Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■3月1日コラム
■2月15日号コラム
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム

アーカイブ
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

スライスからドローへ

スライスを直すための手の動きを考えてみましょう(右打ちの場合)
スライス回転のサイドスピンがかかるということは、フェースが開いていることになります。反対のフック回転のサイドスピンがかかるということはフェースがかぶっているということです。バックスイングで開いたフェースをいかに閉じるかが手の役割です。
車の運転でいえばハンドル操作になり、スライスするゴルファーは右折を繰り返していることになるのです。右折するため両手で握ったハンドルを右に切ると右 手が右下に下がり、反対の左手は左上に上がります。クラブを持った状態でこの右折の状態を作ると、フェースが開きスライスになるのです。右折のハンドル捌 きを左折のハンドル捌きに変えなくてはスライスは直せません。

最近良く聞くようになったフェイス・ローテーションとはなんでしょうか?バックスイングで開いたフェースを閉じる動きのことですが、昔の理論でよく言われた「手首を返す」では少し説明不足で勘違いをしやすいと思います。
試して欲しいドリルがあります右手と左手を離して握る「スプリットハンドグリップドリル」です。握りこぶし1つ分を離す感覚で、クラブに装着してあるグリップの両端をそれぞれの手で握ります。

これで実際にクラブを振ってみましょう。
左ひじを突っ張ってグリップエンドを目標に向けるようにスイングする方は、右折のハンドル捌きでプッシュ・スライスしかでません。
左折のハンドル捌きを覚えるには、剣道で竹刀を振り下ろすような「左手引き手」と「右手押し手」の動きで両手の位置を入れ替えて振ることがポイントです。
「スプリットハンド」は手首が動かしづらいため手の入れ替えの感覚がつかみやすいと思います。フォローをまっすぐ出そうと左手を押し手にしてしまっている 方は、それだけではスライス脱出には不十分です。人間の前腕は橈骨と尺骨の2つの骨で出来ています、そのためドライバーでビスを止めるようなひねる動きが 出来るのですが「左手引き手+右手押し手」と「ビス止め」の合わせ技が出来るとドローボールが打てます。「サムダウン」とはフォローで両親指を地面に向け るように動かすことですが「合わせ技」が出来ないと正しい「サムダウン」は完成しません。

スライスを直す際、気持ちのどこかに「真っ直ぐ」が入り込むとグリップを目標方向に流すことになります。右折の動き+オープンフェイス=スライスから抜け出せません。
フェイスが開くということは、7番アイアンで打っても8番〜9番アイアンのロフトでインパクトすることになります。ラウンド中「真っ直ぐ」を意識すると右に高い玉で飛ばないという結果が待っています。

「真っ直ぐ」のための練習ではなく、左に曲げるための練習を始めましょう。
左折時のように左手が下に下がり、右手が左手を追い越してようにイメージすると出来ると思います。
それが出来たらコースでもボールを左に曲げながらホールを攻めるように、プレースタイルを変えることがスライス脱出のポイントです。池があろうとOBがあろうと頑固に一方通行で、多少失敗してもどのクラブも同じドローボールで攻めきることです。
ドローボールはフェースを閉じながらインパクトを迎えます、7番アイアンのロフトが6番アイアンのロフトでインパクトできれば、オープンで当たるスライスとは間違いなく2クラブの差が出るはずです。

「スプリットハンド」で打てるようになったら、徐々に両手の間隔を詰めて「テンフィンガーグリップ」に近づけていきます。
PGAツアーで4勝を上げたボブ・エステスは「テンフィンガーグリップ」でした。全米プロで優勝したボブ・ロズバーグや、世界ゴルフ殿堂入りを果たした米 LPGAツアーのベス・ダニエルも同じように「テンフィンガーグリップ」でした。テンフィンガーグリップの利点は右手の小指でもグリップしているために、 右手が使いやすくなることです。金槌で釘を打つ時のように、右手を上から握りやすいグリップです。アドレスで右手V字と右手首の角度が作りやすいため、 テークバック中の手首のコックをより簡単にする効果もあります。

「テンフィンガーグリップ」でドローボールが打てるようになったら、いつものグリップに戻してもいいですし、「ドローで飛ばしたい時はテンフィンガーグリップ」でも良いと思います。
しかし一番重要なことはハンドル操作に力は要らないということです。
車の運転中に、ハンドルを持つ手や腕に、いくら力を入れても車は速く走りません。
グリップを軽く握って、そのグリッププレッシャーを変えずにハンドル操作を覚えることがポイントです。

スライスを直すには

スライスに悩むゴルファーにはいくつかの共通点があります。アドレスで十分な前傾ができていないためボールと体との距離が 近い。右膝、右腕が前に出てしまっているため両肩のラインがターゲットに対して開いている。グリップがウィークでヘッドファーストになっているなどが代表 例です。

スライスの原因は様々ですが、グリップやアドレスなど基本から直してゆくことが一番の近道であることは言うまでもありません。
誤ったアドレスをしたままゴルフスイングを変えようとしてもうまく直せません。
雑誌の記事で読んだレッスンを、とりあえず試したもののうまくゆかなかった・・・という経験はありませんか?うまくいくのは基本ができているゴルファーで それが出来ていないゴルファーにはまったく効果がありませんし、もし効果があったとしても一時的なもので終わってしまうのです。

アドレスで両肩のラインがターゲットに対して開いている(胸の面がオープン状態)アドレスのヘッド位置は、胸の面に対して振り遅れた位置にセットすることになります。
フェースも初めから開いた状態にヘッドをセットすることになり、スライスの大きな原因になります。

スライスを直すには左手、左肩からセットすることをお勧めします。スライサーが右手からセットすると左肩が開き、右サイドが前に出やすいのです。アドレス時の胸の面とヘッドの位置関係を覚えることがセットアップの基本です。

スライスを想定して左を向くゴルファーも良く見かけます。しかしコースでそのまま左を向くとボールが中に入り、差し込まれ た状態でアドレスすることになります。本来打ちたい方向に真っ直ぐに押し出すようにするとさらに大きなスライスになります。たとえ池やOBがあっても、自 分が打ちたい方向にスクエアにセットアップすることがコースでの基本です。

アイアンは特に問題ないのにドライバーになるとスライスが出てしまう・・・こんな問題に悩まされたことはないでしょうか?スライスとはゴルフボールにかかったスライス回転のサイドスピンが引き起こすものです。
①インパクトでフェースがターゲットに対して開いている
②スイングの軌道がアウトサイド・インである
などがよくいわれていることです
雑誌等でこれを読んだゴルファーはスライスを直す練習を始めます。しかし、それが余計スライスを悪化させ、スイングの他の部分にも問題が起こることもあります。
何故なら以上に挙げた二つの要素は結果であって原因ではないからです。何かがその結果を引き起こしているのですが、それが原因です。結果を直すのではなく原因を直さなければスライス病は解決しません。

ドライバーとアイアンの一番の違いはサイドスピン量です。サイドスピンはロフトが少ないクラブほどかかりやすく、ヘッドスピードが上るほどサイドスピンは増えます。
ロフトがあるサンドウェッジはバックスピン量がサイドスピン量より多いためサイドスピンがかかりにくいということになります。
バックスピン量とサイドスピン量は個人差がありますが、クラブをフィッティングすることでかなり改善できます。

ドライバーがスライスしてしまう原因は他にもあります。
アイアンではドローを打てるのにドライバーになるとスライスという場合、この原因は?なんでしょう。
アイアンではしていなくて、ドライバーではしているもの、それはティーアップです。しかも、アイアンよりもかなり高くティーアップする方が多いのではないでしょうか。
最近はヘッドの上にボールが完全に出てしまうような高いティが人気です。しかしこの高いティーアップがスライスの原因になります。

「ドライバーはアッパーブローに打て」と教えられたことはありますか?高くティーアップすることによってアッパーブローに打つことが可能になるように感じるゴルファーが多いと思います。
しかし「アッパー気味に打つ」というイメージでスイングすると、ドライバーのようなシャフトの長いクラブでは振り遅れやすくなります。結果として体が開き、フェースが開いたインパクトになりやすいのです。
これを予め理解しないでアッパーを強調するとプッシュスライスが出ることになります。
ボールが右へ飛んでしまうから左を向いて(知らず知らずの内に)オープンに構えてしまうゴルファーも多いのですが、オープン態から左ひじを伸ばし押し出す と、さらに大きなスライスになります。スライスを嫌ってインパクトでフェースを閉じると、先に体は開いているので引っかけ、チーピンといった悪循環になっ てしまいます。まずはターゲットラインに対して正しいセットアップの基本から覚えてください。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.