Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■3月1日コラム
■2月15日号コラム
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム

アーカイブ
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

クラブの重さVS腕の重さ

ゴルフスイングにおいて一番重要だと思うのはセットアップとグリップです。セットアップの怖いところは、ラウンド中に池や OBを避けようとして、無意識に頭の中で狙っている方向と実際に向いている方向がずれることです。それに伴いグリップもゴルファー自身が意識したわけでも ないのに、知らぬ間に変化してしまうことがよくあります。

人はやりやすいこと、慣れている方向に向かう悪い癖があります。このことはグリップにも当てはまります。何をやっても飛距離がでない・・・その原因はゴル フスイングではなくグリップであることが多いようです。せっかく意識して変えても、それが理解の上で「強い信念」を持って変えないと、違和感から自然と慣 れ親しんだ以前のグリップに戻ってゆきます。それが「どうしても癖が治らない」の正体です。

ゴルフにおいて自分に合ったグリップは、全てのショットをイメージ通りに打ち、ラウンドするのに必要不可欠であるということをまず理解して下さい。あなたにとっての正しいグリップを知ることでワンランク上のプレーが可能になります。

ゴルフの名言に「小鳥を両手で持つようにしてゴルフクラブを握る」というのがあります。スイング中、グリップに力を加えると小鳥が死んでしまいます。それ ほどに力を抜くことは重要なことです。グリップに力が入っているということは、腕の動きが不自由で窮屈なものになります。多くの人は飛ばそうと力んでしま いますが、これは全く逆効果で体の柔軟性を自ら放棄して、動くべきところが固まってしまい飛距離がでないということになります。手首の自然なコックで腕を 上に上げるためには力を抜くことが重要です。ではどのくらいがいいのか?ゴルフスイングをした時にゴルフクラブが抜けてしまわない程度に握る習慣を身に付 けて下さい。脇を閉め、ひじを固めた状態では腕は高く上がりません。

遠心力とは何のことでしょう?
ハンマー投げは体の回転とともにハンマーを振り回し、最大速度にしてから手を離して遠くに放り投げる競技です。このように大きなアークを描いて「振り回し て飛ばす力」のことを遠心力といいます。目標が決まっているゴルフの場合、スイングで生まれた遠心力の向きが重要です。目標方向にハンマーを放り投げるよ うな大きなフォローができれば、結果として飛距離が出て、方向性も良くなります。

遠心力を計算するには用具や腕の長さ、用具の重さ、回転速度が必要です。回転速度が同じ場合、用具や腕が長いほうが遠心力は増すため、メーカーは長尺を売りたがるのです。
しかし私が一番重要だと思うのは用具の重さです。高い位置にある物体が持つエネルギーを「位置エネルギー」といいます。水力発電はダムを作り「重力」を利 用して高い所に貯蔵した水を落下させ電気を作ります。ボールを投げる時も、低い所から投げるより高い所から投げる方が「重力」が加勢して遠くに投げられる のです。
150gのボールの重さより、大きく振り回す腕の重さ(4〜5kg)の「位置エネルギー」が重力によって「運動エネルギー」に変えられることで遠く投げられる訳です。
両腕を振るゴルフスイングの場合、両腕の重さ(8〜10kg)を生かすべきだと思います。
高く上げた両腕の「位置エネルギー」を「運動エネルギー」に変えるには「ゆっくり落下させる」ことです。「スイングをゆっくり」とはこの部分を指すことになります。バックスイングに2秒も3秒もかけることとはまるで意味が違うのです。

フェードを好んで打っていたジャック・ニクラウスはスイング中、左腕を真っ直ぐに伸ばしていたのに対して、アーノルド・パーマーやボビー・ジョーンズなど ドローを好んでいたゴルファーは、スイング中左腕がほんの少しだけ曲がっていました。逆にいうと左腕を意識的に伸ばすことはスライスの原因になるとも言え るわけです。特に年配のゴルファーの場合、スイング中に左腕を意識して伸ばすことはスライスの原因になります。左腕を真っ直ぐにしすぎると、トップで右肘 が曲げにくくなり肩甲骨の稼動域が狭まり、腕を高く上げることが出来なくなります。さらに左腕を伸ばすことで筋肉が硬直して、腕のスピードを下げてしまい 飛距離が出ないことにもつながるのです。
肘が曲がっても腕を高く上げて自然に落とす方が飛距離UPにつながります。左腕を真っ直ぐに伸ばしたジャック・ニクラウスは、右ひじを上げた「フライングエルボー」と呼ばれた高いトップで「パワーゴルフの帝王」の座を勝ち取ったのです。

アマチュアの方が思い込まされているもう一つの勘違いは「トップをねじれば飛ぶ」ということですが、肩をいくらねじっても飛距離が出ることにはつながりません。
ジャック・ニクラウスも「ほとんどのゴルファーは、力は大きなバックスウィングのねじれによって生まれるという勘違いをしている」と述べています。
勘違いの原因は何でしょう?ゴムを引っ張って飛ばす模型飛行機や、弓を引き絞って放つ弓矢等のゴムや弓とスイング中の筋肉は違います。体をねじる筋肉と、 それを戻す筋肉は基本的には別の筋肉です。ギリギリとねじり上げた体のバネが、切り返しと加速を生み出すという思い込みが、多くの誤解の元凶なのです。

筋肉をどこまで伸ばせば最大のパワーが得られるのでしょうか。運動生理学上は脱力した自然の長さから2割伸ばした状態のときに一番力が出せると言われています。
つまり上体を回しすぎて筋肉を伸ばしきったトップオブスイングは、筋肉のパワーを生かすスイングを作るには逆効果ということになります。
ねじった筋肉を戻す切り返しで、目標側への重心移動と共に、ねじったのとは「別の筋肉」を緊張させた時に生まれるパワーが「体幹のパワー」になります。

両腕の「位置エネルギー」と「体幹のパワー」をボールに伝えることが「楽に軽く振って、曲がらずに遠くに飛ぶ」理想のスイングへの近道です。

グルーブに関する新規則

R&Aはクラブフェース・グルーブに関する新規則を8月5日に発表しました。その内容は
「将来ラフからのプレーをより厳しくすることにより、正確性に対するメリットを強化するゴルフクラブ規則の修正を決定した。このクラブフェース・グルーブ(溝)に関する新ルールは、R&AとUSGA間の徹底的共同調査プロジェクトの最終結果である。
この調査は、近代的グルーブ形状が、プレーヤーがフェアウェイでかけることが出来るのと、ほとんど同様のスピンをラフからのショットで生み出すことを可能 にし、その結果、ティーショットの正確性の価値を下げるという事を示している。このルール修正は、フェアウェイからのショットとラフからのショット間のス ピンの違いを、明確にするだろう。
この新しいルールは、現在のグルーブに関する制限を増やし、グルーブの体積とグルーブエッジの鋭さを制限することにより、全てのクラブ(ドライバーとパ ターを除く)に影響を与えることになるだろう。本質的に、より大きなグルーブ体積は、車のタイヤトレッドと同様に、水分や草など物質を排出する能力を持っ ている。同時により鋭いグルーブエッジは、破片がはさまったとしても、クラブとボールの接触を容易にする。
これら二つの規則は、25度以上のロフトを持つクラブ(一般的に標準の5番アイアン以上)に適用され、それより小さなロフトのクラブにはグルーブ体積制限のみが適用される。
このルールは、2010年1月1日以降に製造される全てのクラブに適用され、この日以前に製造されたクラブで、現在のルールに適合するものは最低2024 年まで、ゴルフルールに適合するものとされる。この新規則は2010年1月1日よりトッププロレベルの競技条件として適用されることを意図しており、トッ プアマチュアレベル及び他のプロ競技には2014年1月1日より適用されることになる。」と説明しています。

クラブフェースの規制強化に対し、どのような影響があると思うか?との読者からの質問に対し、有名米国ゴルフ用具評論家、フランク・トーマス氏が自己のホームページで応えた内容を紹介します。
「この規制強化は次の理由から殆どのゴルファーにとって重要なことだ。この変更ルールは、2010年1月1日よりメジャー競技を含むPGAツアー、 LPGA、チャンピオンズツアーなどに効力を発し、主要アマチュア競技及び選手権競技には2014年1月から適用される。そして2010年1月1日以降製 造される全てのクラブが影響を受けることになる。そして、残り全ての我々ゴルファー(全ゴルファー人口の約99.5%)には、(もし2010年以降新しい クラブを買わなかった場合)2024年1月1日からの適用となり、USGAはこの結論を2020年に再度見直すことを示唆している。・・・ということは、 我々は今使っているウェッジが磨り減ってしまわない限り使い続けることが出来ることを意味する。このことは最低14年間、そして多分永久に、我々は二つの ルール(一つはエリートプレーヤー用、一つは残りのゴルファー用)が出来たことになる。このことは2002年、USGAとR&Aが共同声明で発表 した「ゴルフには一つだけのルールが望ましい」という原則と矛盾する。このダブルスタンダードは、他のルール、例えばエリートプレーヤーが使うボールを分 ける、などの変更も誘発する可能性がある。二重ルールの全体概念は、USGAがエリートのためだけでなく、ゴルファーの大部分のためのルールを作るように 考え直さないかぎり、多分、ゴルフ人口の99.5%を占める我々が、ほんの一部のスーパースターの能力により不利益を被るよりは良い結論かも知れない。多 くのゴルファーが、一握りのプレーヤーにより起こされた問題で影響を受けるのは本当に情けないことだ。グルーブ規制に対するもっと良い選択肢は、トーナメ ントのラフを伸ばすことやメジャーなコースのセットアップを変えることではないだろうか。」と語っています。

あちらを立てればこちらが立たずがゆえの「ダブルスタンダード」で、わかりにくく、突っ込みどころ満載の「決着の落としどころ」になってしまったようです。

クラブばかり規制が強化され、ボールには何の規制もないのは何故でしょうか?
私は高反発規制の時も、ボール性能向上による飛距離アップの方がCORより影響が大きいと感じていました。最初から結論として平均飛距離を伸ばしたのは反 発係数だと結論付けて、ロボットや実際のゴルファーを使って反発係数(COR)の高いドライバーの飛距離テストなどの科学的なテストをせず、机上の計算で USGAが規制のルールを作ったと批判しました。今回もボールによってスピン量が大きく違うことが考慮されないのは何故でしょうか。

帝王ジャック・ニクラウスが「このままではパワーゴルフが主流になる」と危惧し1958年に開発したケイマンボールの飛距離は、ドライバーで通常のボール の5割程度でした。カリブ海のグランドケイマン島のゴルフコースで使用されたことから“ケイマンゴルフ”と呼ばれました。凸型ディンプルが抵抗をうけて失 速しやすいことを利用し、島などの狭いゴルフ場で、ドライバーでも飛距離を出さずに気軽にゴルフを楽しむためのボールとして製品化されたのです。ボールの 重量は普通のゴルフボールの約半分で約26g、大きさは直径約4.2cmでした。ケイマンゴルフ場は、日本国内にも数カ所あったはずです。1974年全英 オープンがR&A公認のスモールボールからUSGA公認のラージボールに変更になりました。日本では同年太平洋マスターズがラージボール限定とな り、1977年全試合ラージボール限定になって以来、大きなボールのルール変更はありません。
今思えば「ダブルスタンダート」撤廃以上に、スポンサーであるボールメーカーの圧力による統一の臭いがしますね。R&Aは英国メーカーに配慮したのか10年後の1988年にスモールボール廃止を決定、1990年にやっと使用禁止にしました。

日本のボールメーカーはかなりの金額を設備に投資することになり、実際にアメリカ製のボールが日本のマーケットに流通しだしたのもこの頃からでした。
ビッグスポンサーであるボールメーカーの主力商品であるボールの規制は、ゴルフ業界ではタブーになっているのでしょうか。

フランク・トーマス氏の持論では、COR(SLE=高反発規制)やMOI(慣性モーメント規制)など、これまでUSGAやR&Aが行ってきたゴル フ用具規制の際も、一貫して「エリートプレーヤーのパフォーマンスを抑えるために、一般ゴルファーが影響を受けるような用具ルール改訂はナンセンス」と主 張しています。
「エリートプレーヤーと一般ゴルファーの用具ルールを分け、ダブルスタンダードにするのもナンセンス」で「コースのセットアップや使用クラブ本数制限」に方向性を求めるべきとしています。

現在販売されているボーケイデザイン・ハイスピンミルド、キャロウェイのマックダディーグルーブ、クリーブランドのジップグルーブのようなモデルは、2010年1月1日をもって製造中止になります。グルーブだけを強調したウェッジ販売競争は幕を下ろすことになります。

ルール改正のたびに適合、非適合を話題に、新製品を供給して販売を伸ばす大手メーカーと、大手メーカーがスポンサーのUSGA ・R&Aの関係を皆さんはどう思いますか?

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.