Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■8月1日 ルール変更
■7月15日 ホスピタリティ
■7月1日 P・ミケルソンの奇行
■6月15日 本番力
■6月1日 ツアーの今後
■小平PGAツアー優勝 5月1日
■マスターズウイーク 4月15日
■ルール変更 4月1日
■ベースボールグリップ 3月15日
■3月1日コラム

アーカイブ
■November 2018 (5)
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

石川の決意

石川遼の2011年シーズンは、3年連続の出場となる米ツアー「ノーザントラスト・オープン」からでした。年頭から目標に 掲げているように米ツアーで、そして「マスターズ」で優勝争いができるのかという『夢の戦い』に向けた調整をしていましたが、「賞金ランク125位を目指 す」というサブテーマの達成も、石川には重要なことです。米ツアーではランク125位以内の選手に翌年のシード権が与えられます。米ツアーにメンバー登録 をしていない石川や池田でもシード権を手にすることができる唯一の方法です。推薦などを受けて日本からスポット参戦する選手は出場試合数が限定されるため 「シード入り」が難しいのです。昨年の125位の選手は78万6977ドルでしたが、石川の2010年の米ツアー獲得賞金額は33万6430ドル(WGC の賞金を含む)。同じように米ツアーのシードを意識していた池田勇太も26万3713ドルを稼いだだけに終わっています。賞金王を争った、日本を代表する 2人がいずれも遠く及ばなかった「シード権125位」でした。

石川は現実を直視するかのように、昨年の米国参戦を振り返り「今年もかすかな望みをかけて最後の最後まで挑戦したけど、フォールシリーズに出ても今のゴル フじゃ絶対に無理だと思った。もし125位以内に入れたら、米ツアー参戦はその時の自分が決めること。また来年もダメかもしれないし、その次もダメだと思 わされるかもしれない。とりあえず今年は全然ダメだなという感じでした」と語っています。米ツアーの出場権を得るにはQスクールに出場する方法もあります が、最終予選会が開催される12月は、日本ではツアー大詰めを迎えており、この時期に日本を離れる影響の大きさを考えると石川にとっては難しい選択肢とい えます。今田竜二は米下部ツアーのネイションワイドツアーで賞金ランク上位に入り、レギュラーツアーのシード権を手にしましたが、これも日本を主戦場にす る石川には無理な話です。

過去に「125位以内」を達成した丸山茂樹は1999年にスポット参戦を繰り返し、WGCの2試合での好成績でシード権を獲得しました。これを契機に米ツ アーに腰を据え、日本人最多となる米ツアー3勝を挙げる活躍をしました。石川も丸山のステップアップを目指しているはずですが、石川はシードについて「目 指してはいきたいけど、今の自分がそこに手が届く実力があるかどうかはやってみなきゃ分からない。それを考える前にやるべき核となる目標がある。自分のた めだけでなく、日本のゴルフファンのためにも、日本のゴルファーがここまでできると発信していかないと」と、日本を主戦場にする想いを語っています。

「優勝」に手が届けば文句なしですが「トップ10」入りを繰り返すことがシード奪取の必須条件で、獲得出来れば石川、池田はともに米ツアーで戦う決断を下 すこととなるでしょう。日本ツアーは4月に開幕して12月まで続くのに対して、米ツアーは野球やバスケットボール等、他の人気スポーツのプレーオフと日程 が重ねるのを嫌い、1月に始まって9月には「ザ・ツアー選手権」でシーズンを終え、シード権争いの「フォールシリーズ」に突入します。今シーズン最初のメ ジャー「マスターズ」は、まだ日本ツアーの開幕前に行われることになり、日本の選手はいつも調整段階で「夢の大舞台」に挑まざるを得ないのが現実です。 シーズンを3カ月戦ってきた海外の選手とは、コンディションに差が生じるのは当たり前のことです。石川の父・勝美さんは昨年12月のツアー最終戦を終えた 時に「来週がマスターズだったら、ちょっとは盛り上げられるかもしれないね」と語っていましたが、石川が米国で活躍するためには、日程の調整も重要な課題 ということになります。

「マスターズ優勝」を目標にしている石川は初戦の「ノーザントラスト・オープン」に向けて、去年より1週間以上早い2月上旬には渡米し、4月の「マスター ズ」まで2カ月以上米国に滞在し続けるという、異例の長期滞在で準備をしました。「マスターズ」を含めて6試合に出場と、これだけ試合数をこなせば、細か な調整も十分にできるだろうし、試合勘などの不安も消えると考えたのです。しかし現実はマッチプレー選手権一回戦負けを含め、5試合で予選通過はわずか一 試合だけでした。東日本大震災が起きた3月11日は、唯一予選通過を果たした「WGC・キャデラック選手権」に出場中でした。不安な気持ちが、最終日のプ レーに影響したのでしょうが、最終日を16位タイで迎えた石川は、終盤にスコアを崩し42位タイに終わっています。

プレーを終えた後、海外メディアに囲まれた石川はこう答えています。「日本は今までにないくらい大変なことになってると思うので心配です。日本の国内では スポーツが中断されているけど、ゴルフだけでなくサッカーとか、海外で頑張っているスポーツの力で日本を勇気づけられればいいなと思った。そういう風に切 り替えてやるしかないです」と答えるのが精一杯で、石川の表情は硬くこわばっていました。

石川は被災地の過酷な状況をニュースで見たのでしょうが、欧米で流れるのは日本では放送されないような、特に悲惨な映像ばかりのはずで、大学時代を仙台で 過ごした池田とともに大きなショックを受けたことでしょう。池田は複雑な思いを「ここでゴルフをしていていいのかという気持ちは正直なところあるけども、 それはもうしょうがないこと、自分には(出身地の)千葉と仙台しかないから辛い」と第二の故郷を思って苦しんでいました。

石川は「今すぐ日本に戻っても現場に駆けつけることもできないし、助けるプロフェッショナルや物資を運ぶプロがいる。だからこそ、僕も自分たちにできるこ とをやろうと思いました。普段はスポーツの素晴らしさを見せる立場にいる人間として、それを変えることなく、この瞬間もやり続けるしかない」と、宮里藍や 有村智恵ら多くの女子プロたちがツイッターやブログを通じて支援を表明する中で、石川は4月の「マスターズ」まで米国でゴルフに打ち込む決意を固めたので す。今年の「マスターズ」に参加した4人の日本人選手は、アマチュアの松山英樹を除けば、石川遼も池田勇太も藤田寛之も「前年末の世界ランク50位以内」 という資格での出場になります。「世界ランキング」はメジャーやWGCが出場選手を決めるために採用しているゴルフ界の“通行手形”のようなものです。全 米オープンは従来50位までだった出場枠を60位まで拡大し、代わりに「日本ツアーの前年賞金ランク上位2人」など各国ツアーの成績に基づく資格を排除す る方針で、より世界ランク重視の姿勢を打ち出しています。世界ランクは各選手が試合で稼いだポイントに基づいて算出され、ツアーのレベルに応じて各試合の 優勝に与えられる得点は以下のように差がついています。 米ツアー、欧州ツアーが24点と最も高く、日本とオーストラリアツアーは16点。アジアンツアー、南アフリカツアー、米下部ツアーは14点と差がついてい ます。メジャーや各国のナショナルオープンではポイントが増えますが、日本ツアーは欧米ツアーに次ぐ扱いを受けていることになります。この高ポイントのお かげで日本ツアー上位の選手が、世界の大舞台に立つことができたのです。

しかし昨年8月の全米プロでは日本勢5人がそろって予選落ちし、今年2月のアクセンチュア・マッチプレーでも石川、池田、藤田がそろって1回戦で姿を消し ています。昨年日本ツアー賞金王の金庚泰やブレンダン・ジョーンズといった日本で活躍する外国人選手まで1回戦で全滅という最悪の結果でした。日本人選手 の海外での不振は、日本ツアーの実力に疑問が投げかけられても当然ですし、恵まれていたポイントに変化を与えることになります。今年7月の全英オープンで は国際ゴルフ連盟の理事会が開かれますが、それまでに日本選手の活躍がなければ、世界ランクの配分ポイントが改定される可能性が高いように思います。この コラムが掲載される4月15日には結果が出ていますが、世界が注視する「マスターズ」は、日本ツアーへの評価を高める最後のチャンスです。世界への扉を押 し開くか、閉ざしてしまうかは、まさに石川たちの戦いぶりに懸かっています。'69年生まれの藤田、'85年生まれの池田、'91年生まれの石川と'92 年生まれの松山。彼らの年代差が、どういう形でゲームに現れるかも興味深いのですが、藤田のパッティング技術は日本を代表する上手さで、ミスショットをし てもそれをリカバリーしてパーを拾うゴルフスタイルは「メジャー」でも十分通用するはずです。フィジカル、メンタルのバランスが重要で、パワーだけに頼ろ うとすると大怪我をしてしまうのが「メジャー」です。今年の藤田に期待を抱くのは、確立されたプレースタイルとメンタリティの強さからです。

「マスターズ」2年連続予選落ちの石川は、この試合から東日本大震災の被災者支援に今季の獲得賞金を全額寄付すると表明しました。「今シーズンの獲得賞金 を全額、寄付することに決めました。トータルで2億円を目指したいと思っています。被災地の皆さんは、これから長い戦いになるでしょう。ボクも一緒に頑張 ります」と、自身の成績と支援額を連動させた『もうひとつの夢の戦い』がスタートします。デビュー以来、何かと驚かされてきた百年に一人の逸材の活躍が 「日本の復興」に大きな力を与えることを期待しましょう。

復興支援の動き

東北地方を襲った大地震とその後の巨大津波により、甚大な被害と悲劇を形容する言葉が見当たりません。被災地の様子を新聞 やテレビで見るたびに、その被害の大きさに愕然とし、心を痛めるばかりです。この天災によって亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。また 現在も被災地において苦しまれている大勢の方々へ、心よりお見舞いと同情を申し上げるとともに、一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

ゴルフ界でも復興支援に向けた取り組みが広がりつつあります。プロゴルファーやゴルフ業界等の支援の取り組みをご紹介しますと、甲子園にも出場し話題に なった東北高校出身の有村智恵プロがいち早く行動を起こしたのが「Just Giving」というサイト内に「Team Japan #Golf」を立ち上げ、その活動に賛同する多くのプロやファンが同じように募金活動を始めています。「Just Giving(ジャスト ギビング)」とは、2001年英国人女性、Zarine KharasとAnne-Marie Hubyにより設立されました。サービス開始当初から数えて、世界でのべ1200万人が利用、10月の総計で980億円以上の寄付が集まっており、イン ターネット時代のファンドレイジング・ツールとして確固たる地位を築いています。高校時代を仙台で過ごし第2の故郷とする有村は「私を育ててくれた街の変 わり果てた姿に、ただただ声を失い、祈ることしか出来ません。一人でも多くの方が助かり、一人でも多くの方が家族と共に過ごし、一秒でも早く、暖かい部屋 で美味しいものをおなかいっぱいに食べれる時がくるように願っています」とコメントしています。

宮里美香や北田瑠衣の他、芹澤ファミリーの、宮本、藤田や東北福祉大出身の谷原秀人、藤島4姉弟も有村と同様に「チームページ」を作成し、募金活動をはじ めています。上原彩子は義援金として200万円を送っていますし、関西に拠点を置く若手女子ゴルファーが東日本大震災の被災者支援のためと、神戸市中央区 の練習場「ポートアイランドゴルフ倶楽部」でチャリティーレッスン会を開催しました。 藤本麻子、茂木宏美、桜井有希、中村香織ら20人以上が、参加費2500円を支払った計100人のゴルファーを対象にレッスンと、サイン入りグッズの販売 を行いました。集まった寄付金は日本赤十字社を通じて被災地に全額寄付されましたが、発起人の中村香織は「小学校2年生の時に起きた阪神大震災の惨状を覚 えていたのと、選手の中に“何かできないか”という気持ちがたくさんあった。震災があった神戸でできればと思った」と説明しています。

横峯さくらはゴルフスクール「さくらアカデミー」の旧本拠地の鹿児島校を被災者に開放し、被災者の遠方避難を支援することを決めました。生徒用の寮設備を 利用し、約30世帯の受け入れが可能だということです。全寮制のゴルフスクール「さくらアカデミー」は昨年3月、拠点を鹿児島から宮崎に移転したのです が、敷地内にある生徒用の寮は未使用で空いていました。寮には風呂、台所も完備しています。新たに調理師も雇う予定で、近隣には保育園、小中学校もあるた め、子供だけでも受け入れることができるようです。
横峯は賞金の一部から費用を捻出するなど全力でサポート。「少しでも役に立てたらうれしい。ツアー再開後は、被災者に勇気を与えられるようなプレーを見せたい」と話しています。

石川遼は自身のウェブサイトで販売しているヘッドカバー(1,000円)の売上金を全額義援金にすることを決めました。「トランジション選手権」の初日、 パー3以外の13ホール中5ホールで、ティーショットにドライバー以外のクラブを選択していました。「ドライバーで打たないホールが多いので、気持ちの整 理をするのが難しく、(刻んで)逃げようと思えば逃げられるけど、そういうゴルフはしたくない」と戸惑いながらのラウンドで、4バーディ、4ボギーの71 と67位で初日を終えました。イーブンパーのスタートの2日目は、一時は2アンダーまでスコアを伸ばしたのですが、13番でダブルボギー、14番でボギー をたたき73の通算2オーバーで決勝ラウンドには進めませんでした。「出だしはすごく良かったけど、池に落とした13番のティーショットに悔いが残るか な。ボギーが多かった。そこらへんが、まだまだ甘い」と肩を落としていましたが、「日本の皆さんのために頑張りたい」と誓い、今季からキャディバッグに日 の丸を縫いこんだ石川には「マスターズ」までの連戦で、なんとか明るい話題を被災者の方々に届けてほしいと思います。

PGAツアーに参戦中の今田竜二は、「トランジションズ選手権」でバーディを一つ奪う毎に1,000ドルを寄付することを決めました。集まった募金は PGAツアーを通じて米国の赤十字組織に送ることになっています。「先週から何かできないかと考えていた。ツアーで協力してサポートできないかと」という 今田は自ら筆を執って英語で「先週、僕の故郷である日本で震災が起こったのを皆さんご存知でしょう。地震で災害を受けたたくさんの人々の役に立てるよう僕 は今週の大会でバーディ一つにつき、1,000ドルを寄付することを決めました。僕に賛同してくれる方がいてくれたら、本当にありがたい」と書きました。 この手紙をツアースタッフに頼み150枚分のコピーを選手のロッカーに一枚ずつ入れてもらったところ、ビジェイ・シン、デビッド・デュバル、ロリー・サバ ティーニ、ブラント・ステネガーらや数十名がこのチャリティに賛同し、チャリティに協力しました。

提案した今田の初日は、残念ながらノーバーディでした。最終18番でバーディパットを外すと、右手で太ももを強く叩き、自分への怒りをあらわにしていまし た。「バーディを取りたい、取りたいという気持ちが、空回りしてしまった」と悔しさを滲ませて臨んだ2日目の前半のインコース9ホールでも、パットに苦し みバーディが奪えないまま後半へ「グリーンが合わないとかではなく、自分が下手」。しかし折り返しの後半1番(パー5)。第3打をグリーン左手前のバン カーからピンそば1.5メートルにつけて、今大会を通じて28ホール目にして初のバーディを奪いました。「27ホールバーディが無かったし、あのくらいの パットを外していたので緊張した」と初バーディに安堵の表情を見せて、3番ではグリーン奥からチップインバーディ。「予選落ちが決まっていてもバーディを 狙っていった」のですが残念ながら今大会での自身のチャリティは2,000ドルとなり、悔しい2日間になりました。かつて日本ツアーでプレーしていたこと もある韓国の崔京周(K・J・チョイ)は米赤十字を通し10万ドル(約800万円)をすでに寄付していましたし、バッバ・ワトソンも被災地に向けた義援金 として5万ドルの寄付を、米赤十字社を通じて送ることをツアー側に要請しています。

ゴルフどころではない状況ですが被害に遭った工場やコースも多く、被害が広がっています。福島第1原子力発電所から11㎞に位置する藤倉ゴム工業小高工場 (シャフト生産)は現在、避難区域に指定され、自衛隊の管理下に置かれています。昨年11月に稼動した最新鋭の工場ですが、復旧の見通しは不明です。

東北地方に9コース、茨城県10コース、千葉県16コースを保有するアコーディア・ゴルフは、被災地域のゴルフ場で陥没や亀裂などが確認されたことを明ら かにしました。「当面の間、営業休止」のゴルフ場は、宮城県のおおさとGC(コース内に陥没)、花の杜GC(同)、宮城野GC(同)などで、福島県のリベ ラルヒルズGCは福島第1原子力発電所の事故に伴い、退去命令を受けた。茨城県のセントラルGCはコース内の亀裂と陥没、ワイルドダックCCは陥没と液状 化現象など、深刻な被害に見舞われているようです。また義援金2,000万円を寄付すると発表したPGMは、宮城県内の6コース、福島県内の2コースなど で「営業再開の目処が立たない」と発表。これ以外でも、多くの系列コースで当分の間クローズを決めています。被災地域における営業再開は、安全確保と停電 などによる「省エネ営業」への来場者の承諾などを前提に、都度、判断をしていく予定とのことですがコースの陥没やクラブハウスの倒壊、に伴いプレー人口の 激減も予想され、メーカーやゴルフ業界にとっても、厳しい状況が予想されます。

ゴルフ業界ではありませんが、ユニクロが被災地へヒートテック30万着を寄贈、ユニクロ柳井社長が個人で10億円の義援金を真っ先に発表しています。30 万着のヒートテックは、避難している方々へ「人の暖かさ」を届けることになります。頻発する余震に惑わされるように、株安、円高、ガソリンの枯渇、食品の 買占めや、停電による大混乱と、被災地以外でも生活に密着する重大事が山積みで「日本全体」を悲劇が襲っているように思います。海外に生活する自分にでき ることは何なのか?考えさせられる毎日ですね。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.