Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■3月1日コラム
■2月15日号コラム
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム

アーカイブ
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

2月1日バンコクライフコラム

2018年のPGAツアー初戦

「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」が、

ハワイ州カパルアのプランテーションコースで開催されました。

2017年に米ツアーで優勝を遂げた選手だけが出場できる

エリート大会ですが、クリスマス休暇を過ごした

トッププレーヤーが集結し、それぞれが「目標」を持っての参戦でした。

3度目の出場となった松山英樹は、

12月に3週間のオフを日本で過ごし

「そんなに楽しむほどゆっくりはできなかったけど、

それでもいい休憩にはなりました。

また1年の始まりだな、という感じです」と、

リフレッシュされた表情を見せていました。

そして松山は「今年の目標は”無”です」と、

一年のテーマを掲げました。”無心”でプレーし、

戦っていくということなのでしょうが、

松山がプロ転向前から掲げている目標は、

「メジャーで勝つこと」でした。

日本勢がいまだ達成したことのないメジャー制覇を目指して、

日々戦ってきたのです。

4月に開催されるメジャー初戦の「マスターズ優勝」に向けて、

士気を高めていく時期なのですが、

あえて”無心”で望むということなのでしょう。

「周りの人が立てた目標に向けてがんばるだけ」とも語っていますが、

他のプレーヤーも頭の中は「マスターズ」の準備でいっぱいのはずです。

しかし松山はあえて言葉にせずに

”無”の意識で戦っていくということなのでしょう。

トッププロは誰もが、常にメジャーに照準を合わせて

スケジュールを組みますが、ピークをメジャーに持っていく様に

コントロールするのは、とても難しいことです。

PGAツアー5年目を迎えた松山は「初心に返って、無欲で臨むこと」が、

メジャーウイナーとなるためには必要だと感じているのでしょう。

「松山キラー」と呼ばれ、松山が一番メジャーに近づいたと思われる

「全米プロ」で、メジャー初勝利を飾るなど

、年間5勝を挙げたジャスティン・トーマスは

「今年は予選落ちをなくしたい」と、

意外にも地味な目標を掲げています。

1年前のこの大会でも、松山と優勝争いを演じた

J・トーマスは最後の2ホールでバーディーを奪い、

猛追する松山を振り切り勝利を挙げました。

翌週のソニーオープン・イン・ハワイでも、

初日に「59」をマークするなどして、2週連続優勝を遂げ、

年間王者にも輝いています。

しかし、ハワイシリーズ後の5試合で3度の予選落ちを喫し、

さらに、6月末からは3試合連続予選落ちという屈辱も味わっています。

「あの予選落ちが、ものすごく僕を苛立たせている」と、

J・トーマスは振り返り「予選落ちはしたくない」と、

目標を決めたのでしょう。

J・トーマスがスマートフォンに保存していた

目標は13項目に及んでいました。

 

1.プレーオフ最終戦「ツアー選手権」に出場する

2.最低でも1勝はする

3.メジャーの最終日にラスト2組をプレーする

4.メジャーで優勝する

5.プレジデンツカップに出場する

6.「ストローク・ゲインド・パッティング」+0.25以上

7.「ストローク・ゲインド・ティtoグリーン」+1以上

8.「オール・アラウンド」トップ10

9.パー3、パー4、パー5の平均スコアをアンダーパー

10.「スクランブル率」トップ30以内

11.出場試合の半数をトップ10で終える

12.「平均ストローク」70以下

13.ショートサイドには外さない

 

メジャーへの意識の強さがうかがえる目標ですが

「全米オープン」では最終組を、

メジャー初優勝を挙げた「全米プロ」では

最終組の1組前を松山と2人でプレーし、大願成就を果たしています。

J・トーマスはウィークポイントを自覚しながら、

複数の具体的なスタッツを数値化しています。

目標をひとつ、またひとつクリアすることで、

メジャータイトルに近づいていける様に自身をマネジメントした結果、

目標の10項目を達成しました。

とても満足度の高い「年間王者獲得」だったことでしょう。

 

ストローク・ゲインド・パッティングとは、

1Rあたりにグリーン上で稼いだスコアをツアー平均と比較した指標で、

数値が高いほどパットがプレーに貢献したことになる数値です。

3mからの平均パット数が「1.6」だった場合、

1パットで決めると「+0.6」を加算。

平均を下回る2パットだと「-0.4」、

3パットだと「-1.4」が差し引かれて算出される数値ですが。

J・トーマスは全体47位にあたる「+0.289」でクリアしました。

ちなみに前年は「-0.185」で全体の131位でした。

ショットの貢献度を示す数値も「+1.330」で悠々とクリアしました。

これは1Rあたりのストローク数をツアー平均値と比較した

「ストローク・ゲインド・トータル」から、

「ストローク・ゲインド・パッティング」を差し引いた数値ですが、

J・トーマスの場合、松山に次ぐ全体6位でした。

ショートサイドに外さないというのは、

ピンが狭いサイドに切られた際に、

グリーン面が狭いサイド外すと、

アプローチの落としどころが狭くなり、

ピンに寄せにくくなるということで、

メジャーでは非常に重要なスタッツです。

 

「SMBCシンガポール・オープン」で国内戦復帰を果たした石川遼は、

首位タイで予選を通過し、第3R序盤に一時は単独首位に浮上しました。

復調の手応えをつかみつつある様ですが

「ショットがばらばらになった。気をつけていたが、

軽度の脱水症状で4日間持たず悔しい」と、残念そうに話していました。

4日間のバーディ数「21」は全選手中トップでしたが、

9つのボギーと4つのダブルボギーが全てでした。

優勝したS・ガルシアは、5打のリードで迎えた

最終パー5のティーショットをアイアンで打ちましたが、

自分が決めた攻め方に徹する気持ちの強さを感じました。

どんな状況でも「やってはいけない事」を明確にする姿勢は、

すでにメジャーを意識している様に感じました。

石川や松山にも「ショートサイドには外さない」を、

今年のキーワードに加えて欲しいですが、

読者の皆さんもラウンド中に意識して欲しいですね。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.