Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■8月1日 ルール変更
■7月15日 ホスピタリティ
■7月1日 P・ミケルソンの奇行
■6月15日 本番力
■6月1日 ツアーの今後
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム

アーカイブ
■November 2018 (5)
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

コースランキング

なかなか世界的なプレーヤーが育たない日本。ゴルフコースのレイアウトも大きな関係があるように思います。どのホールもフェアウェイ中央を狙い、限りなくボールを飛ばすことにより、好結果が得られるような単調なコースがお好きですか?

日本の利益最優先のシステムとそのためのコースが、ゴルフの持つ本来の楽しさを後回しにしてきてしまったのです。A、B、Cとコースにランクを付けたとき、日本のコースでは残念ながら90%以上はBランクに位置づけられると思います。
日本独自のローカルルールも考え物です。どこでも6インチプレースや山岳コースに多く見られる「前進4打」はルール上違反となります。
ハーフ終了時点での昼食も「不当の遅延」に相当し、競技ルールでは失格です。英国で発祥したゴルフ規則は、日本の土地事情を考慮されて作られたものではなく、もちろんレストランの売り上げを考えて作られたルールではありません。
自然の風雨や自分のコンディション、リスクとチャレンジといったセッティングを自己の判断によって選択し、その結果に一喜一憂するのがゴルフの楽しみだと思います。
コースの基準や条件を考えずに、利益最優先のコースを造るよう依頼したオーナーサイドや請け負った設計者の責任も大きいのではないでしょうか。

プロゴルファーに眼を向けてみても、良いコースが少ない日本では世界と戦えるプレーヤーは生れてこないと思います。
人格を育成し、世界的プレーヤーを育てることが日本ゴルフ界の大命題ならば、ゴルフ関係者が一丸となって取り組むことが必要で、ゴルフ関連機関の責任も重大です。
他人事のように何もせず、事が起こってからあわてて改革を叫ぶようでは遅いのです。組織に新風を送る人事や活動をしなければ、日本のゴルフ界の明日は見えてきません。世界レベルで発展努力しなければ、世界で戦えるプロゴルファーは生まれてこないでしょう。

雑誌等に載っている「日本のコースランキング」は基準がないといっていいのではないでしょうか。知識の統一もなく、明確な基準ではなく、それでいてランキングが一人歩きしています。
そのために「権威のあるランキング」とはなりえていません。
いずれにしても、コース選定とランキングを決めるデータを明示することから始めなくてはなりません。
基準もなく選定するため、1位と30位の違いが分かりにくくなっています。基準づくりにおいても世界の基準で決めなければ意味が無く、外国から学び、納得できる基準から選定された時、日本のランキングも本物に近づくことが出来る様に思います。

米国のゴルフダイジェスト誌は、例年「米国ゴルフコース・ベスト100」を発表します。 
アメリカには、約1万6000コースがあると推定されています、その中から100コースを選び出すためには、”しっかりした基準”と”公平に、的確に評価できる選者”の二本柱が不可欠です。コース評価の基準は以下の7項目から評価されます。
①ショット・バリュー<SHOT VALUES> 
リスク(危険を冒す)とリウォード(危険への報酬)が、一つのホールの中で、どのように展開されるかという点。正確性、飛距離、デリケートなコントロールがどれ一つ誇張することなく、バランスよく要求されているか。
②スコアへの抵抗度<RESISTANCE TO SCORING>  チャンピョンシップ・ティーからスクラッチ・プレイヤーがプレイし、フェアでありながら、どれほど難しいか。
③デザイン・バランス<DESIGN BALANCE> 
距離、地形、ハザードの位置、グリーンの形状、アンジュレーションなどが変化豊かにコースを造りあげているか。
④メモラビリティ<MEMORABILITY>
各ホールに個性があり、しかも、1番から18番まで一貫した流れがあること。プレイ後、明確に各ホールが印象的であること。単調さを極力避けること。
⑤エスティックス<ESTHETICS>
景観の美しさが、ゴルフをより楽しいものにする
⑥コンディションニング<CONDITIONING>
評価するためにプレイした日の、ティー、フェアウェイ、グリーンなどの状態。
⑦伝統<TRADITION>
どのような歴史がつくられたか。公式競技を開催したか。コース設計はどのように寄与したか。ゴルフの起源、真髄を思い起こさせる雰囲気があるか。
各項目を10点(ショット・ヴァリューは20点)で、計80点満点となります。
現在、7項目合計80点のほかに、コースを歩けるかどうかに点数が加わります。いつでも歩ける場合は2点、制限時間つきで歩ける場合が1点です。ということで、満点は82点となり、それをもとに”米国ゴルフコース・ベスト100”が発表されるのです。

日本でも公平な人選をおこなって、カテゴリー別のコース評価ができるように努力してほしいものです。コースデザイナーに対抗してゴルファーは、考え、ア タックするのですが、力(距離)、コントロール(正確性)、精神的な力(計画性、戦略、忍耐力)および精緻性(デリケートなコントロール、微妙なスピン) などを数字で表現するのが、ショット・バリューです。
米国で発表された難易度上位コースのショット・バリューは、パイン・バレイ(9,10)シネコックヒルズ(8,58)ぺブルビーチ(8,54)ウィングド フット・ウェスト(8.49)サイプレス・ポイント(8,45)となります。コースをこのように数字で表現するには、まずホールとして、ティーショットか らはじまり、グリーンまでを場面に分けて点をつけるのです。
ティーショットの距離(例えば280ヤードのキャリー)と正確性(フェアウェイの幅30ヤード、しかも起伏がある)、この両方とも要求がきびしければ、グ リーン周辺の守備や起伏は、寛大であるべきだといったようになります。造成時には、設計者がバランスを考えながら、ショット・バリューをどのようにもたせ るかを決断していくのです。
コースが完成し、レーディングを測る時には、風の強さ、方向や地面の固さなどによって、ショット・バリューが変わってきます。
グリーンだけでもショット・バリューの変化はあります。グリーンのスピード、固さ、起伏によって数字が変わるのです。
グリーン周辺では、ほとんど平らなチッピング・エリアから、平らなグリーンへのショットはバリューが低くなり、グリーンの起伏が強く、しかもバンカー越えで、ダウンスロープからのショットとなるとショット・バリューはかなり高くなります。
グリーン周囲だけで1〜3ポイントほどの差がでてくることになります。

各ホールがお互いに関連し合って、各ホールに変化があるほうが「楽しく、飽きのこない」18ホールということになります。
ゴルフクラブ販売に代表される、エンドユーザーを無視した「利益最優先」の日本のゴルフ業界では、世界レベルの環境作りは難しいのかもしれません。

タイガー引退説

左ひざの靱帯(じんたい)を治す手術を受けるため、タイガー・ウッズ(米国)が今季の残り試合をすべて欠場することになり ました。タイガーは4月15日に左ひざの軟骨部分や靱帯の手術を受け、復帰戦となった全米オープンで19ホールのプレーオフの末に優勝。左膝の痛みをこら えながら91ホールを戦い抜いたことは素晴らしいことです。
どれほどの痛さだったのか?それはタイガー本人にしか分からないことです。
敗れたロコ・メディエイトはカメラの前やギャラリーの前ではとても陽気な態度で好感が持てました。同年代の中年ゴルファーはロッコに勝って欲しいと応援していたと思います。
2年前のマスターズ最終日、前半で首位に立ったロコ。持病の腰痛が最終日の朝に悪化し、ドクターの処置を受けてラウンドに臨んだものの、9番ホールで激痛に襲われ、そこから先はどうにもならなくなり80を叩いて36位に終ったのです。
天国から地獄への屈辱感と情けなさを、嫌というほど思い知らされたメジャーだったはずです。今回は彼にメジャー勝利の味を噛み締めてほしいと応援していま したが、惜しくも敗れてしまいました。試合後のインタビューで「私のすべて持っているものを出せました。すべてです。タイガーは最後でしっかり決めてきま した。凄いと思います。何回かミスパットはありました。9番は読み違いで、そのあと流れが変わりました。15番でパットを入れた後は勝てると思いました。 ここまでトーナメントで優勝したことはありましたが、このような大きな舞台ではありません。タイガーが相手でも、世界中のみんなが見ている中でも自分のプ レーができたと思います。私自身学んだことは、あきらめてはいけないということです。これまで何回も挫折した事もありましたが、カムバックをして成功しま した。今回は世界トップの選手をやっつけるチャンスでしたが、少し届かなかったようです。しかし彼は、少し私のことを怖がってくれたと思います。最後に彼 は「いい戦いだった」と話してくれて、私にとって少し気持ちが和らぎました。」と語りました。

勝ったタイガーは「この試合がこれまでの「greatest」だと思います。いろいろな出来事がありましたが、実際のところどのようにして優勝できたのか がわからないほどです。長い一週間でした。自分自身を疑うときもありました。たくさんの問題を乗り越えて、91ホール消化してこの場に立つことができまし た。 今回の優勝と一番初めのメジャー(1997年マスターズ)が印象に1番残ります。手術のためマスターズ以来、18ホールを歩いてプレーしたのが(今年の全 米オープンの)第1ラウンドまでありませんでしたから、本当にどんな試合になるかわかりませんでした。ロコは本当にいい人です。私がツアー1年目のときか ら信じられないぐらい良くしてくれて、私にとってとてもいい友人です。忘れてはいけないのが、ここ数年体調を崩していて背中を痛めていたんです。ガッツの あるパフォーマンスだったと思います。私に一日中プレッシャーをかけていました。一週間いいプレーを続けていましたし、今日は本当にいい友人との戦いでし た。膝の状態はこれ以上プレーできる感じはありません。一つ言えることは、この全体の雰囲気のおかげでプレーを続けることができたのです。たくさんの人々 が声援を送ってくれました。そんな人の前で途中棄権をするわけにはいきませんでした。」と語っています。

タイガーの再手術は4月の内視鏡手術より規模の大きなものになるようです。昨年末から靭帯を痛め、全米オープン前には2箇所の疲労骨折まで伴っていたというのですから驚きです。今、タイガー引退説がアメリカのゴルフ界で浮上しています。
体の左サイドはインパクトからフォローにかけて、体全体を支える重要な役割を担っています。タイガーのスイングは強靭な腹筋と背筋で上体の浮き上がりを押 さえ、左ひざを伸ばしながらインパクトを迎えます。バックスイングで沈み込み、インパクトでジャンプするような動きでヘッドスピードを上げ、豪快なショッ トを打っていたのです。
当然左膝に負担のかかるスイングだった訳で、手術後同じスイングが出来るかは難しい問題です。それでもメジャーに勝てるだけの力は残るでしょう。
しかし、それは他の選手たちと横一線ぐらいの力にしかならないかもしれません。

「王者タイガー」は、そんな姿をファンに見せたくないと考えるのではないでしょうか。
一番気になるのは、どうしてタイガーは今回の全米オープンで、あそこまで無理を押して戦い続けたのかという点です。無理を続けたことで、さらに悪化し、とり返しがつかないところまで行ってしまうかもしれないという危惧はあったはずです。
それでも戦い続けたのはこれが「最後のメジャー・最後の試合」と考えていたからなのかもしれません。引退への花道をメジャー勝利で飾りたいと願うのは当然でしょう。

さらに気になるのは、タイガーが今回の全米オープンを「The greatest」と表現したことです。これまでは常に「great」だったのに、今回は「greatest」だったのです。これは何を示唆しているので しょうか?そう考えると、どうしても「引退」の2文字が浮上してきてしまいます。
アニカ・ソレンスタムは、今シーズンいっぱいでツアーから引退すると宣言しました。自分のプレーが出来なくなって、落ちて去っていくよりも、元女王としての最後の意地とプライドを見せてから去ろうと決意したのではないでしょうか。
アニカとタイガーは以前からお互いを認め合う大の仲良しです。何か運命的なものを感じるのは私だけでしょうか。「王者タイガー」のまま引退となると、ゴルフ界に与える衝撃は多大なものとなるでしょう。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.