Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■8月1日 ルール変更
■7月15日 ホスピタリティ
■7月1日 P・ミケルソンの奇行
■6月15日 本番力
■6月1日 ツアーの今後
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム

アーカイブ
■November 2018 (5)
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
日本料理・絆3階
3F 595/9 Sukhumvit 33/1 Sukhumvit Road
Klongtan-Nua Wattna Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

Kankokutei

6月1日 ツアーの今後

日本プロゴルフ選手権」は、通算6アンダーで並んだ谷口徹が

藤本佳則とのプレーオフを制し国内メジャーでは

「史上最年長」での優勝を成し遂げました。

ツアー優勝は2012年のブリジストンオープン以来、

 6期ぶりの20勝目でした。

 全盛期をとうに過ぎたはずのベテラン谷口は

勝負どころはグリーン上」と集中力を高めていました

「入れなきゃいけないときは、入れるしかない」と、

5mのウィニングパットを決め、22歳下の藤本佳則をプレーオフで下し

解き放たれたように豪快にこぶしを突き上げました

 プロ日本一の称号を得た50歳の谷口徹は数分後、

涙をためて「何度もやめようと思っていたのに、奇跡です」と

 振り返っていました

 

「ラフに入ると0.5罰打」という厳しい設定で、

谷口もラフに苦しみました

大会4日間のフェアウェイキープ率は57.14%の全体30位タイ

「ティショットは悪かった。でもどんな手段でも、

パーを拾うことでつながっていく」と、自分のスタイルを貫いたのです

正規の72ホールのうち半分の36ホールが1パット。

終盤はプレーオフ2ホールを含め、

最後の4ホールで5m3度決めるという勝利でした。

2002年と07年の賞金王「むかしはショットでもパットでも

圧倒できるパフォーマンスがあったけど」と、衰えを素直に認め、

がむしゃらだった昔と違い、トレーニングでは体の左右のバランスを気にし、

ケガをしないように負担をかけすぎないことを

テーマに取り組んでいるようです

下位にいるときは、モチベーションの発揮は難しいものですが

「やっぱり裏街道のときなんかギアはなかなか入らない」と、

近況を語っていました

 

PL学園高で同学年の元プロ野球選手の桑田真澄や

清原和博が現役を退いたとき「プロゴルファーに引退はない。

もっと頑張らないといけない」と、決意を新たにしたといいます

野球やサッカーは球団やチームからときに

戦力外通告を受けることがありますが

引退時期を自分で決められるプロゴルファーは

経験に裏打ちされた嗅覚や感覚が武器ります。

「アイアンだって精度は落ちている。メンタルが強いとも思わない。

でも、きれいなゴルフだけじゃ優勝できないことは分かる。

いくらショットが良くても、パットが決まらないと勝てない。

最後のグリーン上は感覚を信じた」と、

50歳の優勝ストーリーは、決して奇跡ではありませんでした

 

試合前「自分に向いている」と、

コースセッティングについて答えていますが、

最終日の戦い方は、まさにその目論見どおりになりました。

特に予想外の大雨で、誰が打っても飛距離が出ない状況。

さらにラフが難敵と化し、求められるのは、

正確なコントロールと悪いライも打破する経験値となったわけです。

 ドライバーの飛距離は藤本の291.75yd19位)に対し、

谷口選手は261.47yd127位)と、その差は歴然でした。

状況が一変したのは15番のティグラウンド。

それまでも雨は降っていましたが、その瞬間だけ突風が吹き、

嵐のような状況になったのです。

長所である飛距離を生かせなくなった藤本との形勢は逆転し、

迎えたプレーオフ2ホール目の18は、

さらにそれまで使用していたティから、

 下の段に変更と距離が短くなったのです。

1ホール目を左に曲げた藤本は、

距離が短くなったことでハザードが気になったのか

大きく右に曲げてしまいます。

 

両者3オンで迎えたグリーン上。

谷口の残り5mのウィニングパットは見事でした

雨に濡れた重いグリーン、距離を合わせにいって球足が弱まり、

カップ際で曲がるということが多いものですが、

あの場面で決めにいく谷口の精神力は、

ツアー通算20勝を誇る実力者だからこそです

自分の力を信じ、

良いイメージだけを信じて打つことのできたパットだったのでしょう。

グリーン上の戦いに持ち込み、少ないチャンスをものにした谷口ですが

国内メジャー初戦は見応えのある一戦となりました。

 

「第5のメジャー」と呼ばれるプレーヤーズ選手権」は、

例年5月にPGAツアーの総本山となるフロリダ州ポンテ・ベドラビーチの

 TPCソーグラスで開催されています

 3年ぶりにタイガーが参戦し、3日目に65をマークし話題になりましたが、

優勝は3日目を終えて2位に7打差をつけ

独走となったウェブ・シンプソンでした。

中尺パター全盛時の「2012・全米オープン」で

メジャーチャンピオンとなったのですが、

アンカリング規制以降優勝から遠ざかっていました。

アンカリング規制で、パッティングに大きな影響があったのは

間違いありませんが、適合のスタイルでの勝利は格別だったでしょう。

当時アンカリングで世界トップに君臨していた

アダム・スコットも、最近ルール適合の

長尺にパッティングスタイルを戻しています。


今大会が5月に開催されるのは、今年で最後になります

来年からは再び3月開催に戻されて(2007年から5月開催に変更)、

以前のようにメジャー初戦となるマスターズの前哨戦となる様です

 就任2年目を迎えたジェイ・モナハンコミッショナー

PGAツアーをコアなゴルフファンだけでなく、

より多くのスポーツファンへと、その層を広げていきたい」という

大きな目標を掲げて、ツアー改革を進めていますが、

最大の目玉となるのは、

7月までにすべてのメジャー大会が開催されることです

そのため、これまで8月に行なわれていた

 全米プロ選手権5月開催となります

 8月にはフェデックスカップ・プレーオフを行ない、

 9月初旬にはシーズンを終了させることになります。

 

3月にプレーヤーズ選手権が行なわれ、

4月にメジャー初戦のマスターズ5月に全米プロ

6月に全米オープンそして7月に全英オープンと、

3月からの5カ月間は、毎月ビッグトーナメントが

開催されることになるのですが、

その狙いは全米で大人気のNFL(アメリカンフットボール)との

視聴率争いを避けることにあります。

メジャリーグベースボールのプレーオフや、

NBAバスケットボール)のプレーオフに対抗するには、

時期をズラすしかないのが現状の様です

ゴルフの4大メジャーについては、

いずれも主催するのはPGAツアーではありません

 マスターズはマスターズ委員会、

 全米オープンUSGA(全米プロゴルフ協会)、

 全英オープンR&A(英国ゴルフ協会)、

そして全米プロ」はPGA・オブ・アメリカが主催しています

PGAツアーにとっての、

フラッグシップ大会は「プレーヤーズ選手権」なのです

常にゴルフ史上最高の賞金を用意して、

世界中からトッププロを集めてきましたが、

昨年の賞金総額は1050万ドル(約115000万円)で、

優勝賞金は189万ドル(約2億円)と、前年と同様でした

その結果、全米オープン(総額1200万ドル)や

マスターズ(総額1100万ドル)よりも、賞金額は下がっていましたが、

来年は日程変更と共に大幅に増額されるはずです。

PGAツアーはテレビ放映に関しても、大きな改革を検討しています。

予選ラウンドケーブルテレビのゴルフチャンネル、

土、日の決勝ラウンドがCBS、もしくはNBC

ネットワークのよる放送ですが、この契約は2021年までで終わります

NFLをはじめ、MLBNBAが実現しているように、

 PGAツアーが独自のチャンネルを持つことを模索しています。

すでに「PGAツアー・ライブというインターネットの

有料コンテンツを配信していますが、LPGAと提携し

「男女混合のミックスイベントや、72ホールにこだわらず、

 54ホールの大会の開催も検討している様です

 ファンのために何が出来るかを「キーワード」に、

PGAツアーを大きく変えようとしています。

 JPGAJGTOも、世界に通用するトーナメント専用の

スタジアムコースを所有し、トーナメントを開催し、

選手の練習、若手育成の場として活用することを検討して欲しいものです。



| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.