Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム
■2月15日号コラム
■2月1日バンコクライフコラム
■1月15日バンコクライフコラム
■1月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ12月15日コラム

アーカイブ
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

2011年ゴルフシーズン

2011・USPGAツアーの賞金ランク対象トーナメントは45試合になりました。当初は経済状況が回復基調とはいえず、 冠スポンサーを失い、複数試合がキャンセルになるかもしれないという噂がありました。しかし前年度比1試合減(ターニングストーン・リゾート選手権が消 滅)だけに抑えることができています。

スポンサーが変わったのは2試合でした。ハワイ・マウイ島のカパルア・プランテーションコースでの開幕戦は韓国の現代自動車がスポンサーとなり、大会名称 は「ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ」に変更になり開催されました。また、3月にフロリダ州ドラールで開催の「WGC・世界ゴルフ選手権」 は、スポンサーにキャディラックを迎え「WGC・キャディラック選手権」 となりました。「ボブホープクラシック」と「ザ・ヘリテージ」は、冠スポンサーが見つからないまま大会を迎えます。ボブ・ホープは1960年から、ヘリ テージは1969年からと、長い間ツアーを支えてきた歴史の古い伝統の大会です。

賞金ランク対象外ですが、アジアではマレーシアで「CIMB アジアパシフィック クラシック」と、中国で「WGC・HSBCチャンピオンズ」開催が決定。また11月には、米国選抜対世界選抜(欧州を除く)の「プレジデンツカップ」が、 オーストラリアのメルボルンで行われます。

2010年度シーズン終盤に、2週連続で優勝争いを見せた今田竜二は、ツアー7年目の参戦になります。「いつまでもショートゲームに頼るゴルフではいけな い」と自らが語るように、ドライバーの飛距離とフェアウエーキープ率に加え、パーオン率というショットの3部門が反映される「ボールストライキング」のラ ンキングを上げることがキーポイントのようです。今田の最近の4年間のランキングは180位から190位の間と低迷しています。アプローチとパッティング のデータが優れているだけに、ショットの精度が上がれば優勝争いは間違いありません。

毎年、オーガスタナショナルで開催される「マスターズ」以外の2011年度メジャーは「全米オープン」がメリーランド州のコングレッショナルCC、「全英 オープン」はロイヤルセントジョージズ、「全米プロゴルフ選手権」がジョージア州のアトランタ・アスレチッククラブというローテーションです。日本人メ ジャーチャンピオンの誕生はいつのことでしょう?日本ツアーを主戦場として戦う石川遼、池田勇太、そして「中年の星」藤田寛之もスポット参戦します。彼ら が大舞台で力を発揮することに期待したいですね。

ここ2年間、最終戦まで賞金王争いを演じている石川遼と池田勇太ですが、2011年もこの2人と、韓国人として初の賞金王を手にしたキム・キョンテが、最 後まで熾烈な争いを繰り広げることになるでしょう。キム・キョンテも二人の先輩(K・J・チョイ、Y・E・ヤン)と同じように米国に主戦場を求めることに なるのでしょうが、石川も米国中心のスケジュールを組まないと先を越されることになるかもしれません。「2011年は賞金王にこだわりたい」と語る池田 は、日本中心のスケジュールで3度目の正直となるのか?今年一番の注目選手です。急成長を遂げている薗田峻輔も、将来を見据え石川と共に海外に挑戦してほ しいですね。

日本ゴルフツアー選手会は石川を昨年に引き続き副会長に選出し、宮本勝昌が2年ぶり3度目の選手会長に就任しました。理事会では10代の石川を会長に推す意見が出ていたようですが、いったい誰のための“石川選手会長”だったのでしょう。

日本男子ツアー界を引っ張る石川は、プレーに専念するべきだと思います。現役引退を迎える、人望のある事情をよく知る適任者が、次の世代とゴルフファンと の絆を深めるために、役員になるのが自然の流れではないでしょうか。ツアー選手会として、ファンと選手とスポンサーのパイプ役になれるような「人材」を育 成することが必要になってきているようです。このままでは人気選手の負担が増えるだけです。先輩プレーヤーとして、可能性のある若手プレーヤーを引っ張っ て行く役割も重要になってきています。アジアンツアーを含めた海外のツアーに「戦いの場」を求めるのも、日本人プレーヤーとしての「世界への道」のひとつ のはずですが、韓国のようなパイプ役の先輩プレーヤーがいないのが現状です。

師匠が弟子を育てる様な「後継者育成」が、役員になりうる人材の使命ですが、師匠自身も成長しながら弟子を育てられる環境を作ってほしいものです。自分は 成長せずに弟子を育てるとなると、無意識に「自分の地位が脅かされる」と思ってしまうもので、そういう師匠は、弟子が成長するうえでの障壁になりかねませ ん。自分も成長して、はじめて「自分を超える弟子」が育つものです。日本の人事制度には「後継者育成が業界の仕事である」という意識が欠けています。ゴル フは実力の世界ですが、大事なことはフェアなチャンスを皆に与えて、皆が納得できる環境を作ることです。「人を育てる」とは、「人を育てる仕組み」を作る ことだと思います。ファンが求める「憧れのプロゴルファー」を目指す人気若手プレーヤーを、甘やかすのではなく教育する場を作ることも、現役を引退したプ ロゴルファーのひとつの生き方で、応援していただいたファンの方々に恩返しをする「第二のプロゴルファー人生」のはずです。人気重視の「スポンサー対策」 だけを考えた人選では、若手の台頭が著しい韓国を含め、マーケットが広がりつつある中国にもおいていかれそうで心配です。

LPGA は、アニカ・ソレンスタム、ロレーナ・オチョアという一時代を築いた女王たちが次々と去り、激動の時を迎えています。絶対的な存在が抜けて一昨年は申智 愛、昨年はチェ・ナヨンが賞金女王を手にし、今年も多くの選手が「女王」になる可能性があるシーズンが幕を開けようとしています。

昨シーズン5勝を挙げる活躍を見せた宮里藍は、残念ながら最終的に賞金ランキング6位に終わりましたが、内容的には女王になっても不思議のない、素晴らし い活躍でした。目標に掲げていた年間最優秀選手(POY)争いでも、トップに僅差の2位でした。POYを獲得しGWAA(全米記者協会)最優秀選手にも選 ばれた台湾のヤニ・ツェンは、今年3勝でしたが、LPGAのメジャー2試合(クラフトナビスコ選手権と全英女子オープン)に優勝し、8回のトップ10フィ ニッシュ、賞金ランキングは4位でしたが、メジャーでの活躍でポイントを稼ぎ「女王」の座を手にしました。

宮里はシーズン終盤には、タイトル争いの意識からか苦しみました。しかし「良い勉強、良い経験になった」と、米国では初のタイトル争いが、さらなる高みへ と導いてくれるはずです。新女王候補の1人として、非常に高い期待を背負ってのシーズン開幕となります。2月17日から「2011・HONDA・ LPGA・THAILAND」が開催されるサイアムCC・オールドコースに「ディフェンディング・チャンピオン」として帰ってきます。他の日本勢では、宮 里美香と上田桃子もツアーメンバーとして開幕を迎えます。上田は賞金ランク44位、美香は17位でシード権を獲得しています。上田は度重なるけがのため、 昨年は日米ツアーで目立った成績を残せず、上田にとってはプロ入り後もっとも辛く、苦しいシーズンとなったことでしょう。スイング改造を新しい外国人コー チと取り組んでいます。「新しいことをやるうちに自分のゴルフができなくなって、ゴルフを楽しむことができなかった」と、心中を明かしています。「世界一 になる」と渡米してから3年目のシーズンで、英語での生活にも慣れてくる頃です。苦しみを乗り越えて成長するタイプの選手で、今年は大きく期待してよさそ うです。

本格参戦2年目にして、早くも頭角を見せ始めた宮里美香にも期待が集まりそうです。海外メジャーでも優勝争いを演じるなど、その名前は徐々に米国でも浸透 し始めています。「日本女子オープン」を獲り、もはや“Another Miyazato”ではありません。目標に掲げる米国ツアー初勝利も、はっきりと視界に捉えられるポジションまで上り詰めてきました。同じ歳でジュニア時 代からのライバルのヤニ・ツェンが、すでにメジャー3勝目を挙げたことにも刺激を受けているようです。日本のファンにとっては、これまで以上に楽しみな LPGAシーズンが待ち受けているように思います。

バンコクライフ創刊号

新年あけましておめでとうございます。今年もゴルフに関する情報をお伝えしていきたいと思います。「タイガーが交通事故で 重体!」というセンセーショナルなニュースが飛び込んで来たのは2009年11月27日のことでした。自宅近くの消火栓に衝突し愛車を大破させた事故が、 まさかタイガーの運命を狂わす一連の「不倫スキャンダル」の発端になろうとは。あれから1年が経ち、本人、そして同じツアーで戦う選手たちは、一体何を感 じているのでしょうか。

アーニー・エルスは「正直彼はよくやっていると思う。人生で最も辛く厳しい時に、進むべき道を見つけて困難を乗り越えてきたんだから尊敬するよ。今は自信 を少し失っているだけ。メジャーにもきっと勝つ。それだけの資質を持ったゴルファーだからね」と好意的なコメント。世界ナンバーワンを奪い取ったリー・ ウェストウッドは「あの一件で、彼も自分たちと同じように“人間”だったんだ、ということを痛感させられた」と語っています。
ギャラリーや仲間のプロゴルファー、メディアを含めた、周囲のタイガーを見る目や反応といった環境が、それまでの「優等生タイガー」と接するのと違うのは 当たり前で、タイガー自身も敏感に感じていたはずです。自分が犯した罪とはいえ、ゴルフに集中できなかったのは当然で未勝利に終ったのも、いたしかたな かったのではないでしょうか。タイガーは「またサンクスギビング(11月末にある米国の祝日、その夜に事故が起きた)がやって来る。我々は曲がり角を曲が りながら新たなページをめくり、常に前を向いて進まなければならない」と語っています。

タイガーが最近再開したツイッターや、ニューズウィーク誌のインタビューの中で、ファンに向かって伝えたかったこととして「これまで如何にファンが支援し てくれていたかは最大の驚きだった。自分を取り戻すことが立ち直る唯一の方法でした。自分のしたことを認識した時は不幸だったし、してはならないことをし てしまった」と深い反省を語り、このことで何を学んだか?と尋ねられると、「かつての自分ではなかった」と付け加えています。今は幸せか?との質問には、 「そう思う。自分のことをより理解し、これからどうなりたいかもわかった」と答えています。新しく迎えたコーチ、ショーン・フォーリーと共に変えているス イングについては「ほんの断片的な部分(bits and piece)」と説明し、「ミスの修正方法が少し変わった」と付け加えています。

不倫騒動、家族との別離、コーチとの決別、故障、シーズン未勝利と、タイガーにとって2010年はまさに苦難のシーズンでした。「徐々に自分が失っていた バランスを取り戻しつつある。自分のヒーリング過程は完治からほど遠いが、今まで見逃していたことを感じ始めている。自分は勝利がトロフィーではなく笑顔 であること、そして普通の生活が喜びだということを学んでいる」とも語っています。「自分を偽っていた昔より今の自分の方が好き」というタイガーの 2011年シーズンはすぐに始まります。

年末、タイガーはフロリダ州ジュピターアイランドの新居に引っ越しました。2年前、3,500万ドルで購入した廃屋を、1,500万ドルかけてリフォーム したとのことです。新居の庭にはゴルフコースもあり、その広さはタイガーがドライバーを打てるほど広大で、4つのグリーンはすべてバンカーでガードされて おり、「全英オープン」でおなじみのポットバンカーも3つ作られているようです。ゴルファーならこんな家に住んでみたいと思うのは当然ですが、自業自得と はいえ独りでゴルフをするのも、独りで住むのも寂しいですね。現在タイガーの最優先事項は二人の子供達に会うことのようですが、ジュピターアイランドの新 居は子供達とゴルフをするための新居だったのではないでしょうか。インタビューでタイガーは息子と練習用ゴルフボールで遊んだことに触れています。亡父 アールがタイガーにしてくれたように、「毎日、子供達に何かを教えようとしている」と語り、そして「時が来たら過去に起きた真実についても教えようと思っ ている」と付け加えています。「父はいつも”愛は与えられるものだが、信頼と尊敬は、自ら勝ち得るもの”と言っていた」ともコメントしていますが、真に 今、タイガーが自分で勝ち取りたいと望んでいるものなのでしょう。

タイガーの2010年最終戦「シェブロン・ワールドチャレンジ」最終日は、復活をかけて単独首位からのスタートでした。1番・3番共に2m前後のパーパッ トが入らずスコアを落とします。逆に4打差で2位スタートのグレーム・マクドウェルが5番までに3バーディと猛チャージ。13番パー5まではなんとか1打 リードを保っていたのですが、ティショットを左ラフに入れたタイガーは出すだけ、G・マクドウェルは絶好のポジションから右サイドに2オン。タイガーの3 打目はキャリーでグリーンオーバー、そこからのアプローチは傾斜で止まらずまたオーバー、さらにそこから2mオーバーして返しが入らず、ダブルボギーを叩 いてしまいます。

G・マクドウェルは手堅く2パットのバーディで、一気に2打リードと逆転したのです。直後の14番でG・マクドウェルはティショットを右のラフに打ち込み ボギーを叩き、1打差で迎えた17番パー3。タイガーは左5mにナイスオン。G・マクドウェルはグリーンをキャリーでオーバーしてブッシュに打ち込みま す。アンプレヤブルを宣言し、ワンペナを払いグリーン後方の一段上がったティグラウンド横にドロップしましたが、ピンが見えない打ち下ろしの難しいアプ ローチが残りました。しかしそこから2mにナイスオン。タイガーは決めれば絶対有利のパットが入らず、大ピンチだったG・マクドウェルはこれを冷静に決め て、二人が並び勝負は最終18番へ。

タイガーのセカンドは完璧で1mにナイスオンしてド派手なガッツポーズ。17番に続き、またしても追い込まれた状況でマクドウェルは5m左手前にオン。し かしタイガーが見守る中これを決め、タイガーを見ながらガッツポーズを決めました。タイガーも決めてプレーオフに突入したのですが、1ホール目で同じよう なシチュエーションから先にバーディを奪ったG・マクドウェルが、3mを外したタイガーを破り、逆転勝利を手にしたのです。

タイガーの敗因はやはりパットでした。「マスターズ」は最終日5番までで3ボギー、「全米オープン」も6番まで3ボギーとし首位戦線から脱落と、ベストテ ンに入ったメジャーは共に、最終日前半のミスパットが響きました。最終戦も今年一年を象徴するかのような結果で、ここぞという時にパットを決めきれずに負 けたことになります。今回も使用パターは、「全英オープン」や「ライダー・カップ」でも使った「ナイキメソッド003」でした。10年以上使い続けた 「S・キャメロン・ニューポート」からのスイッチは「転がりが良いから」ということですが、パッティングの不調は深刻な状態のように思えます。

2010年のメジャーは、「マスターズ」のF・ミケルソン以外、欧州PGAツアーメンバーが3大会で優勝を飾りました。好調だった欧州勢の急先鋒、「全米 オープン」で初メジャーを飾ったG・マクドウェルが「シェブロン・ワールドチャレンジ」でタイガーを下し、「全米プロ」優勝のマーチン・カイマーと共に、 「欧州ツアー最優秀選手賞」を獲得しました。欧州ツアーの記者、評論家による審査委員の投票の結果、二人に与えられることになったのは、欧州ツアー26年 の歴史でも初めてのことです。

また2010年度「PGAツアー最優秀選手賞」は「FedExカップ」を制し、PGAツアーでも3勝したジム・フューリックに授与されることが、仲間のプ レーヤーによる投票により決定しました。「PGAツアーの新人王」は祖父が日本人のリッキー・ユタカ・ファウラーに決まりました。2011年シーズンでの 「王者タイガー」復活はあるのか?日本人選手の活躍も期待して、コラムを書いていきます。今年もよろしくお願いします。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.