Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■8月1日 ルール変更
■7月15日 ホスピタリティ
■7月1日 P・ミケルソンの奇行
■6月15日 本番力
■6月1日 ツアーの今後
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム

アーカイブ
■November 2018 (5)
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

スイングプレーン

2本の赤い斜めのラインは、シャフトラインとボールと肩を結んだラインで、

この2本の間をスイングプレーンと考えてください。

トッププロはスイング中、両手とクラブヘッドがこの2本の間におさまります。


D・トムスの体幹とシャフトラインは95度と理想的な前傾角度になっています。

両腕を一番楽なポジションにセットし、肩とつま先を結んだ青ラインに

グリップエンドが重なっています。

最近のドライバーはライ角度がアップライト過ぎるため、

手の位置が高くなりシャフトラインが上がり

スイングプレーンが狭くなりミート率が下がっているゴルファーが増えています。

バックスイングで前傾角度を保ち、ヘッドはアドレス時の肩のライン上に上がっています

このタイプのプロはダウンスイングでヘッドを下の赤いラインから戻してきます。


反対に下のライン上に上げて上のラインから戻すプロもいますし、

常に2本の線の真ん中をヘッドが動くプロもいます、

しかしこの2本線をはみ出すプロは少数で、メジャーチャンピオンはいません。

インパクトでも前傾角度が保たれているのがわかります。

スイング中、体幹とボールとの距離を保つことがミート率をあげミスヒットを防ぎます。

「ボールを良く見て」では説明不足だと思います

見ることが重要なのではなく、体幹とボールとの距離を感じて

前傾を保ちながらスイングすることが重要です。


スイング中、同じ目線でボールを見続けることで、

ボールとの距離感を感じやすくなります

一生懸命ボールを見ようと頭が下がりすぎると、上下動が発生します。


「インパクトはアドレスの再現」というセオリーを

聞いたことがあるゴルファーも多いと思います。

⑤と⑦の2枚の写真を比べてください、

インパクトでは肩のラインはアドレスと同じですが、

両方のお尻は完全に見えています、

当然おへそは飛球線に向いています。


前回の連続写真③の右股関節が緑のスイング軸のラインまで、

押し込むように回転した結果です。

切り返すことで下半身から順にリリースが発生し、

先に動き出 した腰は回転速度を弱め、

肩は腰に追いつこうと回転速度が急激に上がり、

発生したパワーは下半身から上半身、両腕、クラブヘッドと伝わり

ボールに大きなエネルギーを与えることになります。

彼女は日本の女子プロですが、バックスイングのヘッドポジションが

背中側に回りこみすぎ、オンプレーンになっていません、

D・トムスの画像⑥と比較してみれば歴然です。


最近のゴルファーに多く見られる傾向のひとつですが、

これはクラブメーカーがドライバーだけを長くしてしまった弊害です。


コンピューターシュミレーションやスイングロボットのデータでは

軽く、長尺のほうがヘッドスピードは上がります

しかし人間には感性がありゴルファーは 「振り難さ」を感じるものですが、

そのことは伝えず、魅力的な「最大飛距離」だけをコンセプトに販売しています。

元々各番手ごとの長さはハーフインチ刻み で変化していました

長尺の登場でドライバーだけがクラブセットの中で極端に長くなり、

必然的にボールから遠く離れるアドレスになり

インサイドに引きすぎるゴルファーが増えています。

「3番ウッドのほうが飛ぶように感じる」ゴルファーが多いのは当然の結果です。

カスタムメイドの場合、クラブの長さは地面から左手首の高さで決めていました

175cmの私の身長で43インチが適正な長さになります。

チタンやカーボンシャフト等の新素材の登場で軽量化が可能になり

長尺が登場したのですが、20年前のパーシモンヘッドドライバーの長さが

現在の3番ウッドの長さです。

ドライバーに比べてボールに近くアドレスできる3番ウッドが

パーシモン時代からプレーしているゴルファーに

安心感と振りやすさを感じさせてくれるのです。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.