Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■7月1日2019年
■6月15日2019年
■6月1日2019年
■5月15日2019年
■5月1日2019年
■4月15日2019年
■4月1日2019年
■3月15日2019年
■3月1日2019年
■2月15日2019年

アーカイブ
■July 2019 (7)
■June 2019 (5)
■January 2019 (10)
■November 2018 (5)
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

4月1日2019年

5のメジャーとされるPGAツアーの旗艦大会
ザ・プレーヤーズ選手権」は、
開催時期が13年ぶりに5月から3月に戻りました。
春先の開催は、メジャーを占なう上で
シーズンをさらに面白くしたと思います。
優勝したRマキロイは3月に行われることで
ライグラス(寒冷地用の芝のコースは、
選手の技術がより発揮されやすくなる」と
語っていましたが、Rマキロイ以外にも
ダスティン・ジョンソン、トミー・フリートウッド
ジャスティン・ローズ、ジェイソン・デイ
そして松山英樹などの実力者が、
トップ10にそろった事で、実証されたことになります
もともと権威歴史ある大会ですが
4月のメジャー初戦「マスターズ」の前哨戦の意味合いも戻り、
選手たちの意識も昨年までとは違っていて、
緊迫感のある優勝争いでした。
 
昨年まで大会はマスターズ
6月「全米オープン」の間にある
ビッグトーナメントという位置づけでしたが、
選手にとっては「ザ・プレーヤーズ選手権」で
優勝すると5年の長期シードを獲得できます。
シード権については、メジャー大会より
上位に設定されているのです
しかし「マスターズやはり特別です。
次のビックイベントは
WGCデルテクノロジーズマッチプレー」のため、
ビッグネームが揃うストローク戦では
マスターズ前の最後の試合でした。
春先に調子を上げた選手がグリーンジャケットを
手にするという近年の流れもあります
「マスターズ」を制すれば「グランドスラム達成」となる
Rマキロイが、優勝会見引き締まった表情
臨んだことでも、この試合の重要性が分かります
 
男子ゴルフの世界ランキングが発表され、R・マキロイ
2ランク上がり4位になりました
J・トーマスが5位、B・デシャンボー6位と、
ひとつずつ下がりましたが、1位のDジョンソン
2J・ローズ、3B・ケプカまでは
変動がありませんでした。
大会を2で終えた48歳のジム・フューリック
110ランク浮上し57位に急上昇しています

今季3度目のトップ10になる8位タイで大会を終えた
松山は5ランク浮上し24位。
予選落ちした小平智4ランクダウンの65位、
日本勢3番手の今平周吾71なっていますが
「マスターズ」に参戦する3選手の活躍に期待しましょう。
 
国内ツアー2「ヨコハマタイヤPRGRレディス」は、
国内でプレーする日本人選手の中では、
世界ランク最上位(31位)につける鈴木愛が、
久しぶりにその圧倒的な強さを見せつけました。
首位と2打差の3位タイから出ると、
5バーディ、1ボギーの「68」でプレー。
通算9アンダーで後続に4打の差をつけ、
昨年6月「ニチレイレディス」以来の
ツアー10勝目を挙げました。
最終組の1組前で「6アンダーで回れば勝てる」と
意気込んでスタートでしたが、風速8.4m/sの中
「風の影響の少ない前半のうちに
3つか4つ伸ばしておきたかった」
着実にスコアを伸ばします。
12番で3パットのボギーとしますが、
15番パー56mのパットを沈め優勝を手繰り寄せました
最終18番の2打目をピン上2mにつけ
初めてリーダーボードを確認したということですが
「あまり駆け引きは得意ではない。
自分らしいゴルフに徹した」と、
バーディパットを沈め今季初勝利を決めました。
 
2015年大会では李知姫にプレーオフ3ホール目で敗れ
前年大会最終日はアン・ソンジュと、
3打差を追ってスタートした鈴木が、
通算11アンダーで並んでプレーオフに突入。
1ホール目をバーディとしたアン・ソンジュ
競り負けた苦い記憶があるだけに
「やっとこの大会で優勝できた」と
笑顔を見せていました

開幕戦では通算3オーバー55位とし、
29試合ぶりに予選落ちを喫していました
ホールアウト後は「本当に悔しくて、
トイレに駆け込んで泣いた」といいます
「オフにやってきたことの意味がないかもしれない
ゴルフが嫌になった」と土曜日に東京の自宅に戻ると、
ゴルフ中継を見ることもなく、クラブに触ることもなく、
動画サイトで好きなアーティストの
動画を見るなどして過ごしたそうです

2017年の賞金女王は今回の勝利で
「メンタル的にも成長してきたし、
落ち着いてゴルフができるようになってきた」と
自信を取り戻しました
今シーズンについては「5勝して賞金女王。
米ツアーのメジャーにも出たい」と語りましたが、
来年の「オリンピックランキング」を上昇させるためです
 
その基準になる世界ランキングが発表され、
日本勢最高位の畑岡奈沙が順位を一つ上げて
自己ベストの5位になり、
メジャーでの優勝があれば、世界ランク1位も
可能なポジションにいます
前週の出場試合はありませんでしたが
平均ポイントでパク・インビを抜きました

今季初勝利を挙げた鈴木愛4ランク上げて27位となり、
比嘉真美子が一つ下げて42位で
日本人選手の3番手に続いています
「オリンピック」の出場資格は
女子は2020630日時点の
オリンピックゴルフランキング
上位15位までの選手で、
1位〜15位以内は1カ国につき4名まで
15位以下は1カ国2名までとなっています。
メジャー大会でランクを上げれば
4名の出場も可能になりますが、
こらからの成績次第ですね。
 
競泳の池江璃花子選手が「白血病」であることを公表し、
日本全国に衝撃が走りました
池江選手といえばバタフライなど
個人で競泳5種目の日本記録保持者で、
昨年のアジア大会では6冠を達成、
2020年の東京オリンピックでは
金メダル候補の筆頭と言われていました。
本人のツイッターの書き込みは、
同じ病気を持つ人々を率いる勇者のような
風格を感じさせるものでした
それでも、治療開始後と思われる
「しんどいです」「でも負けたくない」といった
ツイートを目にすると胸がつぶれる思いがしました
自らを鼓舞するように闘病を公表する人もいれば、
他人に病名を知られたくない、
激励されるのも遠慮したい、
と思う人もいますが
「これが正解」という接し方は見つけにくいものです。
 
国の期待を背負
ある意味いろんなものを犠牲にしながら、
期待に応えるため、苦しい努力をして、
あと1オリンピック代表を掴める
とこまで来ていた段階での離脱は悔しかったことでしょう。
家族は全面的にバックアップをしてきているはずです。
小さい頃から「水泳の道」に行かせて、
そして成績を残したことで、
我が子でありながら我が子でない様な、
大きな期待を抱かせてくれる存在となってくれたのです。
水泳選手としてここまで来るのには、
普通の親以上に苦労しているはずで、
それを思うと辛くなります。

池江選手はツイッターで
「神様は乗り越えられない壁は与えない、
乗り越えてみせます。そして他の水泳選手、
スポーツ選手の支援もお願いします。
私は応援する側に一旦まわります」と、
その強い意思を表現しました。
今まで鍛えてきてるので、
体力的なものは素晴らしく、
病気との闘いにも
勝機を見い出してくれることを祈ります。
治療が優先ですが、その結果、
来年の東京五輪に間に合えば、
拍手を送りましょう。間に合わなくても、
復帰を温かく見守り、エールを贈りましょう。
オリンピック出場を目指す他競技の選手達も、
池江選手と同じ想いで、
自分の競技に真摯に取り組んで欲しいものです。


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.