Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■1月1日 ルール改正
■12月15日 日本シリーズ
■12月1日 ツアー終盤
■11月15日 TOTOジャパンクラシック
■11月1日 日本オープン
■10月15日 ツアー選手権
■10月1日 PGAツアー日本開催
■9月15日フェデックスカップシリーズ
■9月1日「全米プロ」
■8月15日「全英オープン」

アーカイブ
■January 2019 (10)
■November 2018 (5)
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

10月1日 PGAツアー日本開催

PGAツアープレーオフ第3「BMW選手権」は、

悪天候のためマンデーフィニッシュとなりました。

最終日に「64」の好スコアを叩き出した

キーガン・ブラッドリーが

ジャスティン・ローズとのプレーオフを制して

 6年ぶりに優勝しました

 K・ブラッドリーの叔母はメジャー6勝、

ツアー通算31勝を誇るパット・ブラッドリーです。

2011の「全米プロでは

史上3人目のメジャー初出場・初優勝者となり

 ゴルフエリート一家らしいデビューと話題になりました

それ以来、一気に世界のトッププロ入りを果たし、

 12年には「WGCブリヂストンインビテーショナルなど

準メジャー級の大会でも優勝を遂げています

 ライダーカッププレジデンツカップ

 米国メンバーにも選ばれ、スター街道を歩み始めた

 Kブラッドリーでしたが、20161月から施行された

パターを体に固定して打つことを禁止する

「アンカリング規制」で窮地に追い込まれます。

 

中尺サイズからレギュラーサイズパターへの移行は、

本人が思っていた以上に難しく、

その年の賞金ランクは103位。

しかもパッティングだけでなく、スウィングも崩してしまい

正確で長打を誇るショット力すらも失ってしまったのです

 2012年以来、優勝から遠ざかっていましたが、

今年になって復調の兆しは見えていました。

 CIMB選手権2位、

ファーマーズインシュランスオープン5位、

 RBCカナディアンオープン4位と、

少しずつトップ10入りする回数が増え

 全米オープンで予選落ち以降は

9試合連続予選通過と安定した成績を残していました

 

スウィング改造は8カ月前に終わり、パッティングの調整

集中できたことが大きかったということですが、

マット・クーチャーと同じく左腕にグリップを固定する

「アームロック打法」を採用してから

スタッツが安定しています

 Kブラッドリー同様、尺パターでメジャー

1勝を挙げているウェブ・シンプソンが

今年のプレーヤーズ選手権

4年振りに優勝したのを見て、K・ブラッドリー

復活の希望を抱いたのでしょう

1年を通じてのストロークゲインドパッティング部門

ランキングは「BMW選手権前には186位と

下位に低迷していましたが「BMW選手権

優勝した週には全出場者中1位に輝きました

もともとティグラウンドからグリーンまでの

ストロークゲインド部門では6位と、

ショットは好調でしたが「ショットがいいので、

パターに対するプレッシャーがなくなってきた」と

最近の好成績を自己分析をしていました

 

アンカリングの呪縛が解けたKブラッドリー

「この6年間は実にいろいろなことがあった。

本当に今まで苦労してきたけど、

今は言葉にならないくらいうれしい

以前は優勝しても一人で家に帰るだけだった。

でも今は一緒に帰り、優勝をともに喜べる

家族がいるのが何よりもうれしい」と、

昨年生まれた子供がモチベーションに

なっていることを語っています。

以前は同伴者に嫌われるほど、

神経質なまでにこだわっていた

ショット前のルーティーンや、

怖いほど鋭い目つきで行なっていたライン読みも、

考えすぎることがなく簡略化されました。

プレーリズムが良くなったことも、

優勝に結びついた様に思います

 

アンカリングが規制されたことで、

軒並み成績を落とした

中・長尺パター使用プレーヤーが、

2018年に復活の時を迎えています

Wシンプソンはアンカリングが規制されたことで、

2015年、2016年にはパットのスコアへの貢献度が

ツアー174位と大不振に陥りました。

苦しみ抜いたWシンプソンは中尺パターに戻し、

右手を添えるクロウグリップに変えて復活し

「人生でいまが一番パットの調子がいい」と

胸を張っています。

K・ブラッドリーは「アンカリングをしていたときは、

ただパッティングするだけだった。

規制後は、自分のパッティングストロークを

見つめ直すのに時間が取られた」と、語っています。

二人に共通するのは「短尺パター」で

復活したわけではないということです。

Kブラッドリーは、Wシンプソン同様に

長年慣れ親しんだ中尺パターを選択しています。

「全米プロ」で優勝争いに加わったアダム・スコットも、

短尺パターから慣れ親しんだ長尺パターを、

体に固定しないスタイルで活路を見出しています。

 

アンカリングをする、しないに関わらず、

長尺パターは性能的に短尺とは大きく異なります。

高い位置からラインを見ることができるので、

ラインの全体像を把握しやすい。また、長く、

重いことで小さな動きでも良く転がります。

アンカリングしなくても、優位性は間違いなくあるのです。

多くのプロが、規制後は短尺パターへの移行にトライし、

結局は中・長尺パターを、

アンカリングせずに使う方向に戻ったのは

「手を動かさなくていい」というメリットがあるからで、

体を動かせば勝手にクラブが動いてくれることに

慣れていたプレーヤーは、意識したことが無い

「手を動かす」ことに戸惑うのです。

アンカリングする、しないを問わず、

長いほうがフィーリングが合う人

短いほうがフィーリングが合う人がいるのは当然ですが、

長尺パター愛用者の復活の連鎖は止まりそうにありません。

 

PGAツアーの日本初開催が内定しました。

大手ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する

「スタートトゥデイ」が大会冠スポンサーとなり、

201910月に千葉県内での開催で調整中ということです。

PGAツアー日本人最多5の松山英樹や、

通算79勝のタイガー・ウッズらが参戦する可能性もあり、

世界最高峰の戦いを日本で観戦できる事になりました。

PGAツアーの大会開催運営費は、1試合で10億円といわれ、

日本初開催を実現する上でスポンサー探しが

最大の障害となっていました

ZOZOTOWN」でゴルフウェアの販売などを展開し、

資産2830億円ともいわれるスタートトゥデイの前澤友作社長が、

複数年の大会開催に名乗りを上げたということです

同社長はこの日、1000億円超で月旅行の契約も発表しています。

ゴルフが趣味で、地元に強い愛着を持っているということで、

千葉県内で開催コースの選定しているということです。

 

PGAツアーは1610月に「PGAツアー東京支社」を設立し

179月には、チャンピオンズツアーの「JAL選手権

成田GCで初開催しています

メジャー8勝のトム・ワトソンら往年の名選手のプレーに

多くのギャラリーが集まりました

昨年11月には日本ゴルフツアー機構(JGTO)と

10年間の提携に関する基本契約を締結し、

日本でのPGAツアー共同開催を目指していました

日本ツアーの優勝賞金は5200万円が最高ですが、

PGAツアーは全米オープン

216万ドル(約24192万円)を最高に、

ほとんどの大会で1億円を超えています

近年は10月のシーズン開幕後に数試合をアジアで開催するなど、

ゴルフの普及や人気の拡大に尽力しています

昨年10月にもCIMBクラシック(マレーシア)、

CJカップ(韓国)、世界選手権シリーズの

HSBCチャンピオンズ(中国)が行われましが、

CIMBは今年限りで撤退の可能性が高く

東京五輪を控えた日本で新規開催が決まった様です


1983年の「ハワイアンオープン」で、日本男子初の

PGAツアー優勝を飾った青木功JGTO会長が抜群の知名度を生かし、

PGAツアー幹部と深い関係を築いています

JGTO副会長で選手会長の石川遼も

5年間に渡りPGAツアーに参戦経験があります。

大会では日本ツアー選手の推薦出場枠も検討されていますが、

優勝すればシード権が与えられます。

タイガー16年リオ五輪金メダリスト

世界ランク1位のJローズをはじめ

五輪代表候補のトップ選手が多く出場する可能性も高そうです

松山のほか、今季日本男子5人目の米ツアー優勝を飾った

小平智の活躍にも期待が持てる「東京五輪前哨戦となりそうです。

 

 



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.