Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■8月1日 ルール変更
■7月15日 ホスピタリティ
■7月1日 P・ミケルソンの奇行
■6月15日 本番力
■6月1日 ツアーの今後
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム

アーカイブ
■November 2018 (5)
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

スイングパス

私が考える理想のスイングパスとは、スクエアな軌道と適正な入射角で

ヘッドが入ってきて、ロフト角が減少しながらフェースは限りなくスクエア、

さらに加速状態であることがポイントです。

①のアドレスから④のフィニッシュまでの連続写真で説明します。


スイングの主役はボディーターンですが、

これは背骨を中心としたスイング軸(緑ライン)を中心とする回転運動です。

②の位置で頭がスウェーしているように見えますが

背中側からスイング軸を見るとするとスウェーしていないことになります。


バックスイングは腰の回転にともなう右軸足(黄色ライン)への

体重移動から始まりますが、体の右サイドの赤ラインからはみ出していないことからも、

スウェー していないことが分かると思います。

人それぞれ体に厚みも幅もあるために勘違いしやすいのですが、

背骨は背中側についていて、その背骨自体も捻るため、

その上にある頭も多少は回転して良いのです。

②はトップオブスイング少し手前の写真です、

上体と腕はトップ方向に回転を続けますが、右股関節(青丸)は

左への切り返しを始めます。

この動作がパワーの源になります。

釣られた魚が必死に逃げようとする力の方向と、

釣り上げようとする力の方向が逆方向に向かうと、

釣 竿を撓らせるのと同じで、シャフトを撓らせることができるのです。

③のインパクトで右股関節は緑のスイング軸の位置まで移動しています、

ブランコに乗ってい る自分の姿をイメージしてください、

遠くに飛ぼうとするとブランコを大きく漕ぐはずです、

スイングでは右から左への切り返しがブランコを漕ぐことになり

スイングに加速を与えます。

ブランコを漕ぐ時、一番高いところで暴れる人はいないと思います

静かに降りてくるのを待ってタイミング良く漕ぐはずです、

これ はゴルフスイングも同じです。


高い位置で腕に力を加えると、ブランコから落ちることになり

大怪我をすることになるでしょう。

スイングではヘッドの軌道が不安定になりミスショットという大怪我のもとです。


④では右股関節の青丸が、アドレス時の体の左サイド外側の

赤ラインまで回転して左軸足の上で振り切っています。

バックスイングの円よりフォロースルーの円が

大きい加速性が作ったフィニッシュです。


スイングのことで質問がありましたら是非ショップにお立ち寄りください。

飛ぶことと曲がらぬこと

ゴルフの醍醐味のひとつはドラコンに代表されるドライバーショットの飛距離です。

ほとんどのゴルファーが気持ちだけは一メートルでも遠く、

正確に飛ばしたいという永遠のテーマに挑戦しているのですが、

反復性のある「飛んで曲がらないショット」を打つための練習に

取り組んでいるゴルファーは意外に少ないように思います。


ゴルファーがドライバーを選ぶ重要なファクターは

「飛距離性能」であることを知っているメーカーは

前モデルを「最高傑作」と販売していたことなどどこ吹く風で

「旧モデルより10%の飛距離アップ」と毎年同じ宣伝文句で

ドラコン用ドライバーを売り出します。


「飛ぶ」ことと「曲がらない」ことは相反する要素です。

飛ばすことを生業にしているアメリカのドラコン軍団から、

賞金を稼ぐことを生業にしているPGAツアーに参加できる

プレーヤーがいないことで両立が難しいことが実証されています。

クラブフィッティングでは、長尺にするなどスペックで飛距離性能をだけを高めると、

方向性や正確性の大きなマイナス要因になります。

プロのドラコン選手は3 発中1発の勝負ですが、

普段より広いフェアウェーに一球も打てない選手のほうが多く、

その後ラウンドするわけではありません。

もしラウンドしてもギャラリーがついて行くことはないでしょう。

飛ばすために必要なパワーだけを鍛えた選手の筋肉が、

繊細で正確なコントロールショットでギャラリーを唸らせるはず がないのです。

分業制が確立されたアメリカならではのショー要素の高い

「ゴルファーの夢」を形にした職業なのだと思います。


私のレッスンを受けた方で「もっとゆっくり振りましょう」という

言葉を聞いた方はいないと思います。

いつも良いリズムとタイミングで打っている生徒さんが

「コースでは 思うように打てない」ということで

コースレッスンに行ったのですが、スタートホールで原因がわかりました。

「いつもと違いますね、なぜそんなにゆっくり振るのですか?」と聞くと

「前回一緒に回った友人とキャディーさんにもっとゆっくりと言われたので」と生徒さん

たぶんゴルフなどしたことがない、キャディーさんの言うことにまで

耳を傾けてしまうとは、溺れる者はわらをも掴むの心持ちだったのでしょう。


ほとんどのゴルファーは雑誌のレッスン記事などで

「ゆっくり」振らなければならないと脅迫的に思い込まされています。

しかしリズムとタイミングの良い「スムーズなスイング」と

考えすぎの「ゆっくりしたスイング」は根本的に全く別のものです。


ゆっくりと時間をかけてスイングすることは、

意識でスイングをコントロールする部分を増やしてしまい、

ヘッドスピードを上げるためには不必要な力ばかりが強調され、

効率の悪いスイングになってしまいます。

 

テレビで映し出されるプロゴルファーのスイングに合わせて一緒に動いてみてください。

ゆっくりスイングしているように見えるプロが、

いかに速くスイングしているのか理解できると思います。


ラウンド中、林に打ち込み無理をして大たたきをする方を見かけます。

まずは横か後ろで、広く開いているところで

次のショットが打ちやすい地点に出すことです。

出来れば次のショットで確信のある距離を残すようにすることだと思いますが

ピンとボールを結んで木の間の狭い隙間の最短距離を狙って、

なかなか林から脱出できずに大たたきするゴルファーを見かけます。


「どこを狙ったんですか?」「そこの木とあの木と間を狙って

池を越えてグリーンに乗せるつもりで打ったんだけど、

ほかの木に当たっちゃってOBなんてまいったナー」

まさか読者の皆さんにそんな欲深いゴルファーはいないことを願いますが。


「ところで先ほど狙っていたあれぐらい(40〜50センチ)の隙間を

打ち抜く練習をしたことはありますか?」と聞くと

「練習したことはありません、この前はうまくいったんです」と答えが返ってきました。

練習をしていれば打つ前に脱出するための計画を立て、

クラブを選択し、脱出のために必要な弾道を素振りでイメージする

という手順で比較的冷静にプレーできるものです。


しかし練習をしたことがないショットをいきなりコースで打つ事は、

試験勉強をしないでテストを受けるようなもので、結果は打つ前から明らかです。

林に入って大たたきしないためには、ハーフスイングしたとき

大体どれぐらいの高さで何ヤードのキャリーが出て、

何ヤードのランが出るのか、ロフトの違いで打ち出し角度が

どれくらい変わるかなどを練習でチェックします、

次に実戦で何度か試すことでイメージが明確に描けるようになります。

プロゴルファーは練習をしたこと のないショットを、

いきなりトーナメントで試すような無謀なことは決してしません。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.