Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■3月1日コラム
■2月15日号コラム
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム

アーカイブ
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

物作りの精神

耐震強度偽造問題の追及が続いております、

一番の被害者はそのような建物とは知らずに購入した入居者の方たちです、

企業として建物を立てるのですから利益を追求するのは当然ではありますが、

顧客にうそをついてまで利益を追求するのは許されないこと。


耐震強度偽造=手抜き工事の図式の中で正規の利益以上に儲けたのは誰なのか?

人命を代償にしてまで偽造しなくてはいけなかったのは何故なのか?

この業界にも日本人が当たり前に持っていたはずの「物作りの精神」の欠如が感じられます。


今までのコラムの中で述べてきたことですが、

ゴルフ業界にも建設業界のディベロッパーのような利益追求型のメーカーが多いのも現実です。


パーツメーカーからすると、メーカーの要求するように製造原価を下げるということは

工程を省くなどの手抜きをしなければなかなか単価は下げられません。

商品の品質は当然ダウンしますが、問題は販売するメーカーがユーザーには一切知らせず、

新製品として曖昧な説明でいいところだけを宣伝文句にして販売すること です。


ゴルフクラブの製造過程の手抜き工事が、人命にかかわるようなことはないのでしょうが

耐震強度偽造問題のディベロッパーはゴルフ業界ではクラブメーカーです。

商品を企画してOEMで作った製品を宣伝して販売する役割です。


ひとつ予想をしておきます来年のニューモデルは、

2008年からの高反発規制を見据えたものになるでしょう

「高反発を超える低反発」を宣伝文句に展開するのでしょうが

売れ残りの高反発は間違いなく中古ショップに流れます。

低反発が売れることが予想され、以前では高くて手が出なかったモデルが

安く中古ショップに並びます、来年は中古ショップで気に入った高反発ヘッドを買って、

自分に合ったシャフトにリシャフトするカスタムメイドが流行しそうです。

しかし高反発での飛距離の差はヘッドスピードにもよりますが2〜3ヤード、

それも真芯で捕らえたときの但し書きつきというのが常識です。

恩恵に与れる方は ほんの一握りのゴルファーで、

正しいコピーは「高反発ですがそれは中心だけで、芯に当たらなければちっとも飛びません」

「低反発ですがまぐれ当たりで芯に 当たれば高反発と変わりません」と、なります。


高反発規制を逆手にとって「ルール無視の高反発」

「期間限定の飛距離」などというメーカーも出てくる可能性があります。


ヘッドボリュームが大きくなった段階で、フェースの肉厚が薄くなって

「スプリング効果」が騒がれ「高反発規制」に繋がって来たのですが、

すべてのゴルファーに恩恵のある部分の規制でないことは明らかです。


商品のコストを抑え利益を出す、販売価格を下げて

販売量で利益を上げるというのもどちらも企業としては必要なことでしょう、

しかし利益のために手抜きした商品の情報をユーザーに流さないのはいかがなものでしょう。


日本のアイアン工場から聞いた話ですが「姫路はこのままの単価で販売していたら

みんなダメになる、アジアもアメリカも日本の鍛造アイアンは欲しがっている だから、

もっと値段を下げれば売れるのに」と大手メーカーの担当者から言われたそうです。

たしかに単価を下げれば海外での販売も可能でしょうが、

この仕事 を取ることは手抜き仕事をすることを意味するわけです、

販売努力をせずに売れないと中古ショップに流すメーカーの片棒を担ぐのはご勘弁願います。


日本製であっても手抜き仕事をした製品の品質は中国製と変わらなくなってくる訳で、

「最近の日本製は値段が高い割には、品質が中国製と変わらない」と言われかねません。


アジア市場ではタイトリストプロV1の偽物も出回っているようです、

人気のあるゴルフクラブは当たり前にコピー製品があります、

偽造品工場もはじめは正規の製品を作っていたのだと思いますが、

メーカーの厳しいコストダウンに付き合いきれず、

偽造品生産へと方向転換していったのではないでしょうか、

コストダウンの余波がコピークラブを生み出すとは皮肉なことです。

タイ自由ランド 2006/1/5号に掲載

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.