Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

全米オープン

今年で107回目を迎えた全米オープンが終わりました。
会場のオークモントCCは、過去7回の全米オープンを開催しており、今年で8回目という、最多開催回数を誇ります。
難易度が高いことで有名なコースですが、今年は今までにも増して難易度が高く、8番のパー3は、288ヤードというロングパー3になり、12番のパー5は667ヤードになっていました。

ラフの長さも3種類で、一番長く絡みつくラフは13cmもありました。狭いフェアゥエイ・長く、厳しいラフ。
固く、早いグリーンと、全米オープンらしいセッティングで、戦前の予想通り?の難コースはテレビで見ている以上に難しく、日を追う毎にグリーンは乾き、よ り早く、固くなり、大きなアンジュレーションの近くにカップが切られたホールでは、読み違えた選手がカップを大きく外す場面も見られました。
さすがに「全米オープン」ゴルフの技術だけでなく、精神力も試される、そんなトーナメントがメジャーなのかもしれません。

会場のオークモントCCは、1903年、“鉄”で財をなしたビジネスマンMr・Fownesが「もっとゴルファーに厳しいゴルフ場を造ろう。ミスショットにはそれなりの罰が与えられるコースを作りたい」というコンセプトでこのゴルフ場が生まれたのです。
アルゲニー川沿いの丘陵に作られたリンクス調のコースは高低差が20メートル以上もあります。

オープン当初、350個あったバンカーの数は、一時期180個までに減ったのですが今年の全米オープンのために210個に増やしました。また、このオープ ンのために5,000本以上の木を伐採し、オリジナルのデザインに近づけるとともに、運営上のスペースを確保したそうです。
100年以上も前に、現代に通用するコースを設計したのですから、その先見の明というか、Mr・Fownesのセンスには敬意を表するしかありません。

過去41回のメジャーに出場、12勝を挙げているタイガーですが、最終日に逆転で優勝したケースはありません。
そして、今年もその“ジンクス”を破ることができなかったのです。優勝したのはアルゼンチンの37歳、そのユーモラスな歩き方からエルパト(あひる)のニックネームを持つA.カブレラでした。最終日は1アンダーでプレーし、トータル、5オーバーでフィニッシュ。
後続のプレーを待つ展開でした。

タイガーの18番のバーディパットが惜しくもカップの横を抜けた瞬間、4年連続でアメリカ人以外の全米オープンチャンピオンが誕生したのです。

アルゼンチンのゴルフ場でキャディをしながらプロになり、1990年から欧州ツアーを中心に活躍し、3勝を挙げていますが、メジャーのタイトルはもちろんはじめてです。
毎年、イーブンパーを優勝スコアと想定して難コースを準備するこの大会。
精度を求め、パー4の1打目をアイアンで打つ選手が目立ちましたが、カブレラは「ドライバーを何回使ったかは覚えていない。ただ、使える時はすべて使った」と振り返っています。

大会期間中の平均飛距離は全選手中1位の310.9ヤード。11位のウッズ(302.1ヤード)を上回りました、フェアウエーキープ率は48位(48%) と低いのですが、逆にパーオン率は3位(65%)となっています。 深いラフに入れたとしても、残り距離が短ければグリーンに乗せられる確率も高いという、彼なりの戦略があったのです。

カブレラの勝因は「思い切りの良さ」です。もちろん、今大会のドライビングディスタンス1位という飛距離でのアドバンテージもあります。しかし、それを上 回る強気の攻めが4日間で13個ものバーディーを呼び込んだのです。最終日の終盤連続ボギーを叩きましたが、それまでに貯金を作り、先にホールアウトした ことが勝因でした。

今大会、好スコアを叩き出した選手はいずれも「思い切りの良さ」が目立っていました。飛ばし屋で優勝争いに加わったバッバ・ワトソン、2日目に4アンダーをマークしたポール・ケーシーそして2日目、3日目にイーブンパーでラウンドし首位に立ったアーロン・バデリー。

その中でカブレラが優勝できたのは、最終日に「思い切りの良いプレー」ができたからです。 カブレラに1打届かず2位に終わったタイガー・ウッズは、最終日の最終ホールから数えて31ホールでたった一個のバーディーしか取れなかったのです。
そんな流れの中で最終ホールまで勝敗に絡んでくるのはさすがです。

それにしても次から次にお馬鹿な日本のマスコミです。TBSがヘリを飛ばしてゴルフ競技の邪魔をしたり、盗聴マイクをつけようとしたり、何とかという女子アナの手紙を競技中に渡そうとしたり、なんとも情けないマスコミによる事件が起きたばかりです。
今度は事もあろうに、全米オープンゴルフの2日前の公式会見場で起きました。この会見でテレビ朝日の記者がタイガー・ウッズに「ハニカミ王子」こと石川遼 君について質問してしまったのです。それも内容がひどすぎました。タイガー・ウッズには「彼について知っているか」と聞き、場内は失笑と場違いな質問に呆 れている事には気付かず、ミケルソンにまで「石川君にメッセージを」とやってしまったのです。

どうしてこの会見場での質問なのか?彼らは冷たい場の雰囲気には気付かなかったようです。

開いた口が塞がらないというか、これほどに日本のマスコミのレベルが低いは思いませんでした。

シャフトの硬さ「常識のウソ」

シャフトの硬さが合っていないと、ボールが左右に曲がるとよく言われています。
アマチュアの常識では、シャフトは硬い方がボールは右に飛びやすいが曲がりにくい、軟らかいとボールは左につかまると思っている人が多いようです。
これは全部「常識のウソ」です。

スイングロボットなどの機械が打つと、軟らかいシャフトは基本的にボールが上がって右に行きます。
逆に硬いシャフトは、ボールが上がりづらくなって左に行きやすいのです。
シャフトはしなってからしなり戻りますが、硬いシャフトはしなる量が少なくて、しなり戻りのスピードが速く、軟らかいシャフトはしなるスピードがゆっくりで、しなり戻りが遅いからフェイスが開いたまま当たりやすいのです。
そして、開いたまま当たるからロフトが増えて、ボールが上がりやすいし、右へ出やすいのです。
硬いシャフトは早くしなり戻るので、フェイスが被りやすい。被るということは、ロフトが減って左に 向きやすいので、ボールが上がりづらくなって左へ行きやすくなる。
シャフトを機械的に上手く振ったことが前提の結果ですが、そうならない人というのはシャフトが上手く使えてないだけでなく、「常識のウソ」の先入観念が引き起こすスイングにも問題がある可能性が高いと思います。

シャフト交換で自分にあったシャフトを決めるには、同じロフトのヘッドでシャフトの硬さの違いを試打してみることをお勧めします。私のスタジオにはシャフ トを重量別と硬さ別にデモクラブをラインアップしてありますし、インパクトの瞬間を高速度カメラでとらえることも可能です。
いろんなシャフトを試してもらうことも大事ですが、硬さによってどういうスイングになっているかを見ないとフィッティングを失敗してしまいます。
シャフトが硬いと一番弾道に影響するのはボールの高さです。同じスイングをした場合、シャフトが硬いほどボールは低く打ち出されて、軟らかいシャフトほどボールは高く打ち出されます。
何故かというと、シャフトはシャフトの延長線より右後方に位置するクラブヘッドの重心に向かってしなります、そのため軟らかいシャフトほどロフトが増えてボールが上がりやすいのです。

硬いシャフトと軟らかいシャフト、どちらが合うかというのは一般的にはヘッドスピードで決めますが、上手く打っているのにボールが低い場合はシャフトが硬い可能性があります。(ロフトはある程度正しいものを使っている事が前提)

打出し方向がバラつく人の場合は、シャフトの硬さが合ってないのです。
硬すぎるシャフトの場合、右に高いボールは結果として 絶対出ません。軟らかいシャフトは右に低いボールは出づらく。左方向へは高いボールも低いボールも両方でます。
では何故「常識のウソ」がまかり通っているかと言うと、有名メーカーのドライバーに標準装着されているやわらかい軽量シャフトは、ほとんどが元調子です。
これは販売価格を下げるために、使用するカーボンシートの弾性率が20トンと低く、軽量化のために使用する量を抑えなくてはいけないからです。
少ない材料では手元側に充分な硬さが出せません、当然しなり量も増えます。メーカーの標準装着用シャフトに硬さや弾き感を出すためには、材料をたくさん使用する必要があるため、シャフトが肉厚になり結果として重くなります。
軽いカーボンシャフトなら操作しやすく左にも打てますが、重いスチールシャフトをスイングすると右に飛びます。
つまり軽いシャフトはやわらかく、重いシャフトは硬かった時代の重さによる弾道の変化を、シャフト硬度が原因であるかのようにすり替えてしまった誤解から生まれた「常識のウソ」なのです。

シャフトが硬いと打ち出しが左に行きやすいもうひとつの理由は、硬いシャフトをしならせようとして力むからです。
力むと体というのは開く方向へ動きます。
体が開くと基本的に打出し方向が左にいきやすくなります。
体が開いてボールがつかまってしまうと左に低いボールが出ますし、つかまらなかった場合はこすって左に打ち出してから強烈にスライスするボールが出てしまいます。
適性シャフト硬度を見つけだすには、打出し方向を見るということが役に立ちます。
合わせてスイングをビデオ撮影してヘッドの入射角度とスイングプレーンをチェックすることをお勧めします。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.