A・スコットが出場してくれて体裁を保っていますが、

世界の一流プロがぜひとも出たいという試合になっていないのです。

ナショナルオープンなのに、スポンサー付きのプロアマ大会が

あることもおかしなことですが、

メジャー18勝のジャック・ニクラスは「サントリーオープン」

「中日クラウンズ」「フェニックス」など日本の試合に

何度も出場しましたが「日本オープン」には一度も出ていません。

理由は2グリーンだからといわれていますが、

魅力がなかったのでしょう。

それは「全豪オープン」には毎年出て6度も勝っていることでも分かります。

 

松山と石川、そして岩田が「日本オープン」に出ないことに文句をつけるより、

3人がぜひ出たいと思うような「日本オープン」を開催する義務が、

JGAにはあるはずです。

PGAツアーは野球やバスケット等、

他のプロスポーツの「プレーオフ」と日程が重ならないよう、

2013年から日程を大幅に変更しました。

選手からは「シーズンオフが無くなる」と、

戸惑いの声もありましたが、スポンサーや

スポーツファンの理解が得られる改正でした。

どうしても「日本オープン」に参加させたいのであれば、

今年の場合9月10日からの第2週は日本もアメリカも試合がありませんでした。

その週に開催するとか、スケジュールの調整も可能だったはずです。

 

12月の初旬の寒い時期の「日本シリーズ」開催も問題です。

試合数が減り「マスターズ」の翌週の開幕というのも寂しい話ですが、

全体に開幕を早めるか、PGAツアーと同様のスケジュールを組んで、

海外に参戦している選手が参加しやすくするとか、

男子ツアーは取り組まなくてはならない課題が山積しているように感じます。

先ごろ行われた男子レギュラー大会「ホンマツアーワールド杯」と

シニア大会「日本プロシニア」は同じ茨城県内で、しかも同じ日程で開催されました。

直線距離にしてわずか12キロしか離れていない会場でした。

新規大会の「ホンマツアーワールド杯」に対し、

「日本プロシニア」は3年連続同じ会場で開催されています。

レギュラーツアーを主管するJGTOはそんな事情を知っていながら、

シニアツアーを主管するPGAに何の連絡もなく、

スポンサーの事情で開催をブツけてきたわけで

「ケンカを売られた」PGAは穏やかではなかったことでしょう。


何より同時期に同地域でプロ大会を開催すれば、

せっかくプロのプレーを楽しみにしていたゴルフファンも

「さすがに両会場に足を運ぶわけにもいかない。

開催時期をズラしてくれればいいのに」と思うのは当然です。

つまり、ファンのことなど二の次、三の次ということになります。

実際にギャラリーの奪い合いになり、

「ホンマツアーワールド杯」の4日間ギャラリー数は6210人、

「日本プロシニア」は同4215人でした。

 

開催時期を変更すれば、単純にギャラリー数が

倍になるわけではないでしょうが、

近くでトーナメントがあれば互いに盛り上がりに欠けるなど、

メリットよりデメリットの方が大きいはずです。

しかし決定したのなら共通チケットを販売するとか、

ギャラリーバスを行き来させるとか、

お互いの会場でスコア速報をするとか、

同週開催でもお互いにアイデアを出せばできることはいくらでもあったはずです。

スポンサーに対する「ご都合主義」の開催は、

ゴルフファンのことなどまるで無視。

男子ツアーがソッポを向かれるのも当然のように感じます。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.