Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

クラブスペックのポイント

今回はクラブ選びに重要なポイントを説明します、次回の買い替えの参考にしてください。
始めにしなくてはいけないのが現在使用中のクラブを測定することです。
総重量、長さ、バランス、振動数、ロフト角、ライ角をすべて測定しましょう。
測ってみたら分かりますが、カタログに掲載されている数値とかなりズレがあります。

メーカーは公差と称していますが、許される範囲を超えているクラブが多いのも事実です。
不思議なことですが、正確な距離を刻むことが使命なはずのアイアンでも売れるクラブに仕立てるには「あのアイアンは飛ぶ」とうわさを立てる必要があること をメーカーは知っています。近年は5番アイアンで26度程度に落ち着いていたのですが、ここにきて24度のストロングロフトが登場しています。
必然的にロングアイアンの番手間のロフトピッチが詰ってきます、番手間のロフト差が少なくなりオプション扱いの3I(20度)4I(22度)と差が2度し かないのです、ここで公差と称する誤差が問題になります、4Iが1度寝て5Iが1度立った場合ともに23度のクラブになります。
長さの違う同じロフトのクラブで距離を打ち分けことを強いられる事になります。

私のショップで測定するとロフトはまだ良い方で、ライ角に至っては番手間で0.5度ピッチにカタログ上はなっているはずが、角度が逆転していたり、統一性のないライ角になっているセットを多く見かけます。
すべての工程を中国で行なうようになり品質管理が徹底されていないからだと思います。
パターを除く13本すべてに統一感ないし一定の流れがあるセットにするべきです。
測定値をグラフにして緩やかな曲線が描ければ、13本のクラブが調和していることになります。よくあるのですがドライバーとフェアウェーウッドを、メー カーが違うクラブをセッティングしたため、グラフ上のラインがバラついている場合、プレー時に違和感や振りにくさを感じることになります。

次に使用中のクラブと試打用クラブでボールスピードと打ち出し角度、スピン量等を測定します。ヘッドスピードを測定するには実際に動くヘッドのスピードを 計るより、打ち出されたボールの初速から割り出す場合がほとんどです。初速が安定していて振りやすい総重量を探し出しましょう。総重量はヘッド、シャフ ト、グリップを合わせた重量ですが、ドライバーのヘッド重量は195g前後でグリップは50g前後です、5番アイアンの場合ヘッドが250g前後でグリッ プが50g前後とほとんどのメーカーに大きな差はありません。総重量の違いはシャフト重量の違いによって生まれるのです。
リズムやスイングテンポが崩れればタイミングや打点にズレが生じます。
スイングタイミングの鍵を握るのがクラブ全体の慣性モーメントになります。

慣性モーメントっていったい何なのでしょうか。「慣性」というのは、ニュートンの運動の法則で出てくる、「そのままでいたい」という非常に保守的な法則な のです。回転する物体についても、同様に、回り始めたらずっとそのまま回っていたい。また逆に止まっているものは回されても回りたくない!といった、わが ままな性質があります。 カラオケに誘っても全然乗り気でないような顔をしているくせに、行って歌い始めるとやめさせるのが大変!こんな感じの法則です。回しにくい物体は、確かに 回すまでは大変なのですが、一度回り始めると、いつまでも回っていたい、という性質を持っています。これが「慣性モーメントが大きい」という意味なので す。

ウッドクラブの場合、重心はヘッドの中心付近にあります。インパクトという非常に短い時間の中で、ものすごく大きな力を受けたヘッドは、シャフトのしなり やグリップの柔らかさなども関係し、あたかも重心を中心に回転するような動きをすることがあるのです。ボールを芯でとらえた場合は、このようなヘッドの回 転が起きないのですが、芯をはずしてトゥーやヒールに当たった場合などは、ヘッドが回転運動をすることがあります。クラブヘッドの端の方にボールが当た り、ヘッドを回転させようとする力が加わる訳です。
木製のクラブの様に慣性モーメントが小さいクラブはすぐ回転してしまい、チタンウッドのように慣性モーメントが大きいクラブは回転しにくいという性質があります。
慣性モーメントが大きいクラブは曲がりにくいというのは、このためです。長いクラブ、重いクラブは慣性モーメントが大きくなりますが、重過ぎるクラブではヘッドスピードが落ちダフリが多く出ます。
反対に軽すぎるとダウンスイングで手が先行してヘッドが遅れ、体が浮きやすくフェースの開いたインパクトになりプッシュスライスやトップが出やすくなります。

いろいろな総重量のクラブを試打して、初速が安定していて振りやすい、自分のスイングや体力に合った総重量を決めることがクラブ選びのスタートラインになります。

間違いだらけの?

新年あけましておめでとうございます

このコラムも早いもので35回目になります

2007年の新製品がそろそろ話題になってきています。

このコラムが読者の皆様のクラブ選びの手助けになればと思います。

30年前に徳大寺有恒氏が出版した「間違いだらけの車選び」という本を

カーマニアの方ならご存知かと思います。

国産車と輸入車の差異を日本と欧米では車文 化が違うという視点から論じ、

歯に衣着せない鋭い批評は説得力がありました、

たとえば『コロナ=平凡さがとりえだが、エンジンが弱いのが泣きどころ/

カ ローラ=可もなく不可もないクルマの代表/

セドリック=俗悪趣味の傑作車/

バイオレット=こんなクルマでも買う人がいるから不思議/

シビック=見せかけだけの新しさではすぐ飽きがくる/

ファミリアプレスト=古くさいだけだ』なんとも痛快な切り口ですね。

業界内の仁義を無視するような本を出版したことに対し、

当時の自動車業界からの反発は非常に大きかったようです、

そして「この徳大寺という人物は自動車ジャーナリズムの世界から追放しよう」という

声まで聞こえてくるようになっていたそうです。

2006年の1月に「間違いだらけの車選び最終版」が発売されました

30年も続いていたことは知りませんでしたが、

私も新車を買う時には必ず読んで参考にしていました。


徳大寺氏の本のタイトルをそっくりまねした

クラブ選びの本が毎年出版されています。

あるプロゴルファーがヘッドスピード別、

スイング軌道別、フェースの向き別に合計45パターンで打ち分け

10項目を10点満点で採点して評価しているのですが、

データを取り評価するとなると、1パターン最低5球から10球の

試打が必要ではないでしょうか。

1モデル45パターンで試打すると225〜450球 となり、

100モデルでは22,500〜45,000球の試打が必要になります。

なんとも時間のかかる大仕事で私ならとてもする気になりません。

一番の問題点は「日本カー・オブ・ザ・イヤー」のような

「ゴルフクラブ・オブ・ザ・イヤー」を決定していることです。

選ばれたメーカーは受賞したことを、ゴルフ雑誌やスポーツ新聞の広告で

すごい快挙を成し遂げたかのようにアピールします。


この賞を決めているのはたった一人のプロゴルファーです

誠心誠意テストしているとしても

「年間グランプリ」にどんな意味があるのでしょうか。

日本に根付いているメーカーとマスコミの癒着や、

いろいろな思惑が絡み合った裏取引の可能性も

否定できないのではないでしょうか。

メーカーは「年間グランプリ=名器」をアピールしますが、

たとえどんな名器でも、使うゴルファーにとっては

最悪のクラブになることも多いのです。

「間違いだらけ」の本家本元の徳大寺氏は著書のなかで

「カー・オブ・ザ・イヤー」を選ぶことはしていません。


まず自分の価値観を述べ、この車はこんな価値観を持っている人に

乗って欲しいと結論づけています。

すべての人に合う最優秀の車もゴルフクラブもあるはずがないのです。

どんなクラブも、慣れてしまえばそれなりに打てるものです。

しかし、たまに他人のクラ ブを借りて打ってみると、

なんと良く飛びしかも曲がらない、ということがままあり

ーカーの派手な広告や評判を鵜呑みにして、

間違った買い物をしたことに 気付くのではないでしょうか。


そしてまた自分にあったクラブ探しをはじめた時に

見聞きしたインパクトの強い情報を信じて

安易に買い換えてはいませんか。

メーカーはクラブスペックの公開に積極的ではありません

クラブに張ってあるシールには

長さとロフト角が表記されている程度で

細かいスペックをカタログに載せていないメーカーもたくさんあります。

パソコンの場合はメモリーやCPU処理能力等のデータをみれば

大体の性能は判断できます。

もちろん世界統一の基準に基づいた表記になっています。


しかしゴルフクラブには長さの計り方、

シャフトの硬さなど大事なデータに統一基準がありません。


すべてのメーカーの測定基準が違うため、

A社のSシャフトよりB社のRシャフトのほうが硬いということが起こるのです。

メーカーの派手な広告には「このクラブはこんなゴルファーに合っていて、

こんなゴルファーには合いません」とは絶対に書いてありません。


メーカーは「こんなゴルファーが使うだろう」と考えて

クラブを開発するのですが、いざ販売するとなると

購買者が限定されるのを嫌って、

対象ゴルファーを曖昧にする傾向があります。

自分に合ったやさしいクラブ、ゴルフが楽しめるクラブを探すためには、

クラブの性能を決める基本的なスペックを知る必要があります。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.