Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

プレショットルーティーン

テレビ中継では時間の都合で、プロがショットを打つ前の準備行動を完全に映してはくれません

そのためプレショットルーティーンの重要性を考える方は少ないようです。

ゴルフはひとつのシステム的な行動としてとらえるべきで、

スイングのメカニカルな部分の練習だけで

期待した結果が得られるかというとそうではありません。


良いショットを引き出すには準備行動に十分な注意を払う必要があります.

なぜならばショットの前の行動、立ち振る舞いを一定にすると、

その行動に同調してショットに必要な「注意・思考」や「判断・決断」

さらに「実行」の流れが引き出されやすくなります。

ゴルフ界の帝王、ジャックニクラウスのプレショットルーティーンは

ボールのライと足元の状態を確認してから後ろに下がり

ターゲットラインと落下地点に目線 を何度も這わせることから始まります、

次にボールの高さとスピン、つまり弾道イメージを固めてボールの20~30cm先に

フェースを合わせるポイントを決 める。

そのポイントから目線をそらさずボールに近づき

クラブフェースをターゲットラインに合わせてアドレスに入り、

20~30cm先そして5ヤード先の ターゲットラインまで目線を這わせてボールに戻す。

この目線の動きを4回繰り返します、次に15ヤードほどのラインに目線を送るのですが、

これを3回繰り返し最後に5ヤード先に目線だけ送り、

その直後にあごを少し右に引きバックスイングを始動します。

重要なことはどんな場面でも、たとえ30ヤードのアプ ローチショットの場合でも

同じ手順を踏んでいることです。

日本のプロゴルファーでは青木功プロがスイングに入る前、

シャツの左袖の部分をちょっとつまみあげる動作をしています、

これは決断をして動き出すときに体 に送るサインなのです.

マスターズチャンピオンのラリーマイズは「その週によって変えることはあるけれど、

スイングに入る前に必ずひとつ何かサインのよう なものを体に送るようにしている、

帽子のツバを触るとか、ズボンの上から太ももをポンと叩くとか、

僕の場合それによってグットショットを打つため回路のスイッチが

オンになるのです」と語っていました。


他のスポーツでも「静から動へ移行する回路のスイッチをオンにする」動作が見られます.

テニスのサーブを打つ前やバスケットボールのフリースローを

投げる前なども同じ準備動作から体に何かサインを送り、

スイッチをオンにして動き出すほうが結果は安定することを選手たちは知っています。


「止まっているボールを打つなんて簡単だと思ったんですが」という方が多いのですが、

ボールが止まっているからこそゴルフは難しいのです。

テニスの場合は、連続で打ち返す練習を繰り返すことで

相手の打つボールが予測することができ、飛んでくるボールに

体が自然に反応してくるようになるものです。

しかしサーブを打つことはゴルフと同じで、自分からアクションを

起こさなければならない動きです。

しかしゴルフとの決定的な違いは、テニスの場合ファーストサーブが入らなくても

セカ ンドサーブがあり、ネットインなら打ち直しができることです。

ダブルフォルトで始めてポイントを失うのですが、

ゴルフの打ち直しには罰打が付き物でそれだけ大きなプ レッシャーがかかります。


自分から動き出すとき失敗のもとは雑念に伴う集中力の欠如です、

集中力を妨げる要因は肉体的疲労や、突然の大声や同伴プレーヤーからの

よけいなアドバイスなどの外的雑音と、外から与えられる外的プレッシャー、

厄介なことに誰もプレッシャーをかけてないのに

勝手に自分で自分にかける内的プレッシャーがあげられ ます。


肉体的疲労に関しては普段からの体力維持のための努力が必要ですが、

一番簡単なのは歩くことでしょう。残りの心理的な要因に関しては、

あえてプレッシャー のかかった状況を自分に課し練習場でスイングすることで、

心の中に免疫のようなものを作り慣れることです。

たとえば雑音の対処法はヘッドフォンをつけて音 楽を聴きながら打ってみる、

外的プレッシャーに慣れるにはミスするたびに

一緒に練習場に行っている友人や家族に罰金を払うという

プレッシャーのかかる状況 で打つというのがあります。

韓国で子供たちにこのことを教えた時、

面白がって自分たちでこのような新しいゲームを作り楽しんでいました。

内的プレッシャーに慣れるに は、練習場の一番目立つ席、

特に練習場シングルさんの隣で周囲の目に影響されることなく

自分のスイングができるようにしていくと良いでしょう。

練習場は技術 を磨くだけではなく心理面を強化する場所でもあるのです。


しかしくれぐれも準備動作があまり長すぎて石のように固まり、

同伴プレーヤーに嫌われることのないようにしてください。

ゾーンの世界

偉大なチャンピオンでも、世界的な水準に到達するまでには、

最低10年の厳しい練習があって、やっと達成されるものですが

チャンピオンとそうでないプレーヤーの違いは何でしょう?

「人は生まれたときに母親の胎内から才能を運んできた」という考え方には反対です。


歴史上の成功者とは、好きなことを早いうちに見つけ出し、

それに最大限の情熱を傾けた者だけが「成功への切符」を

手に入れることができるのだと思います。


ジャック・二クラウスも「その分野で成功するためには、

才能よりもその仕事に情熱を傾けることだ」と語っています。


ニクラウスが10才の時、初めて9ホールをプレーしたスコアは51、

13才でオハイオ州ジュニアチャンピオン、15才で全米アマチャンピオン、

そして 1960年の全米オープンでアマチュアでありながら、

当時の世界ナンバーワンであったアーノルド・パーマーに

わずか2打差で涙を呑んだのですが、このときニクラウス20才、

ゴルフを始めてすでに10年の歳月が経過していたのです。

タイガー・ウッズにも同じようなストーリーがあります、

3才で9ホール48のス コアでラウンド、8才で初の70台

そして12才で60台のスコアでラウンドした記録があります。

13才で出場した全米ジュニアで2位になった時に「天才」 と呼ばれた少年が

偉大なチャンピオンへの階段にたどり着いた時ですが、

やはり10年の歳月が経過していました。


焦らないでゆっくりとしかも着実にレベルアップしていく

努力を重ねることが大切です。

目的の無い練習をしてはいけませんし「今週の教え魔」と化した

ゴ ルフ週刊誌のレッスン記事に惑わされることなどあってはいけないことです。

10年かけて情熱を持って、それに精一杯取り組む姿勢を貫くこと、

それだけでゴルフは間違いなく上達すると思います。


しかしゴルフの迷路に入り込み悩んでいるのなら連絡して下さい、

楽しくプレーができるよう手助けさせていただきます。

「ゾーンの世界に入る」という言葉をご存知ですか?

プロの場合なら連続バーディー記録を更新し

「コースレコードで逆転優勝」となります。

この状態は情報 を基にイメージを描くとき、

心に引っかかるものが何もなくスイングに入っていけて、

すべてが自然で後で考えてみても自分の意志ではなく、

結果として何故かすべてが自分で描いた「最高のシナリオ通り」に

ホールアウト出来てしまった時なのです。

プロゴルファーにとっては至福の時間帯ですが

高い確率で「ゾーンの世界 に入れる」ことのできるプレーヤーは

タイガーやエルス、ミケルソンなどほんの一握りの世界のトッププロ達です

勝負どころで爆発的なスコアを出せる偉大な チャンピオン達は

ニクラウスの言う「目の前の仕事に没頭し最大限の情熱を傾けること」を

長年実践してきただけで、結果として輝くようなオーラを周囲に振りまき

ギャラリーの「きっと彼なら何かをやってくれる」期待に応え

素晴らしいドラマを見せてくれるのです。


アマチュアゴルファーの場合もなんとなくパーが続き

「今日は好調だぞ」さらにバーディーまで取れる

「いったい今日はどうしたんだろう」今までのプレーの中で

長かれ、短かれ「ゾーンの入り口に入った」経験はお持ちのはずです。

しかし入った経験のない場所では居心地が悪いのかチャンスをものにできず、

結局はい つものスコアでホールアウトとなるようです。


予告もなく突然訪れる「ゾーンの世界」は

自分の意思や欲が心の中にある限り訪れません

またこの感覚を手に入れるためのトレーニングなどありません、

しか し「ゾーンの世界に入る」チャンスを増やすことはできます。

胸を張って堂々とした自信に満ちた態度や仕草でプレーしましょう

前回のコラムで述べた「どんな状況でも平常心をもって淡々とプレーすること」

この繰り返しがすべてオートマチックな究極の時間帯「ゾーンの世界」への入り口です。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.