Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■3月1日コラム
■2月15日号コラム
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム

アーカイブ
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

全米オープン

世界最強最高の選手を決める大会」全米オープンが終りました。「最も難しいコースセッティング」が毎年選手を苦しめます が、大会が始まる4年前から主催するUSGAが、開催期間の6月中旬の、芝の状態、グリーンコンディション、天候などの開催コースの状態を毎年チェック し、本番に合わせてコースを難しく仕上げているのです。

今年の全米オープンの会場は、ペブルビーチゴルフリンクスでした。断崖の地形沿いの海岸線に見事にレイアウトされ、全米で最も優れたコースの一つとされて います。カリフォルニア州モントレー半島地域には、ペブルビーチの他、デルモンテ、スパニッシュベイ、スパイグラスヒル、ポッピーヒルズやプライベート コースのサイプレス・ポイントと名門コースが点在し、世界中のゴルファー憧れの場所とされています。

全米オープンは、通常プライベートコースで開催されるのですが、パブリックコースのペブルビーチが1972年に、異例の全米オープン開催を果たしたので す。その後1982年、1992年、2000年と回を重ね今年が5回目の開催でした。ペブルビーチをはじめポッピーヒルズ、スパイグラスヒルの3コースを 利用し、「AT&Tペブルビーチ ナショナルプロアマ」が1937年から70年以上開催されていることでも有名です。

石川の攻撃的なゴルフが果たして通用するのかも、楽しみの一つでしたが、打ちのめされたとしても、石川がまた一つ成長するための重要な経験になると思っていました。

優勝は北アイルランドのグレーム・マクドウェルでした。アラバマ大学バーミンガム校卒業で現在はフロリダ州レイク・ノナに住んでいますが、大学入学当時、 彼の言葉の『訛り』は相当ひどかったようです。しかしチームメイトのみんなが彼の『訛り』をネタにして冗談を言い合っていくうちに、うまくチームに溶け込 み、当時、注目されていたカミロ・ビジェガス(フロリダ大)やハンター・メイハン(オクラホマ州大)らを差し置いて、マクドウェルは2002年に6勝を挙 げ、大学No.1の称号でもある「フレッド・ハスキンズ・アワード」を受賞したのです。2001年のウォーカーカップ(全米VS英・アイルランドのアマ チュア選手による団体戦)の一員として、大会史上初の英・アイルランドチームの連覇に貢献しています。2001年のウォーカーカップのチームメイトには ルーク・ドナルド、ニック・ドハーティーなどがいて、アメリカには昨年の全米覇者ルーカス・グローバーと豪華なメンバーが参加していました。

最後まで淡々とプレーしていたマクドウェルは、2週間前の欧州ツアーで優勝しています。その好調を「全米オープン」でも維持し優勝しました。過去に出場したメジャーの中では「一度も予選落ちしてない全米オープンは自分に最適だと思っていた」という自信もあったのでしょう。

石川遼は2日目を終え「優勝」の二文字が頭の中に浮かんだことでしょう。石川の胸の中には、初日が始まる前から、その二文字があったようです。優勝争いを 本気で狙っていることをあえて最初は口にせずにいました。マスターズで予選通過を目標に掲げ、目標が達成できそうなポジションから、予選落ちしたこともあ り、今回は優勝争いを心に誓っていたはずです。

しかし、「優勝」の二文字を意識せざるを得なくなった3日目、最終組の1つ前でアーニー・エルスと同組で、2位タイ発進というそのポジションと、全米オープンの決勝ならではの独特のムードが、石川のゴルフに大きな影響を与えてしまったようでした。

最終日も悪い流れは変わらず「ベスト5を目指してがんばろうと思って、大きな目標を持ってやったけど、粘りのプレーが何でできなかった」とコメントしてい ます。リーダーズボードの上位に名前を載せたことは、立派なことです。予選2日間があまりにもすごかったために、期待が高まりましたが、難しいセッティン グで33位は大健闘で素晴らしいことです。

全米オープンは「手前から攻めてパーを拾う戦い」で、バーディを狙うゴルフを理想とする石川が、最終的にどう感じたのか興味がありましたが、石川のコメン トは「結局、バーディを狙っていかないとパーも取れない」でした。今回は優勝争いから脱落したものの、これからも全米オープンでも、バーディを狙うゴルフ を目指していくという頑固さがいいですね。

そして石川は「毎年2桁アンダーのマスターズとイーブンパーの全米オープン。同じゴルフだけど、自分のスタイルを変えなきゃいけない」と言いましたが、こ れは、バーディ狙いのスタイルを変えなくてはという意味ではなく、クラブ選択やコースマネジメントのスタイルを変えるということでした。「今週は4、5 ホールで、アイアンでティショットを打ちました。マスターズでは全ホール、ドライバー。どちらも、すごく好きです」バーディを追求するスタイルは変えず、 しかしドライバーを飛ばすだけでは、攻め切れないコース設定が「世界の舞台」にはあるのだということを理解したのでしょう。時にはドライバーではなく、ア イアンで攻めることも考えられるようになったということで「守る、逃げる」という捉え方ではなく「攻撃」にも別の形があると納得し、コースマネジメントや ゲームマネジメントの重要性に気が付いたのだと思います。

タイガー・ウッズはいまだに「らしさ」を見せていません。スキャンダル騒動からの復帰後の優勝を焦る気持ちは相当高まっているでしょう。離婚問題がクロー ズアップされ、大会期間中には2つの隠し子騒動が浮上し、そちらの方が話題になりました。「タイガーらしさ」は、絶対に勝ちたいと思った試合に勝つことで 証明されてきました。必勝の意識でメジャーに挑み、14勝を挙げてきたタイガーですが、やはり以前のタイガーではないということになるのでしょうか。

4日間でトータル120パットは、全体でランク47位でした。タイガー自身は「上につけたらだめだ。下につけて上りのラインを残すことがカギ」と言ってい たのですが、それよりタイガーのストローク自体に問題がありそうです。先日、コーチを辞任したハンク・ヘイニーは、「タイガーのパットの全盛期は最強だっ た2000年から2001年にかけて。以後、あのころのようなパットは一度もできず、今後も戻ってはこないだろう。あれは一生に一度限りの黄金期だ」と 語っています。なんとも無責任な元コーチの発言ですが、確かにここ一番で入らなくなっています。

離婚問題や隠し子騒動に続きタイガー・ウッズは、成長ホルモン投与問題で告訴されているカナダ人医師、アンソニー・グレア氏の連邦当局捜査に協力して尋問 を受けたことを明かしました。タイガーの話では、グレア氏の治療を受けたことがあるが、かつて一度も能力強化薬剤の投与を受けたことはないと話しており、 グレア医師は彼の膝の手術からの回復を助けるためにブラッドスピニング(血液循環)技術を使ったということです。

選手生命を奪う可能性もあるドーピング問題が、タイガーをさらなる窮地に向わせるのかも知れません。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.