Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■10月15日2019年
■10月1日2019年
■9月15日 2019年
■9月1日2019年
■8月15日2019年
■8月1日2019年
■7月15日2019年
■7月1日2019年
■6月15日2019年
■6月1日2019年

アーカイブ
■October 2019 (4)
■August 2019 (3)
■July 2019 (7)
■June 2019 (5)
■January 2019 (10)
■November 2018 (5)
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

9月15日 2019年

20178月「WGCブリヂストン招待」での

 PGAツアー5勝目を最後に、

松山英樹はタイトルに恵まれないまま2年が経過しています

 しかしポイントランク上位30人で争う

最終戦「ツアー選手権」には6年連続で進出ました。

201819年シーズンは24試合に出場しましたが、

昨夏から続いた25試合連続の予選通過記録

 7月「全英オープン」でストップしています

 しかし決勝ラウンドを戦えなかったのは

 わずか2試合という内容です

もともと松山は予選落ちが少なく、

昨年も3回だけ高い安定感を保っていますが

「ぜんぜん違います。今年の方が良かったと思う」と

自身が感じるレベルの違いを語りました。

松山の言葉を裏付けるのは平均ストローク

69.841と2年ぶりに60台を記録し、

ツアー全体で12でした

好スコアの支えになったグリーンに到達するまでの指標

ストローク・ゲインド・ティ・トゥ・グリーン」が

全体3位の「+1.487」で、

ツアー参戦以後ベストの数値を残しています

パーオン率の20位(69.38%)は、3勝を挙げた

 201617年に次ぐ数字でした

パーオンを逃した時にボギー以上を

回避するスクランブリング率も12位(64.12%)と

高水準の数値でした。

松山が6勝目への兆しを見せたのが、

実力者が集うプレーオフシリーズした

2戦「BMW選手権」そして「ツアー選手権」では

直近8ラウンドのうち3ラウンドで

フィールドのベストスコアをマークし

「ここ2試合でつかんだものある」と語っています。

 

間もなく始まる19-20年シーズンで勝つために

「あとはティショットの精度とパッティング」と

明確になった課題に取り組むということです

昨年の松山は「優勝争いをした」という

実感がまるでなかったということでしたが、

今年の「ザ・メモリアルトーナメント」で

首位に4打差3位で迎える最終日前夜に、

緊張感から来る体調の異変を感じ取ったといいます

「寝る前から体温が高かった。

部屋の温度はいつも一緒なのに『ちょっと暑いな』と。

起きてからも同じで、久々にこういうのがあるのかなと」

 優勝争いからくるプレッシャーを感じたといます。

プレーオフ第2戦「BMW選手権」では、

単独首位で迎えた3日目に最終組でのラウンドで

後退しましたが2サムで優勝争いをしている時の

プレーのスピードに長らく慣れてなかった。

そういうところでのプレーを

もっと増やさないといけない」と、

いつものようなプレーが出来なかったことを

反省していました。

 

松山最終ラウンドの平均スコア70.0」で

 60位にとどまりました。

直近2年は18年「68.382位)」、

17年「68.784位)」と、

最終日に結果を出しており、

最終日の精度の高さを取り戻すことが勝利に繋がります。

スイングに関して松山

「昔とはまたぜんぜん違うスイング」を追い求めてますが、

最後の2試合で松山は、ポロシャツのボタンを2つとめずに、

首もとを大きく開けてプレーしていました。

「見た目を考えると締めておきたいんですけどね。

良かった時は締めてなかったんですよ。

ゲンを担ぐわけじゃないんだけど、

基本的には開いている方が僕はいいみたい。

勝手な思い込みかもしれない。

でも、気持ちがやっぱり違うんだろうなって」と、

勝利のために感じたことは取り入れて、

さらにはメジャータイトルへと飛躍してもらいたいものです。

 

石川遼が、3シーズンぶりの優勝を飾った

「日本プロ選手権」から1カ月半

「セガ・サミーカップ」では4打差をつけ

完勝を挙げました。2大会連続でタイトルを手にし、

最終組で大ギャラリーの歓声に包まれる姿は、

常勝を誇ったを彷彿させるものでした

賞金ランキングでも8年ぶりにトップに立ち、

再びツアーの中心に戻ってきた

確信する勝利となりました

以前の自身と向き合い「変わってきたところ」と話すのが、

アイアンショットの精度の向上でした

「安定してプレーできるようになった。

若いころはパー3が苦手だったけれど、

アイアンの精度が2009年から変わってきた。

今が人生で一番いい状態にある」と

パー3での内容比較していますが、

データを見ると2009年(22試合)の

パー3でのバーディ率は0.14で、

年間の累計スコアは通算15オーバー。

対して今季(6試合)はツアートップの0.25で、

累計スコアは通算10アンダーを記録しています

 

PGAツアー参戦時には、パワーで大きく劣る

海外選手との差を埋めるため、

ドライバーの飛距離を追い求め不調に陥りました。

そこで最近はアイアンショットの精度にこだわり、

スピンコントロールへの意識を強め

練習に取り組みましたが

その成果を実感する1打も多くなっています

すべては2017年を最後に撤退した

PGAツアーに再挑戦するため

さらに「東京五輪」をも見据えた取り組みです。

負荷をかけた筋力トレーニングにより、

繰り返し起こった腰痛の不安も消えたということです

石川は「2009年以降、海外に出ていなければ

今の自分の技術はなかったと思う。

ドライバーだけはずっと良かったかもしれないけれど、

一辺倒の攻めだけになっていたかもしれない。

気持ち的にも身体的にも、根本的に考えていることは

09年とはぜんぜん違う」と、まだ6試合を終えた段階ながら、

今季のバーディ率は2009年を上回る4.90をマーク。

海外での苦しい経験を経て、

10年前とは異なるプレースタイルが確立されています

 

「全英女子オープン」を制し、

帰国後も体調に不安を抱えた状態で13位、3位、5位と

成績を残している渋野日向子ですが、

今年の平均パット数は1,75でトップです。

平均バーディ数やパーブレーク率もトップですが、

好調のパッティングが渋野のゴルフを支えています。

コーチの青木氏はまず、

渋野のパターをマレット型からピン型に変えさせてました。

渋野はフォローでフェースが

開きながら外に抜けるクセがあったため、

ヘッドの慣性モーメントが大きく操作しづらい

マレット型から操作性の高いピン型に変えさせたのです。

意識的にフェースを閉じたフォローをすることで

イントゥインのストロークとなり、

球の回転と方向性が飛躍的によくなりました

そしてもう一つ大きな効果を発揮したのが

2種類の「ドリル」です

スタート前に7m以上の3か所からカップを中心とした

1mの円の中に3球ずつ入れる

ロングパットの練習をするドリルです。

カップに入れることを目的とせず、

その日の距離感の基準を作るための練習で、

基本的にはできるだけフラットなストレートラインを

71215mから打つのですが、

機械的にならないために、

距離やライなど毎日少しずつ変えるそうです。

フィーリングを養うことが目的のドリルで、

ホールアウト後にはこの練習はやらないということです。

 

ホールアウト後に練習するドリルは、

カップから1mの距離にティを立て1.5m

3mといった具合にカップに対して

徐々に距離を伸ばしながら円を描くように

9本のティを刺します

7本決まれば終わり。

仮に3本目を外せば、その瞬間、

ゼロからやり直すというドリルです

距離も一打毎に変わり、

さらに様々な傾斜からのパットとなり、

狙ったところに打てるようになることが目的です。

9分の7以上を1パットで決めることを義務づけることで、

プレッシャーに強くなり、

さらに9か所の傾斜の違ったラインから打つため

「ストロークより出球」を意識することになり、

プレッシャーの中でも狙ったところに

打てるようになるということです。

読者の皆さんも試してみる価値はありそうですね。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.