Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■8月1日 ルール変更
■7月15日 ホスピタリティ
■7月1日 P・ミケルソンの奇行
■6月15日 本番力
■6月1日 ツアーの今後
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム

アーカイブ
■November 2018 (5)
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

王子から王者へ

このコラムも100ホールを迎えることができました、ご愛読いただいている皆様には、心より感謝申し上げます。

6日に最終日が行われたフジサンケイクラッシックでは、1週間前に最終日を単独首位でスタートし、66を出しながら1打差の3位に終わったVanaH杯・ KBCオーガスタでの悔しい敗戦を糧に、石川が雪辱優勝を果たしました。「いいプレーをしたと思ったが、本当に悔しかった。今週は周りを見ず、自分の世界 でプレーしようと思った」と優勝インタビューに答えました。

昨年1月のプロ転向後、コーチの父勝美氏と「2年目の秋に勝負できるように」と立てた目標を見事にクリアして見せたのです。プロゴルファーの練習時間に占 めるドライバーの平均的な練習量は10〜20%ほどですが、石川は50〜60%の比重を置き、1日300本以上を目標にドライバーを徹底的に磨き、「最大 の武器」として戦いました。遠くに正確に飛ばせば、2打目は短いクラブを握りピンポイントで狙えることになり、攻めのバリエーションも大きく広がります。 9番のパー4を例にあげると、フェアウエー中央からの2打目は左手前の池側にピンが立っていました「広い方に打っていくことに徹した。それが優勝できた理 由の1つです」と、あえてピンより右側を狙って、確実にパーセーブするコースマネジメントを選びました。「ピンチがなく、ストレスのないラウンドができま した。ドライバーが安定すればスコアも安定する。ドライバー1本でやってきたおかげ」とワンランク上の受け答えでしたが、前半は1m以内のバーディーパッ トを外すなど思ったようにプレーできていませんでした。それでも逃げ切ったことに器の大きさを感じます。

ロイヤルトロフィー参加時と比べると、体幹が太くしっかりして、首筋の無駄な動きが無くなりスイングも安定してきました。今季最速3勝で獲得賞金額は 9303万4339円。1億円の大台を目前にして、初めて賞金ランク首位に立ちました。史上初の10代賞金王も視野に入ってきましたが「まだまだ練習を積 まないと下手になるし、来週から悪くなるかも知れない」との謙虚なコメントがさらなる進化を予測させます。男子ゴルフ界は、17歳の1強時代に突入したよ うです。2年前の5月。「マンシングウェアオープンKSB」でアマチュアとして史上最年少優勝した後の2試合目が今大会でした。当時15歳、「ハニカミ王 子」と騒がれた遼クンは、わずか2年で「王子」から「王者」のゴルフを身につけたようです。

賞金王になれば、今季、特別招待で出場した最大の目標、マスターズへの慣例的な出場権もゲットできます。今年の経験で「世界トップの凄技」を、身をもって体験してきた石川にとっては、世界では通用しない「日本のプロの技」から学ぶものは無くなってきているのでしょう。

11月26日(木)に開幕する男子ゴルフの国別対抗戦「オメガミッションヒルズワールドカップ」の日本代表選手が、8月28日(金)に発表になりました。 出場するのは、米国ツアーを主戦場とする今田竜二と、今シーズン既に2勝を挙げている藤田寛之でした。世界ランキングの資格で6月の時点で出場が決まって いた今田が、大会規定によりパートナーとして藤田を選んでのコンビ結成となったのですが、今田には、8月17日時点での世界ランキングで100位以内に 入っていた石川遼と藤田のどちらかを選ぶ権利があり、その行方に注目が集まっていたのです。昨年の大会は今田・谷口徹ペアが3位タイに入る大健闘でした。 「昨年以上の順位を目指したい。いま最も安定したプレーヤーと組めることは、本当に心強い」と、今年は藤田とのコンビで世界の頂点に挑みます。出場が叶わ なかった石川は、「ワールドカップのような大きな大会は経験してみたいと思いますが、次の機会に選ばれるようになるか、自分自身の成績で出られるようにな りたい」とコメント。これにより賞金王争いをリードする石川が出場することになる、カシオワールドオープンの関係者は大喜びではないでしょうか。

昨年のちょうど同じ頃、韓国生まれのニュージーランド人、ダニー・リーが全米アマチュア選手権を優勝。タイガー・ウッズが持つ史上最年少優勝記録を破り話 題になっていました。今年も2年連続で韓国生まれの選手、しかもまたしても史上最年少での優勝記録が更新されました。若干17歳11カ月の安秉勲(アン・ ビョンフン)が昨年のダニー・リーの記録を1.5ヶ月上回り、世界最高峰のアマチュアタイトルを手にしました。全米アマチュアの決勝は2007年に全米プ ロ選手権を開催したサザンヒルズ・カントリー・クラブを舞台に行われ、36ホールのマッチプレーで、アンは7&5の大差でクレムソン大学のベン・ マーティンを下したのです。

9月18日に18歳になるアンは、昨年のリーの記録(18歳1ヶ月)を破り、2年連続で韓国生まれのティーネージャーがアマチュアのトップタイトルを獲得したことになります。

アンの両親は、1988年ソウルオリンピックで初めて正式競技となった「卓球」のメダリストなのです。父親の安宰亨(韓国)は男子ダブルスの銅メダル、母親の焦志敏(中国)は女子シングルスで銅、ダブルスで銀メダルを獲得した、韓国では有名な卓球一家です。
アン・ビョンフンは韓国で生まれ育ち、父親が練習場でボールを打っているところを見て、ゴルフを始めたのだそうです。3年半前に米フロリダ州にあるIMG アカデミー(ブランデントン・プレパトリー・アカデミー)に入学。当初は英語が得意ではなかったようですが、完全寮制で少しずつ異国の環境にも慣れ、快挙 を成し遂げました。IMGアカデミーはかなりの「エリート」コースです、将来性も期待されての入学だったのでしょう。

「今思うと、いい決断だったと思います。渡米をしてゴルフをしてみることを勧めてくれた父親に感謝です。これからはもっと大きなタイトルを目指していきま す」と語るアン・ビョンフン。この1勝はアメリカンドリームの入り口です、来年の全米オープン、全英オープン、そしてマスターズにも招待されるはずです。 ちなみに、今年既にメジャーを2戦経験している石川遼の誕生日は9月17日で、アンとは一日違いです。同級生の強力なライバル出現ですね。

今年は韓国出身選手の勢いがすごく、うらやましいことになっていますね。全米プロでタイガー・ウッズを破ったY.E.ヤンや、全米女子オープン選手権で逆 転優勝を飾ったチ・ウンヒもメジャーを獲得しました。全米女子オープンを制した韓国人選手は、パク・セリ、キム・ジュヨン、パク・インビに続きチ・ウンヒ が4人目。また、昨年のパク・インビに続き2年連続の韓国勢の優勝となりました。宮里藍・美香や上田にも頑張って欲しいですね。

タイガーの問題発言

タイガー・ウッズは、急遽参加した「ビュイックオープン」に続き、「WGCブリヂストン招待」も優勝し最後のメジャー「全 米プロ」の前に2週連続優勝を果たし、通算70勝目を飾りました。しかしブリジストン招待でのコメントが問題視され、PGAツアーがタイガー・ウッズに罰 金を科すようです。

問題になっている優勝後のインタビューです。「16番のグリーンで、パドレイグ・ハリントンが崩れていってしまうのを見ていてどんな気分だった?」という 質問に対して「皆さんは気付いていたかは分からないけど、我々の組はスロープレーの警告を受け、時間制限を受けていたんだ、ライをしっかりと見る時間があ ればパディーはあんなミスはしなかったと思う。時間制限があったから、彼は構えてすぐ打たなければいけなかった。本来であれば3打目の時にもっと時間を 取って、次のショットまでを考えてプレーしていたはず。しかし4打目はその場に行ってすぐに打たなければならなかった。あのショットは焦って打つライでは なく、どのように攻めるかをじっくり考えてから打たないといけない、急かされたことで彼は何回かミスをしたのは確かだよね」と答えています。

16番で問題の警告を出したジョン・パラモール氏によると「タイガーとハリントンは規定よりも17分遅れでプレーしていた」11番ホールを終えた時点で13分遅れていて、さらに17分遅れたため16番で警告を出したとのことです。

タイガーは「ジョンが素晴らしいバトルの間に入ってしまったことは残念でならなかった、16ホールの間、最高のバトルを繰り広げていたのに」とホールアウト後、ハリントンに話したとインタビューで答えましたが、このコメントが罰金の対象になっているのでしょう。

PGAツアーのルールオフィシャルで、今大会の責任者は「ジョンは間に入るようなことはしていない。彼は彼の仕事をしていただけ。あのグループのホールア ウト時間が18時を10分でも過ぎていたら我々は批判されていたに違いない。これはルールなんだ」と語っています。何故、いったい誰に批判されることを恐 れていたのでしょう?18時でテレビ中継が終了することを重視しての警告だったとしか思えません。警告を出す前に放送時間の延長を打診することは出来な かったのでしょうか。

誰もが固唾を呑んで優勝争いを見守っている状況で、最高のバトルを繰り広げている最終組の二人にスロープレーが警告されることをファンは望んでいません。 一打毎に展開が大きく変わる優勝争いは、下位の選手のプレーより時間がかかるのは当たり前です。メジャーに匹敵する、世界のトップランカーしか出場資格与 えられないワールド・ゴルフ・チャンピオンシップ(WGC)の運営としては、大失態ではないでしょうか。

PGAツアーのルール規定上、警告後に選手は1打を打つのに40秒以内で、カップから遠い方の選手(順番で最初に打つ選手)は20秒を加えた60秒と定め られています。制限時間内に打たなかった場合、1回目は「注意」、2回目以降は5,000ドルの罰金と1打罰が科されることになっていますが、USPGA の試合で過去にスロープレーによるペナルティーを受けたのはディラード・プルイットで、何と27年前(1982年)のバイロン・ネルソン・クラシックでし た。

タイガーのインタビューの続きです「誰を模範にすればいいですか?とか誰のプレーを見ればいいですか?と質問を受けるけど、俺はいつもパディー(ハリント ン)やジム・フューリックやビジェイ・シンと答えるんだ。彼らは上達するためにとにかく努力をする。彼らのコース上のマネジメントは、見ているだけで勉強 になると思う。パディーは、コーチのボブ・トーランスと何時間も雪の中でも練習に励み、上達するためには何でもする。予選落ちをしても週末は練習場で翌週 の大会に備えている。その直向きさが素晴らしい、私はそういう選手を尊敬する、そうしなければ上手くなんてなれない。自分から勝ち取らなければいけないん だ。パディーはその最たる例で、毎日コツコツと、何かに取り組んでいる」とハリントンをべた褒めです、しかし当然タイガーも同じような努力を毎日している はずです。

ウッズ+ハリントン=努力家二人のバトルは、翌週の全米プロに持ち越されました。「先週のことはもう忘れた。今週は新しい戦い。メジャーの初日に68は最 高のスタートだ」と初日終了後、笑顔で語ったハリントン。タイガーは「パットが入ればもっといいスコアが出せた素晴らしいラウンドだった」とノーボギーの ラウンドでしたが、ハリントンとはまたしても同じ組で「会話もはずんだ」と答えていました。一体何を話していたのか?聞いてみたいものです。

前週からのバトルは、私の予想通り最終日まで持ち込まれました。しかしタイガーとハリントンは前後の組になりました。この組み合わせが、勝敗にどんな影響 を与えたのでしょうか?最終日をタイガーと一緒に回り、アジア勢としてメジャー初優勝を果たした韓国のY.E.ヤンは以前タイガーに勝ったことがありま す。06年11月、上海で行なわれた07年欧州ツアーの開幕戦『HSBCチャンピオンシップ』でタイガーを2打抑え優勝しています3位にはR・グーセンと M・キャンベル、6位にはハリントンとメジャーチャンピオン達の追撃を許さなかったのです。

タイガーの前の組で、逃げると面白いと思っていたハリントンは8番パー3で池に2回入れ、このホールを8として6アンダーから一気に1アンダーまで急降 下、優勝争いから脱落してしまいました。タイガーは「あれだけいいショットを打ったのにパットがまったく入らなかった」とコメントしているように、決めな くてはいけないパットがことごとく外れ、流れに乗れないまま、悔しい終戦でした。ゴルフとは怖いもので、一日中、何をどうやってもパットが入らない日はあ るものです、まさかその日がメジャーの最終日に当たるとは、しかしハリントンと同じ組なら、結果は変わっていたかもしれませんね。

3週連続試合出場の初戦「ビュイックオープン」出場は、9年間お世話になったビュイックが、今年限りでPGAスポンサーから撤退するという事情をくんでの 思いやりと、感謝の気持ちでした。義理堅い「王者タイガー」を、大会を支え続けてくれた地元ミシガンのファンも、ビュイック関係者も、特別な想いで応援し ていたに違いありません。

Y・E・ヤンは済州島の貧しいミカン農家に生まれ、兄弟が多く少年時代は食事も十分に取れずに育ち、生活費を稼ぐため、高校卒業後にゴルフ場でボール拾い の仕事を始めたのがきっかけで19歳からゴルフを始めたそうです、世界の舞台でタイガーに2度も勝った「努力と強さの源」はここにありそうです。

最近、韓国のプロゴルファーはオーストラリア・ニュージーランドやタイ・ベトナム等のアジアで冬季合宿をするようになりましたが、以前はソウルより暖かい 済州島で行われていました。韓国最高峰(1950m)漢撃山から吹き下ろす風は、リンクス並みに強く、ここで育った選手がいつか全英オープンを制するので はないかと思っていました。PGAツアー7勝をマークした崔京周(チェ・キョンジュ)を筆頭に、アンソニー・キムやケビン・ナの在米韓国人、欧州ツアー史 上最年少でジョニー・ウォーカー・クラシックを制したダニー・リーと、ついに韓国男子も活躍が目立ってきました。日本男子にも頑張って欲しいですが、「期 待の星」が石川一人では、とても太刀打ちできませんね。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.