Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

女王の決断

今季メジャー最終戦、リコー全英女子オープンで、今季限りでの引退を表明したアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)が現役最後のメジャー大会に臨みました。
大会前「とても感傷的になっている。でも、もう決めたことだから」と惜別の思いを寂しげに語り、大会前の記者会見では「引退」の2文字は口にしようとしま せんでした。復帰の可能性は否定しつつも「ドアは決して閉じていない。それがその言葉を口にしない理由」と語り、ゴルフへの思いと、自ら下した決断とのは ざまで揺れる女心ものぞかせていました。
ひざの手術で休養中のタイガー・ウッズ(米国)からは、「心安らかに引退を迎えることができるなら、何よりだ」と、言葉をかけられたことも明かしました。
通算72勝を挙げ、米ツアーで8度の賞金女王に輝いたアニカが突然の引退を表明したのは2位に7打差をつけ圧勝をした、5月のミケロブウルトラオープンが終ったあとの記者会見でした。
「難しくて勇気のいる決断だったけど、私は今年限りで試合から引退する」と発表したのです。昨年苦しんだ背中や首の痛みから復活し、5月上旬までに3勝を挙げたばかりで、周囲を驚かせたのです。
正式の引退記者会見は翌週の火曜日、サイベース・クラシックの会場で行なわれました。「私は自分で思っていた以上のことを成し遂げてきたと思う。何もかも が最高の時に辞めたいと前から思っていたの。怪我をしたり、不調になったりボロボロの状態で止めるのはいやです」さらに「トップを守ることはとてもつらい ことです、かなりの努力も必要になります。今はそれを維持するためのモチベーションがすこし減ってしまった気がします。気持ちが続かないのに、選手を続け ても意味が無いわ」と語りました。

アニカは12歳からゴルフを始め、アリゾナ大学留学中に世界アマチュア選手権で優勝。1993年プロ転向後、翌94年に米ツアー新人賞を獲得。更に翌年の95年には、ツアー3勝を獲得して賞金女王に輝きました。
2001年からの5年連続を含めて通算8度の賞金女王になり、女子プロゴルファーのトップに君臨したのです。しかし2006年は賞金ランキング3位に終わり、5年間守り通した女王の座をロレーナ・オチョアに明け渡しました。
2007年4月、椎間板ヘルニアを発症して1ヶ月のツアー離脱を強いられ賞金ランク25位に低迷。時を同じくアニカは悩みを抱えていました。
1997年1月に元ゴルフ用品メーカー社員デヴィッド・エッシュと結婚しましたが、不仲説が伝えられ2005年には離婚しています。さらに父親はガンと闘 病中でした。「ゴルフだけが自分の人生の目的なのだろうか?私にはもっと別の幸せもあるはず」そんな思いが彼女の胸中に芽生え「ゴルフ界でやるべきことは すべてやった。別の人生を選ぶなら、早く決断しなくては」と変わっていったのではないでしょうか。
「不調の時ではなく絶好調の時に辞めたい」その言葉通り、今年3勝した段階で彼女は勇気ある決断を下したのです。

今後アニカは何をするつもりなのでしょうか?フロリダにはアニカゴルフアカデミーがあり、またアニカ社ではゴルフ場の設計もしています。ウェブサイト、ゴ ルフ基金、トーナメントホステスと多忙です。しかし本当に彼女がしたいことは、来年1月に結婚式を挙げる予定になっているアニカ社の役員、マイク・マギー 氏と幸せな家庭を築くことではないでしょうか。
子供を生むにはぎりぎりの37歳という年齢が引退の最大の理由かもしれません。

アニカのスイングの特徴は、独特のルックアップに集約されます。必要以上に頭を残さず、左の軸に体重移動することで、フィニッシュは左足1本でしっかり 立っています。全体的に力みを抑えてボールを「潰す」イメージではなく「運ぶ」イメージでスイングするからこそ安定度、再現性も高いのです。
アニカのアイアンショットは距離感抜群でピンに絡んできます。
その理由のひとつにヘッドの入射角が安定していることがあげられます。必要以上に打ち込まず、ヘッドの最低通過地点を緩やかにし、ボールだけを捕まえて運 んでいくのです。右肩を下げすぎず、インパクト前後に左の軸に体重を乗せてスイングしています。すべてのクラブ共通のスイングテンポも強さの秘訣です。

「冷静沈着な女王」がピッタリのアニカですが、プロに転向した当初は自ら認める「引っ込み思案な性格」のために、なかなか勝つことができませんでした。
中心にいることが苦手で、試合中も常に人の視線が気になっていたといいます。このため、1995年に初めて全米女子オープンに優勝したときの周囲の騒ぎは アニカにとって、苦痛以外の何物でもありませんでした。連日押しかける報道陣によって精神的に追いつめられ、2か月ほどゴルフから遠ざかったこともあった そうです。
そんな彼女に闘う勇気を与えたのは、元スウェーデン・ゴルフ協会ヘッドコーチのピア・ニルソンでした。現在アメリカで活躍中の多くのスウェーデン女子プ レーヤーを育てた名コーチです。ピアの提唱する「ビジョン54」とは全ホールをバーディーで回ると72−18=54からきています。
これは決して不可能なことではなく「自分のプレーに集中することが大事」で「勝ち負けではなく自分の限界に挑戦する」ということを基本に、アニカはその才能を開花させることができたのです。
全英リコー女子オープンを含め、アニカは今季の残り試合を単なる感傷的なサヨナラパーティ代わりにするつもりはないはずで、出るからには勝利を目指すでしょう。
引退表明後に臨んだ全米女子プロ選手権、全米女子オープンでも、彼女のプレーぶりには必死さが感じられました。
全米女子オープン72ホール目の奇跡的なイーグルは、一生懸命にプレーしたアニカに神様が贈ったプレゼントだったのではないでしょうか。
かつての女王は「どの大会にも、いつもと同じ気持ちで臨む」ことの重要性を後輩たちに教えているかのようです。

全英女子オープンを征したのは韓国の申智愛でした。申は17歳でプロ転向。18歳で「韓国の慶応」と呼ばれる延世大学に入学。そして今も大学に通いながらプロツアー参戦を続けている「女子大生プロ」です。
昨年のタイランド・レディースオープンはグリーンバレーCCで開催されました。難コースにスコアを崩す選手が多い中、ただ一人アンダーパーで優勝したのが 彼女でした。その後韓国ツアーで18戦9勝と、勝率5割。今年の春に日本ツアーに参戦し、優勝。2位1回と実力を見せ付けています。

スウェーデン出身のアニカが活躍したおかげで世界中から才能のある選手たちが集まり、しのぎを削っている女子ツアー。
その選手たちは口をそろえて「アニカがいたから、私たちがここにいる。彼女がいつもモチベーション与えてくれた。彼女には心から感謝したい」と女王との別れを惜しみながら、彼女の幸せを祝福しています。

全英オープン

148年という世界最古の歴史を誇るスポーツの大会「全英オープン」がイングランドのロイヤル・バークデールで開催されま した。頂点に達したボールが、横風で30m近く流されるような強い風が吹き荒れていました。グリーンを早くするとボールが動き出してしまうため、本来ダブ ルカットにするところをシングルカットに変更するほどの、歩くのも大変そうな強風でした。
初参加の今田竜二を始め、日本勢の全員予選落ちは寂しいですが、ある意味、仕方ないと思います。比較してもしょうがないのですが、世界を舞台に戦っている選手達とは、経験や準備の差がはっきり出てしまいました。
日本人選手の場合は、今回のような条件で普段から練習することはありません。今回のような過酷な条件で上位に入るには、想像力や忍耐力だけで補えるものではありません。

ディフェンディング・チャンピオンのパドレイグ・ハリントンは前哨戦に2007年に続いて「アイルランドPGA選手権」に出場しました。昨年ハリントンは、祖国での大会でつけた勢いをカーヌスティまで保ち、見事「全英オープン」で初優勝しています。
今年も、去年と同じ準備を選択し連覇しました。しかしハリントンは「アイルランドPGA選手権」で優勝した後、右手首を痛めていたようです。練習日の15 日(火)はアウトの9ホールを回った後、インではフルスイングのショットを打たず、チップショットとパットだけを練習したそうです。
また、ハリトントンは症状が極端に悪化した場合は、土壇場で棄権する可能性を示唆していました。

「全英オープン」に向けて、選手達の準備方法は①「バークレイズ・スコットランド・オープン」②パドレイグ・ハリントンのように「アイルランドPGA選手 権」に出場すること③タイガー・ウッズが過去に行なったように、イギリスのリンクス・コースで練習することが挙げられます。「全英オープン」で優勝を目指 すなら、様々なリンクス・コースでプレーし、風の中や難しいライからのショット、そして、転がして寄せるアプローチに慣れる必要があるのです。

フィル・ミケルソンが「スコットランド・オープン」に出場し、ロイヤル・バークデールで練習ラウンドを3回行って本戦に臨んだことは、メジャーへの調整法を知り尽くしたミケルソンらしく、素晴らしいと思います。
アメリカでボールを上げて寄せるアプローチで成功を収めているミケルソンは、普段やらない転がすショットもマスターしないといけないことを知っているのです。弾道が高めのミケルソンは、低い球に慣れるための準備を選択したのです。

大会は3日目を終了し53歳のグレッグ・ノーマン(オーストラリア)が最年長優勝記録を果たすかが大きな見どころとなりました。
世界のツアーで86勝、タイガーが現れるまでは6年間(331週)世界ランキング1位でした。しかし、メジャーでは2位8回と不運が続いたのです。
86年の全米プロではボブ・トウェイのバンカーショットがカップインし、2位。87年のマスターズではラリー・マイズの奇跡のチップインバーディーに破れ2位。86年にはメジャー大会全てで3日目を終えてリードしていながら、全英オープンの1勝に終わっています。
96年には悲願のマスターズ制覇まであと一歩というところで自滅。最終日は6打差でスタートしていながら、終わってみれば78を叩き、ニック・ファルドに優勝をさらわれています。

最近はコースデザインやワイナリー等ビジネス界に転身。今回は彼自身が取締役会の会長を務める「マグレガーゴルフ社」のアイアンを使っていましたね。
2007年12月、元プロテニスプレーヤーで全仏オープン7勝を含む、4大大会シングルス通算18勝を挙げたクリス・エバートと結婚して話題になりました。
「彼女にテニスを教えてもらい、それがとても良いトレーニングになっている」と語っていました。何よりもテニスのメジャーを18勝している「エバート効果」は確実にあったはずです。
3日目を終了しノーマンは「勝ちたいという気持ちはもちろんあるが、その気持ちを受け止められるだけの肉体はもう私にはない。だから自分に対する期待は低 い。最終日は、これまでの3日間と同じような気持ちとルーティーンで臨むだけだ」と語っていまた。しかしそれが一番難しいことなのです。そうしたくてもそ うできず、さまざまな期待が重圧になって崩れるというのが、メジャー最終日によく起こる現象です。しかし、53歳になったノーマンなら、それができるかも しれないと応援していました。

最終日、スタートホールのティーグラウンドでの行動が、3日目までとは明らかに違っていました。ハリントンは迷わずアイアンを抜いたのに対して、ノーマンは一度抜いたドライバーをアイアンに変えました。さらにアドレスに入った後、何かを嫌って仕切り直したのです。

勝ちを意識した時に、以前のノーマンに戻ったように感じました。全盛期のノーマンは、記者たちからすると決して「好きな選手」ではなかったのです。記者は 何度も何度もコメントを拒否され、カメラマンは何度も何度も撮影を拒否されることがあり、かつてのノーマンを知るメディアの感情は「ノーマンには優勝して ほしくなかった」というのが本音ではなかったのかと思います。
昨年の全英の開幕前、「ナイスガイが勝つ」と語り、自分が勝ってしまい照れ笑いしたハリントンが今年もまた優勝。
本物のナイスガイなので、102年ぶりの欧州選手2連覇までしてしまったということなのでしょうか。
その記者たちのインタビューは「タイガー不在のメジャー」に終始し、選手達はうんざりしていたようです。
チャールズ・ハウエルⅢ世は「タイガーは世界・欧州・PGAツアーで、出場する全ての大会で優勝候補ですから、タイガー抜きのメジャーは格が下がると考え る人もいるでしょうが、タイガーがいなくても簡単に勝てるわけではありませんし、156人の精鋭全員にチャンスがあります。タイガーはきっと笑っているの ではないでしょうか」と答え、ジム・フューリックは「タイガーがいない大会で優勝と強調されることはないと思います。20年後に今年の大会を振り返ったと き、2008年に“全英オープン”を制した選手は誰で、あのときはタイガー・ウッズはいなかった、なんて誰も言いませんよ。そんな風に歴史に刻まれること はありません」と反論していました。

通算9オーバーとなったノーマンは、3位タイでホールアウトしました。2009年全英オープン開催地は、ターンベリーです。このコースは、ノーマンが 1986年にメジャー初制覇を飾ったコースです。見事な復活をみせたノーマン、来年こそ「エバート効果」で全英史上最年長優勝の記録を更新となるのか!?
今回欠場したタイガーは戻ってくるのでしょうか?
さらに2007年・2008年王者パドレイグ・ハリントンは、ピーター・トムソン以来53年ぶりとなる3連覇を達成できるのでしょうか?

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.