Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

ラウンドに必要なもの

ラウンドする時に必要なものは何でしょう?ゴルフクラブとボール、

パートナーとキャディーさん、そして一夜漬けの何処かで聞きかじったスイング理論?

スイング理論をコラムにして欲しいとメールで要望をいただきました。

スイング理論とは難しいものです。私が伝えたいことが

読む側にとっては説明不十分で伝わらない場合が多いものです。

いい加減なことは嫌いな性分で、スイング論を文章にすることはあまり好きではありません。

身長や体重が違い、スクエアーグリップか?フックグリップか?

アドレスが違うのにひとつのスイング論で説明できるようなものではなく、

お客様のスイングも見ずにクラブを販売するショップと同じことになりかねません。

そこで、以前他の情報紙に連載していたプリショットルーティーンについて

おさらいしたいと思います。

ラウンド中、ワンショットごとにきちんとした準備、

手順を踏むこと「プリショットルーティーン」を、練習から習慣づけることが

「練習場だとうまく打てるのに本番ではねー」と言われる

ゴルファーのためには重要なポイントです。

自分がいいショットをした時のことを思い出してみてください、

どんな心理状態でどう打ちましたか?ミスした時は良く覚えているようですが、

ナイスショットの時は、当たり前のような顔をしてボールの行方を追い、

あとはティーを探すだけの方が多いようです。


ミスした後に「やっぱり、やっちゃった」と言い訳をしながら素振りをする方は多いですが、

ナイスショットの後にスイングイメージやフィニッシュでの

体全体のバランスを感じて記憶しようと素振りする方は少ないはずです。

良かったショットの準備動作とイメージ、すなわちプリショットルーティーンを

繰り返すことを習慣にして、気持ちを集中しプレーすると

プレーリズムも良くなるものです。


ラウンド中に求められるのは頑固な目的意識と、いつも同じスイングの繰り返しで、

一打ごとにまるで曲打ちのような職人芸スイング理論や

ドラコン専用スイング理論などは必要ないのです。


たとえうまくいっても、私から見れば「たまたま」で、繰り返せるものではありませんし

「たまたま」を実力と大きな勘違いをして追いかけては

一方通行出口なしの「我流の道」へまっしぐらとなります。

トッププレーヤーのボールを打つまでのルーティーンは

まるでロボットのようにいつも不変です。

どんなスポーツでも生まれながらのチャンピオンは存在し得な いものです。

真の天才は何千回、何万回の単調な繰り返しを頭と体に深く、

明確に刻み込んだ「稀有の努力家」のことを指すのです。


その天才の頂点「スーパースター」達の共通点は、

結果には執着せずプロセスを重視する点だと思います。

彼らは「プロセスはコントロールできるけど、

結果はコントロールできない」ことを知っているのです。


トリノオリンピックで金メダルの結果を残した「荒川静香」も当然その一人。

ショットに入るまでのプリショットルーティーンを大切にすることで結果は必ず好転します。

プロセスを楽しんで、結果に期待することのほうが

メカニカルなスイング理論に振り回されるより、はるかに早く上達できる秘訣だと思います。

プリショットルーティーンの中では3段階のプロセスが必要です。

①THINK(思考)TIME=風や目標地点の情報を収集し考え、

目標に対しての球筋をイメージする。

②DECISION(決断)TIME=その条件の中でこれしかないというクラブを決め、

実際にボールを打つときと同じように素振りをしてイメージを固めるリハーサルをします。

③DO(行動)TIME=自分の決断に自身を持って、

いつもと同じセットアップをして球筋のイメージとボールの落下地点のみに集中し、

決断時に作ったイメージと実際のスイングを重ね合わせ

体の反応に任せてリハーサル通り演技(スイング)するのです。

そのとき貴方の「心」は舞台を見る観客のように、

貴方自身の演技をやさしく見守りましょう、

途中で変なアドバイスをしたら舞台が台無しになります(ミスショット)。


すごく難しそうに感じるかもしれませんが、

繰り返し自分のルーティーンスタイルが見つかるまで練習してみることです。

ゴルフへのアプローチの仕方を変え技術論にフタをして、

心から攻めてみることもひとつのやり方です、

そんなことしなくてもボールに当たればゴルフはできますが

「心の上達」なくして「真の上達」はありません。

WBCチャンピオン

WBCが終わりました、日本人としては「世界一」という

最高の結果に終わったのですが道のりは険しく、

王監督をはじめ参加選手に「日の丸」が重くのしかかってつぶされそうになりながら、

全員で乗り越えた結果だと思います。

私が子供の頃は祝日を「旗日」として、どこの家にも「日の丸」を掲げる習慣がありました。

いつから無くなったのでしょうか?日本軍が第二次大戦時に

アジア諸国に対してとった戦略が非難され、日本人は悪者で「君が代」

「日の丸」その象徴のようなイメージを教育されたように思います。

 

トリノオリンピックの荒川選手のフィギュア金メダルは帰国中、

東京のホテルで見ました。

彼女 のコメントを聞くと 「積み上げてきた基礎技術」

「それ以前の基礎体力」「チャンピオンにふさわしい総合能力」といった、

どちらかといえば地味で、普段の努力から生まれる土台に近い部分が

優れているように思います。

表彰式で「日の丸」を持って「君が代」を聞く姿を見て

以前日本人が当たり前に持っていた「純な強さ」を感じました。

今回の日本チームを引っ張ったイチローにも同じ強さを感じます。

もちろん王監督の現役時代もそうでした。

2000年シドニーオリンピックの野球アジア最終予選が

ソウルであり日本の応援に行ったのですが、韓国人でスタンドを埋め尽くした球場には、

ファンと選手が一体化して勝利を目指す一途さがあり、

日の丸を広げることが危険に感じられました。

今回のメンバーの松坂や松中、古田もいたのですが

フルメンバーではない日本に対して、リーグ戦を休んでまで

オールスターで臨んだ韓国チームでした。

途中まで日本がリードしていましたが、スタンドの大変なブーイングと

野次でエラーを足場に逆転されました。

韓国は一途な国です、徴兵制度云々を指摘する人もいますが、

それはあくまでサイドストーリーとしての「なるほど」ではないでしょうか。

いざ打席に、マウンドに立ったときに、そういうことを考えているようではとても勝てない。

スポーツというのはそういうものです。

韓国は「ここ一番」での真剣勝負に際して、

真剣になる強さと集中する強さを 持っているのです。

個々の能力を足し算した総合力では日本が今も上でしょうが、

「能力を発揮する能力」においては差があると思います。

以前韓国は日本をお手本にして、日本を追い越すことを目標として、

日本という窓を通し遙かなるアメリカを眺めていました。

それがプロ野球で5年ほど前、朴賛浩 が先陣を切って

米国で実績を上げ始めた頃から「日本を通す必要はない、

米国から直に採り入れよう」という色彩が強くなってきました。

選手が大リーグ入りを希望すると、韓国では「自分が頑張るだけでなく、

後に続く者のために大いに吸収し、フィードバックして欲しい」という

指導者としての期待もかけます。

日本では野茂以来、依然として「自分は良いだろうが、

残されたチームやファンはどうなる」という意識がまだ根強く残っているようです。

そのため「日の丸」を背負って「君が代」を聞かせてくれる「純な強さ」を持つ

選手が育ちにくくなっているのではないでしょうか。

女子ゴルフにしても韓国の強さはすさ まじいものです。

朴セリが先陣を切り現在一大勢力を築きましたが、海外のツアーに参戦すると

「疎外感」を強く感じるもので、一緒に転戦するツアーの仲間と して

ライバルたちに認められることが勝利への第一歩です。

当然会話が必要になりいつまでも通訳を使っているようでは認めてもらえません。

しかし現在の勢力地図では韓国語だけでも通用してしまいそうな勢いです。

日本からも宮里が参戦しましたが、日本にいてはスポンサーや協会の都合に

振り回されることは明らかです。

彼女らの活躍や女子ツアーの活況を、自分の手柄にしたがる重鎮(おばさんプロ)が

幅を利かせる協会、横峰パパの歯に衣着せぬ言動を内心喜んで応援している

若手現役プレーヤーも多いと思います。

現在の女子ツアーの人気者を育てたのは、協会ではなく彼女らの父親です。

選手を育てるには、まず指導者を育てるこ とから始めなくてはいけないことを

わかってほしいものですが、旧態依然とした利権や保身のための

役員選挙をやっているようでは難しそうです。

 

樋口久子会長 は日本人として始めて「メジャーチャンピオン」になったプレーヤーです。

本当に苦労して、存続も危うかった女子ツアーを引っ張ってきた立派な方ですが、

この活況 を一時的なものにしないためにも、もっとつらい改革をしなければ

いつの間にか追い越された「韓国」に追いつくことは難しいと思います。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.