Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■10月15日2019年
■10月1日2019年
■9月15日 2019年
■9月1日2019年
■8月15日2019年
■8月1日2019年
■7月15日2019年
■7月1日2019年
■6月15日2019年
■6月1日2019年

アーカイブ
■October 2019 (4)
■August 2019 (3)
■July 2019 (7)
■June 2019 (5)
■January 2019 (10)
■November 2018 (5)
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

9月1日2019年

AIG全英女子オープン」で

 日本人42年ぶりのメジャー制覇を遂げた渋野日向子

 帰国直後の「北海道MEIJIカップ」に参戦しました。

日本中のゴルフファンが注目の中、

終日のプレーは5バーディ、

 3ボギー1ダブルボギーの「72」とし、

通算4アンダーの13位で終え

「全英制覇直後の凱旋優勝とはなりませんでした。

4番でダブルボギーを喫するなど前半で2つ落とします。

得意の後半は12パー53打目を2mにつけて

バーディを奪いますが、16番でグリーン手前ラフからの

アプローチを2.5mショートさせてボギーとします

 17パー3はピン右1mにつけバーディを決めるなど

終盤の強さは示し、18番パー5でも2mを沈めて

サンデーバックナインの上がり2ホールを

 連続バーディでホールアウトしました。

 

大会の最終日は、昨年比2725人増となる

 7631人のギャラリーが来場。

 3日間トータルで16407人となり、

会場を2006年から札幌国際CCに移してからの

最多ギャラリー数を更新と「シブノフィーバー」が

数字として現れました

渋野が通算4アンダーの13位で終えたほか、

北海道出身の小祝さくらが優勝を争い、

地元で健闘した事も多くのギャラリー

会場に足を運ぶことになったのでしょう

疲労と戦いながらも上位で3日間を完走した渋野は

「全英で優勝してから、こんなにたくさんの方が

来てくれるとは思っていなかった。

みなさんの応援は本当に力になるし、

今までとは違うムードだった。

この中でプレーするのは本当に楽しいことだと

改めて思った」と、初めての海外からの転戦で、

最悪の体調の中でも「シンデレラスマイル」を

絶やすことはありませんでした

 

渋野は更なる注目を集め、休むことなく出場した

「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」でも、

優勝争いに加わります。

1打差を追って最終日をスタートした渋野は

前半に3つ伸ばし、首位を捕らえて

サンデーバックナインへ。

 14番で1.5m15番で7mのバーディパットを決めますが

首位タイで迎えた最終18番を3パットボギーとして

 プレーオフに参加できず3位タイと惜敗しました

 2週前「AIG全英女子オープン」を制してから

2戦目での国内優勝はなりませんでしたが

大きな注目の中、十分に期待に応えたといえるでしょう。

 

プレーオフは穴井詩がイ・ミニョン

1ホール目で振り切り優勝しましたが、

渋野は「何が何だか、わからなかった。

最後にぜんぶ台無しにした」と、

溢れ出る悔しさを必死に抑えている様でした

「シブノフィーバーに沸く軽井沢で、

渋野はそんなフィナーレを予感させる舞台を整えました。

1打差2位で出た最終組からジワジワと追い上げ、

首位に並んでハーフターン。

18番のティーグラウンドでスコアボードで

順位を確認しますが

「セカンドまでは緊張もなかったし良かった」と、

張り詰める空気の中でピン右5mにパーオン成功。

ウィニングパットを見事に決め切った「全英」を

彷彿とさせるシナリオを期待する大勢のギャラリー

グリーンを取り囲むことになりました

 

入れば優勝のパットを前に

「手が震えていた今までの優勝争いで、

一番手が動かなかったオーバーだけはさせるつもりで

強気に打ちましたが、ボールはカップ横を

すり抜けて2mオーバー。仕切り直した返しも、

集中が途切れたように左に外れ

観客のため息だけが響きました

「返しも手はあんまり動かなかったですね。

最後は、カップにかすりもしなかった。

本当に情けない」と振り返っていますが、

明らかな下りのファーストパットは、

優勝を決めた「全英オープン」の最終ホールの

様にはいきませんでした。

しかし帰国2連戦ファンや異常ともいえる

マスコミに対するの対応もあり、

疲労もピークの中での優勝争いです。

プレーオフの選択肢はなかったのかもしれません。

全英の時に「プレーオフはいやだから」と、

攻めきったゴルフが、

これからも渋野の信条なのかもしれません。

 

人前では悔しさを押し殺し、気丈に振舞っていましたが

クラブハウスに戻ると1人隠れ、涙をぬぐったといいます

「頑張って笑おうとしましたけど。

ちょっと涙が出ちゃいましたね。

でも、人に見せるものでもないですし」と、

記者会見場では「最後の緊張は何で、ですかね。

自分でも理由はわからない。

プレッシャーがあったわけではない。

でも、ここ最近では、一番悔しい」と吐露しつつ

「最後のボギーの仕方がダメですね。情けねー」と

最後は周囲を笑わせていました

 

最終日のパーオン率は50%ながら、

前半アウトは9パット(計23パット)に収めてノーボギー。

苦しい状況でも、急成長中のパットで必死にスコアを作り、

賞金総額は目標とする1億円に迫る8479万円に積み上げました

「経験だけで、終わらせちゃいけない。

ひたすら練習するしかない。

悔しさはきっと次につながる」と、気丈に答えていますが、

地元の岡山県で4週ぶりのオフを過ごし、

「ニトリレディス」に備えるということです

「家でもゆっくりしたい。県外にいって、

外の空気を吸うのもいい。ソフトボールもしたい。

とりあえず、ゴルフのことを忘れたい」と、

多くの人に笑顔を届けながら、必死に走り続けた3週間。

また1つ強くなるための経験を持ち帰り、

体をほんの少しだけ休ませる時間を

大切にして欲しいですが、

ワイドショーに追い回されるのは間違いありません。

 

日本の女子ツアーは男子ツアー違い

賞金面において世界と極端に差があるとはいえません

米LPGAツアーは、33試合の開催、

賞金総額は7055万ドル(77億円)

1試合平均で約23500万円ですが、

日本女子ツアーは39試合、394500万円ということで

1試合平均にすると約1100万円で、

米ツアーの47となります

男子の場合、米ツアの賞金総額366億円に対して、

日本は43億円と圧倒的な差があります

私が韓国でプロゴルファーの育成をしていた頃の

韓国の賞金額は、男女とも日本の10分の1程度の賞金額でした。

男子は徴兵制があり海外に出ることは難しい時代でしたが、

韓国の女子プロはパク・セリの影響もあり、

申ジエ様に日本をステップにアメリカを目指したのです。

 

現在の日本女子ツアーは、日本にいながら

世界と切磋琢磨が出来ないというわけではありません

また過酷な移動にあえて身を置くのが

プラスかどうかも分かりません

渋野は言葉も通じない見知らぬ土地から土地へと

渡り歩くツアー生活耐え忍ぶより、

日本での戦いを選択すると公表しています。

男子のように、米ツアーと日本の賞金に

10倍近い格差が生じていて、

世界レベルの選手と日本でラウンドする機会

滅多なことではあり得ないような状況であれば、

世界に通用する選手になるためには

米ツアー入りを目指すべでしょう。

日本女子ツアーは、世界レベルの選手を

多々輩出してきました。

それに続けとばかりに有望なゴルファーが

次々と現れています。

この20年で30ものメジャー優勝を獲得し

ゴルフ大国となった韓国からも有望な若手が参戦し

申ジエのような世界レベルの選手とも

戦えるフィールドなのです

渋野が42年間のジンクスを打ち破ったことで、

堰を切ったように日本人メジャー優勝者」が

現れることに期待しましょう

 



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.