Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

相撲界とゴルフ界の師弟関係

品格を問われ続けた「お騒がせ横綱」朝青龍が、とうとう角界を去ることになりました。「引退」と発表されましたが事実上の 「解雇」であったのは間違いありません。突然の引退会見でも、朝青龍は「まさか、こういうことにのみ込まれるとは頭になかった」とまったく反省など感じら れないコメントで、自分が引き起こしたことへの自覚は最後まで感じられませんでした。

初場所中に起こした「泥酔暴行騒動」の調査委員会を立ち上げていた相撲協会は、新理事・貴乃花が初参加した理事会を「経過報告」で終わらせるつもりだった ようです。しかし横綱審議委員会の鶴田卓彦委員長(元日本経済新聞社相談役)が、横審の総意として「引退勧告」を武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)に事前に 伝えてあったようです。横審が設置されて60年で初の引退勧告ということです。

午後の2回目の理事会に、師匠の高砂親方とともに朝青龍を呼び出し、朝青龍の目の前で多数決が取られた結果、満場一致で引退勧告となり、解雇も辞さない強い態度で、朝青龍に通告したのです。

朝青龍は1月16日未明、東京・西麻布で暴行騒動を起こしたのですが、本場所中の深夜に泥酔したうえ、当初は個人マネジャーを被害者と嘘の報告。しかしそ の後被害者は知人の一般男性ということが発覚したのです。裏工作?で示談は成立したものの、虚偽報告は許されませんでした。5度の厳重注意と2場所出場停 止という「お騒がせ横綱」は引退を勧告されたのです。言い逃れできると思ってついた「ウソ」の代償は、あまりにも大きかったということでしょうか。見て見 ぬふりを繰り返し、生ぬるい対応で朝青龍をかばってきた相撲協会にも責任があると思います。

「自分としてのけじめなんで」と涙を流していましたが、暴行や騒動に対する説明や謝罪は一切ありませんでした。「横綱」が単なる最強者ではなく、日本人の 心の奥底にある美徳を具現化し、全力士の模範たる存在だとは最後まで理解できなかったようです。強さだけで番付が上がってしまった弟子を、監督しなくては いけないはずの高砂親方は、弟子の朝青龍とコミュニケーションが取れず、教育を放棄したといわれても仕方がないように思います。平成19年名古屋場所後の “サッカー騒動”での対応が象徴的です。2場所出場停止などの厳罰を受けた朝青龍が自宅に引きこもると、呼び出すどころか弟子宅に日参する始末で、まるで 立場が逆でした。弟子を思いやったといえば聞こえはいいのですが、正常な師弟関係ではありません。騒動のたびに「今後はしっかり指導していく」と繰り返し ても、何一つ行動には表わさず、朝青龍の暴行問題の再調査を厳命された日にも、報道陣への対応はせず、夜には部屋近くの焼肉店などで食事をし、居酒屋に立 ち寄り約4時間半。無言を貫き、酔って千鳥足で部屋へ引き揚げるという、まるで部外者のような行動で、師匠としての責任感は最後まで感じられませんでし た。

元横綱大鵬の納谷幸喜氏は、横綱朝青龍引退に関して「自分から引退しなければ解雇になるところだ。どれだけ、協会に迷惑をかけているのか。会見でも「申し 訳ありません」という謝罪がなく、腹立たしくもある。今回は、今までの騒ぎとは違うことを分かっていなかったので、結果は当たり前だと思う。7連覇を達成 して「自分が一番強い」と、私のところにも来なくなった。そのころから問題を起こすようになった。記録を作ったときこそ気を引き締めなければいけないの に、うぬぼれてしまったのだろう。相撲は自分との戦いで、謙虚でなければならない」とコメントを出しています。

「麻薬汚染」や「時津風部屋の力士暴行問題」の時もそうでしたが、師弟関係の崩壊が根底にあるようです。旧来の師弟関係の復活を目指すことが「相撲界改 革」の第一歩だと思います。韓国ゴルフの強さは、師弟関係の絆の強さだと思います。シーズンオフになると、寒い韓国を離れ、相撲部屋と同じように、師匠と 兄弟弟子が衣食住を共にします。3ヶ月近くもゴルフオンリーの生活を海外で過ごし、次のシーズンに備えるのです。戦うための準備に対する考え方が、日本と は大きく違っています。

相撲協会の理事選で貴乃花親方が、当選の可能性はほぼ絶望といわれていた相撲界の談合理事選挙でしたが、見事に当選しました。民主党の独裁者?小沢幹事長 ばりの「縛りと拘束」でがんじがらめになっている「一門制度」に風穴を開けたのです。「改革」をスローガンに立候補した貴乃花に「なんでも改革というなら 伝統が薄れる」と理事長が反発しました。他の競技の協会も同じですが、新しい流れなど作らせてなるものかという想いと、自分たちの既得権を守ろうとする旧 態依然とした柔軟性のなさが、日本のスポーツ界の伸び悩みの要因です。

相撲界の伝統の代表格「一門制度」の絶対条件とは「一門に属するものは一門の取り決めに従わなくてはならない」ということなのでしょう。組織内で誰も疑問 を呈さなかった「角界の常識」は、世間では非常識になっていることには目を向けず、改革派など存在しえなかったのです。盤石であったはずの相撲界の派閥に よる結束、そして相撲界の常識の一角が崩れたのですが、やはり「犯人探し」が公然としかも糾弾されるような形で行なわれました。名乗り出た安治川親方を一 方的に非難しているかのような印象でした。確かに組織から見れば「造反」ですが、私は「立派な勇気ある行動」に感動しました。安治川親方をはじめ、改革票 を投じたメンバーは、相撲界の因習に縛られることとの決別を宣言したのだと思います。不祥事続きの相撲協会が早急にしなくてはいけないのは、犯人探しなど ではないはずです。大相撲ファンの期待に応えるには「日本人に愛される横綱」を育成することですが、ファンが納得する「改革」に取り組まなくてはいけない と思います。
不倫スキャンダルの渦中にあり、無期限で試合出場を自粛している「ゴルフ界の横綱・タイガー・ウッズ」に対して、「前帝王・トム・ワトソン」が復帰の条件 として「公衆の面前で謙虚な姿勢を見せるべきだ」と語りました。タイガーがコース上で不謹慎な言葉を吐いたり、クラブを放り投げたりすることにも言及し 「メジャー大会通算14勝の実績を持ちながらプレー中の態度が良くないため、かつての名選手ほど尊敬されていない。襟を正し、周囲の人々のようにゴルフに 対する敬意を示す必要がある」と苦言を呈しています。

元横綱の大鵬さんの言葉を引用させていただくと「世界のトップになり、様々な記録を達成した時こそ気を引き締めなければいけないのに、うぬぼれてしまった のでしょう。そのころから問題を起こすようになった。ゴルフは自分との戦いで、謙虚でなければならない」ということになりますね。

一年を振り返って

今年も残りわずかとなりました。一年間ご愛読ありがとうございます。

LPGAツアー選手権リコー杯最終日に、横峯さくらが大逆転優勝を飾り、念願の賞金女王に輝きました。首位と5打差の5位から出た横峯さくらは4バー ディ・1ボギーの69でラウンドを終え、通算6アンダーとし“奇跡の逆転劇”で今季6勝目。一時は約4390万円の大差をつけられていた諸見里しのぶとの 賞金レースを最後の最後に逆転したのです。さくらの今季獲得賞金は1億7501万6384円となり、歴代最多記録を更新しました。

「勝てたことがうれしい。女王のことは少しも頭に入れず、少しでも上に行くことだけを考えていた。(女王は)オマケでついてきたもの」と語りましたがシーズン当初から公言していた「賞金女王獲り」を実現した実力は、本当に素晴らしいと思います。

首位との5打差、賞金レースでリードを許していた諸見里との1打差を追う最終日は我慢比べでした。「幸運もあれば不運もある。それがゴルフ」と自分のゴル フを信じ、チャンスを待ちました。第2打のミスでパーオンに失敗した14番のピンチに、逆にチップインバーディーとして流れをたぐり寄せ、諸見里をつかま えたのです。「打った感触よりも出球がちょっと強かった」という約20ヤードの第3打がピンに当たって入ったのです。

続く15番では第2の幸運が訪れます。フェアウエーから打った第2打は、グリーン手前のバンカーをぎりぎりで越えると、着弾点の傾斜でピン方向へ跳ねて転がり、ボール1個分カップ右に止まるミラクルショット!連続バーディで一気に諸見里を抜き去りました。

上位陣もスコアを落としたため、ホールアウト後に単独首位に立ったのです。「神懸かっていないとできない。自分の実力だけじゃできないプレー」何が起こる か分からない−それがゴルフですが「練習でしたものしか、ラウンドで出てこない」のは間違いのない事実です。「さくら流ゴルフ」の源は、悔しさをばねにこ なした練習量に他なりません。

女王獲りを公言して臨んだ今季。3勝目を挙げ「女王」の2文字が現実感を伴った後、約3カ月も優勝から遠ざかり悩んだ後「プレッシャーの中で自分のベスト を出せるかと考えたとき、賞金女王は絶対に無理だと気づいた」と語っていました。9月のマンシングウェア東海で、女王獲り宣言を撤回して4勝目。「あきら めた」と表現してはいましたが、胸の中に秘めた思いは変わらなかったはずです。

この時横峯は「勝って泣いたのはあまりない。泣くとしたら狙って勝てた時、今季最終戦で勝って賞金女王になったときですね」と明かしていました。悲願へ思 いの強さを証明した予告女王、来年から大挙押し寄せるUSLPGAツアーから転戦してくる韓国女子チームに立ち向かう「強いさくらの新時代」の予感がしま す。

2009年度 ジャパンゴルフツアー表彰式で、今季4勝を挙げ史上最年少賞金王に輝いた18歳の石川遼が、最優秀選手賞、Unisys ポイントランキング賞、平均ストローク賞、平均パット賞、バーディ率賞、ゴルフ記者賞、MIP賞、特別賞の9冠に輝き、同じく4勝を飾った23歳の池田勇 太が最優秀新人賞「 島田トロフィ」を獲得しました。しかしMVPはポイントでは池田が獲得するはずでした。特例としてJPGAが石川に決めたことは、ルールを重んじるゴルフ というスポーツの協会関係者の失態ではないでしょうか。

特別賞を含む9冠は、2003年の伊沢利光の8冠を上回る過去最高タイトル獲得数となりました。ここまでの活躍をいったい誰が予想できたでしょう。18歳2カ月19日での賞金王で、国内では1973年に26歳で賞金王となった尾崎将司の最年少記録を大幅に更新しました。

世界の主要ツアーでも、76年の欧州ツアーを制したセベ・バレステロスの19歳を更新する世界記録となりました。「これまで塗り替えた最年少記録より実感 がある。こんなに込み上げてくるとは思わなかった。あと2週間ぐらい試合をしたい。すぐにやりたいことはトレーニング!」となんともうれしいコメントで、 新年アマタスプリングスで開催される「ロイヤルトロフィー」が楽しみですね。

不倫騒動のスキャンダルで「完全無欠のタイガー・ウッズ神話」は崩壊しました。1996年、タイガーがプロ転向以降、米ツアーは超新星の登場でスポン サー、テレビ放映権などの収入が激増しました。今年の主要試合の優勝賞金は1億円を超え、今季賞金王となったウッズの獲得賞金は1050万ドル(約9億 4500万円)あまり。さらに、ポイントで換算する年間王者フェデックスカップ優勝でボーナス1000万ドル(約9億円)を手にしたのです。

日本ツアーとはケタ違いのビッグマネーが動くUSPGAツアーですが、PGAツアーコミッショナーのティム・フィンチェム氏は「米ツアーは石川に非常に強 い関心を示している。来季、できるだけ多くの試合に出場してもらいたい」と語っています。極端にイメージを大切にする米国のスポンサーが今回のスキャンダ ルで、来季ツアーから離れるのは間違いないことです。

そこで、タイガーに代わるスターを早急に作らなくてはならない事情があり、来年参戦を表明しているローリー・マキロイや石川に「救世主の期待」がかけられ ているのではないでしょうか。男子ゴルフ最終戦・日本シリーズJTカップで10年ぶりの優勝を飾った丸山茂樹も、米ツアーで戦った自らの体験から「今の気 持ちで早めに米ツアーに挑戦したほうがいい。世界でやれる能力はある」と語っています。

石川は賞金王を獲得したことと世界ランクから、来季は4大メジャー全戦の出場権をほぼ手中に収めました。さらに、この4戦以外に8戦の出場が可能で、石川がこの12戦をフル出場すれば、日本ツアーはかなりの試合数の欠場を余儀なくされます。

日本ツアーのスポンサーにとっては一大事です。石川の出場によって、テレビ視聴率、メディアの露出度、観客数が大幅に変わるのは明白です。コーチである 父・勝美氏は、当面は日本を主戦場にさせる方針のようです。今年はすべての経験を大きなプラスにした一年でした。成長途上の石川には「ゴルフだけに打つこ める環境」を早く作ってあげてほしいと思います。

日本ツアーのスケジュールには、マスターズ前に試合がありません。いかに準備をして、いかにメジャー初戦に備えるのかが、石川のさらなる成長のターニングポイントになるでしょう。

スイングチッェックやゴルフに関するお悩みは常時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。来年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いします。

新製品の販売戦略

キャロウェイゴルフが2010年新製品を発表しました。市場低迷でショップの仕入れはシビアのはずですが、不況などお構い なしといった豊富なバリエーションを取り揃えたラインアップになっています。『ニューレガシー』シリーズはドライバー(タイプSとタイプLの2機種、9万 2400円〜)フェアウェイウッド(4万5150円〜)、ウィメンズニューレガシードライバー(9万2400)とニューレガシーボールの発売ですが、結構 高額なプレミアムラインですね。

次の価格帯が『FT−iZ』シリーズです。(ドライバー・フェアウェイウッド・ユーティリティ、価格:ドライバー6万900円)レディーススターターセッ トの『ソレイル』(クラブセット、10年3月、オープンプライス)と普及帯ブランド『ディアブルエッジ』(ドライバー4万4100円〜)も同時に発売され ました。

ゴルフ用品業界の市場規模の大半は、新製品の販売によるものですが、キャロウェイの場合も、同社売上の約半分は新製品の販売によって生み出されています。2,000年頃まで日本では、アメリカのPGAショーの後、春先のゴルフシーズンに合わせて2
月〜3月に開催される「ジャパンゴルフフェア」で新製品の発表が行なわれてきました。しかし最近は他社に先駆けて新製品を投入しようと、発売時期が徐々に早くなってきています。

キャロウェイ傘下の『オデッセイパター』もイメージチェンジに打って出ました。従来モデルの『ホワイトホット』は一部のモデルを除いて製造中止になりま す。新ブランド『ホワイトアイス』の発表がありました。『ホワイトアイス』は、ソフトフィーリング化が顕著なボールとの相性を考慮したモデルで、09年モ デルとして先頃発表された10タイプに10年モデルの11タイプを加えた総勢21タイプを取り揃え、さらなるマーケットシェア拡大を狙っています。

『X SERIES JAWS (ジョーズ)ウェッジ 』 は軟鉄鍛造のヘッドに彫刻された角溝仕様のウェッジで、文字通りジョーズのように溝がボールに噛み付くという触れ込みです。ルール改正を逆手に、機能性を アピールする姿勢は、反発係数の規制が生まれたとき、敢えて高反発モデルとなる「E・R・C」や「E・R・C II」を発売した、キャロウェイらしい戦略といえそうです。

キャロウェイの新製品への反応に比べると、競合他社の2010年度新製品への動きは鈍いようです。業界トップのテーラーメイド(キャロウェイは2位)が今 年成功した『R9』シリーズの後継モデルを発売する予定はなさそうです。しかし同社TPウェッジラインに、新しいグルーブのフェースプレートが取り替え可 能となる「xFT」を備えた新製品を発売します。
ニューTPウェッジは、最大スピン量をもたらすUグルーブの「Zグルーブプレート」と、USGA新ルール適用(テーラーメイド呼称ZTPグルーブ)の2タ イプの交換フェースが発売されます。USGAは当初、テーラーメイド社に対して一度発売禁止を通達しましたが、決定を翻し「フェース交換可能TP xFT」用の「Uグルーブ」交換用フェースの販売を認めました。2011年からは、Zグルーブのついた組立完成品、交換用フェースのテーラーメイドからの 出荷は一切停止されますが、小売店は2010年に仕入れた商品の在庫を販売することが許されることになっています。

R&AとUSGAの共同研究プロジェクトによると、非常に技術の高いゴルファーが、現行ルールのU字溝のクラブと新ルール適合のV字溝を打ち比べ た結果、しっかりボールにコンタクトできるフェアウェイからのショットでは差がほとんど見られなかったのに対し、浅いラフ、深いラフでは、そのスピン量に 大きな差が生まれるという結果が出ています。ライが良い場合であれば、溝の形状でのスピン量に差はありません。しかしラフからのショットで、フェースと ボールの間に芝が挟まる状態のときに、溝の形状によってスピン量に大きな差が生まれることが判っています。

スピン量が多くなれば、グリーン上でボールを止めやすくなります。弾道のコントロールも容易になります。本来、ラフに打ち込むということは、そのプレー ヤーにペナルティが課せられるということですが、角溝やU字溝のウェッジを使えば、フェアウェイからと同様の強いスピンをかけることができ、ラフというペ ナルティのハードルが下がります。

しかしスピン量に差が出るのは、スピンのかけやすいウレタンカバーのボールの場合で、アマチュアゴルファーが、実際にラウンドで多く使用する、スピンのか かりにくいサーリンカバーのボールでテストしたところ、溝によるスピン量の差はほとんど見られないという結果も出ています。

使い古したウェッジのグルーブ(溝)が磨り減ったとき、性能が落ちるのを嫌い新品ウェッジと買い換えるのが普通でした。鋭利に彫刻されている角溝ウェッジ でも使用するごとに磨耗し、溝は弱くなり、スピンの利きは悪くなります。最近は「溝」ばかりが話題になっています。しかしどんなに鋭利に彫刻してもソール を滑らせ加速状態で振り抜かなくては、スピンはかかりません。抜けに直接関係があるソール形状が取り上げられないのは不思議な話です。

新製品を発売しないと売り上げが見込めないクラブメーカーと、ルールの番人であるR&A とUSGAとの関係を疑ってはいけないのでしょうが、ルール研究のためのR&A やUSGAの施設のスポンサーはクラブメーカーです。ルール変更のたびにクラブメーカーは新製品を発売して、売り上げを伸ばしているのは間違いのない事実 です。大型ヘッドの規制に始まり、反発係数規制、さらには今回のグルーブ規制と、一部のエリートゴルファーだけに影響がある、重箱の隅をつつく様なルール 変更を繰り返すのは、いい加減にして欲しいものです。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.