Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■12月1日バンコクライフコラム
■11月1日バンコクライフコラム
■バンコクライフ掲載コラム 10月15日
■10月1日 バンコクライフコラム
■バンコクライフ9月15日コラム
■バンコクライフ9月1日号コラム
■ゴルフスタイル2月号
■日本シリーズ ゴルフスタイル新年号
■岩田に罰則 ゴルフスタイル12月号
■日本オープン ゴルフスタイル11月号

アーカイブ
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

プロゴルファーの手本

 アジアンツアーとの共催「パナソニック・オープン」は、平塚哲二が逆転優勝を飾りました。平塚はアジア・欧州・日本と3ツアーに出場し、去年はアジアで3勝を挙げていますが、今年は「全英オープン」と「全米プロ」にも出場しています。アジアから世界へ、日本を飛び越えて活躍していましたが、この勝利でアジアンツアー賞金王の可能性が出てきました。

 

12月15日から開催されるアジアンツアー最終戦「タイランド・チャンピオンシップ」にその平塚哲二と、石川遼が参戦することになりました。平塚はアジアンツアー賞金王を狙います。日本の報道では、石川と「全米王者」ロリー・マキロイとの対決とありますが、世界ランク2位のリー・ウェストウッドと「全英王者」のダレン・クラークと、超大物の来タイで年末のアマタスプリングスCCが楽しみになってきました。

 

フェデックス・カップ最終戦「ツアー選手権」のプレーオフは凄い決着でした。2打リードしていたビル・ハースが16番・18番をボギーとし8アンダーでホールアウト。首位に並んだハンター・メイハンと「1,000万ドル」というビッグボーナスをかけた、二人のプレーオフに持ち込まれたのです。

 

円高とはいえ約8億円という「年間王者」に与えられるビックプライス「1000万ドル」のボーナスに一番近かったのは、プレーオフシリーズで10位、優勝、5位とポイントトップ(2,500ポイント)で最終戦を迎えたウェブ・シンプソンでした。2009年からの参戦でしたが、今年8月に初勝利を挙げるまではシード権をを争っていたプレーヤーで、「1,000万ドル」のプレッシャーからか、3日目から切り返しが早く、上体が起き上がるようなスイングになっていました。最終日の後半は自分のスイングを取り戻していましたが後の祭りでした。最終日もスコアを2つ落として通算2オーバーの単独22位となり、大逆転で1位となったB・ハース(2,760ポイント)に僅か15ポイント足りず(2,745ポイント)「年間王者」獲得を逃してしまったのです。取り損なったボーナスは大金で、テレビで状況を見守る奥さんの視線冷たかったのも当然でしょう。

 

「1,000万ドル」のボーナスと「ツアー選手権優勝」のチャンスはプレーオフに残った2名以外に、最終ホールがバーディなら追いつくという勝負パットを決めにいって、結果3パットしてしまったジェイソン・デイにもありましたし、一打差で3位のK・J・チョイ、L・ドナルドにもありました。

 

同じく3位のA・バデリーは優勝しても「年間王者」にポイントが届かず、もしA・バデリーが勝つとW・シンプソンが「年間王者」という状況で、A・バデリーの最後のバーディチャンスを迎えた時は、W・シンプソン夫妻が映し出され、本人より力が入っているように見えましたが当然ですね。

 

2打差を追う17番セカンドで、珍しくバランスを崩しバーディが取れなかった世界ランク1位のルーク・ドナルドは、最終ホール意地のバーディでしたが、ワンストローク及ばずプレーオフには残れませんでした。今週は何度かバランスを崩すシーンや、トップで左リストがシャットになり、インパクトが強くなるようなシーンが見られましたが、これも「1,000万ドル」のプレッシャーだったのでしょうか。

 

最終組のH・メイハンとA・バデリーは、タイガーと同じショーン・フォーリーがスイングコーチです。タイガーとH・メイハンはもともと仲が良く、練習仲間でした。その関係でタイガーと同世代のS・フォーリーが「コーチ不在」となったタイガーのスイングチェックを始めたのです。ジャスティン・ローズも同じコーチですが、タイガーだけがいまだに結果がでません。A・バデリーはショーンから離れたという情報もありますが、二人とも右手だけの素振りをルーティーンに取り入れ、同じことに取り組んでいるように感じました。

 

練習場でプレーオフを待つB・ハースには、父親のジェイ・ハースが付ききりで何かをアドバイスしていました。そこにいたキャディも兄ジェイ・ジュニアというハース一家でしたが、プレーオフで使われる18番ホールの4日間の成績がボギー、パー、ダブルボギー、ボギーと相性が悪く、父から攻略法を伝授され練習していたのでしょう。

 

首位タイで迎えた18番パー3で、ハンター・メイハンは右のバンカーから手前に乗せてパーをセーブしプレーオフに持ち込まれたのですが、18番でのプレーオフを想定した練習の甲斐も無く、B・ハースは右のバンカーのさらに右のギャラリーの中に打ち込んでしまいます。とても寄りそうもない状況から、高いロブショットでピン奥3mの下りのスライスラインのパーパットを残しますが、このデリケートなパーパットを読みきり、見事に沈めパーセーブ。H・メイハンはまたしても右のバンカーからプレーオフを決めたのと同じラインに乗せてこちらもパーと勝負は17番に持ち込まれました。

 

左サイドがグリーンまでウォーターハザードになっている17番パー4のB・ハースのティショットは、最終日のラウンドと同じ右のバンカーに。そしてセカンドはピン奥に落ち、エッジを転がり落ちて、ウォーターバンカーからハザードまで転がりボールが半分見えるという大ピンチ、H・メイハンはピン奥4メートルにナイスオンし決着がつきそうな展開でした。

 

カメラを引くとB・ハースの姿が見えないほどの3m近い打ち上げの「ウォーターショット」でしたが、フェースを思い切り開いた、フルスイングのロブショットは、なんと1メートルに寄ってしまいます。本当に「寄ってしまった」という感じの「スーパーリカバリー」でした。呆気にとられたH・メイハンは、入れれば勝ちの下りのパットを決められず、結局二人ともパーで再び18番ホールへ持ち越されたのです。

 

この日18番が3度目のB・ハースは左奥のエッジに外しますが、それを見たH・メイハンは完全に起き上がり、またしても同じ右のバンカーでしたが、曲がりが大きくエッジまで距離がある3度目で一番難しいバンカーショットが残し、このバンカーショットを3m近くオーバーしてしまいます。

 

B・ハースはベリーパターで長い距離のグリーンエッジを転がす距離感の難しいパットでしたが、ナイスタッチで1mオーバーさせ、上りのパーパットを残します「1,000万ドル」のプレッシャーを「ヒューマンネイチャーだ」と表現したH・メイハンはパーパットを決められず、今期未勝利で一緒にラウンドしたL・ドナルドが最終ホールでバーディを決めた時、「優勝おめでとう」と祝福したというB・ハースは、260ポイントでスタートした自分が、ポイントトップに立ち「フェデックスカップ年間王者」となり「1,000万ドル」を獲得したことを表彰式まで知らなかったそうです。

 

優勝したB・ハースはこの試合の優勝賞金140万ドルに加え、「フェデックスカップ・ボーナス1,000万ドル」と1試合で合わせて1,140万ドル(約9億円)を獲得したのです。レギュラーツアーで積み上げたポイントランキング上位125名が、4大会で構成されるフェデックスカップ・プレーオフシリーズに進み、ここからのサバイバルに勝ち残ったのですが、各試合で成績の下位の選手を段階的にカットアウトしていき、上位選手が次の大会へ進むという方式で、最終戦の「ツアー選手権」で「年間王者」を決定するのです。

ザ・バークレイズ(出場人数ポイント上位125人)ドイツ銀行選手権(出場人数ポイント上位100人)BMW選手権(出場人数ポイント上位70人)ザ・ツアーチャンピオンシップ(出場人数ポイント上位30人)と試合ごとに人数が絞られて、最終戦を前にポイントがリセットされ、トップのW・シンプソンは2500ポイントからのスタートでした。最終戦でポイントを積み上げれば良かったのですが245ポイントしか獲得できず逆転されてしまいました。「ツアー選手権優勝者」にも2500ポイントが与えられ、今回の様にランキング上位が伸びなければ、大逆転での「1,000万ドル」獲得の可能性もあるということです。

しかしながらボーナスの「1,000万」ドルとは凄い金額です。決まった瞬間、グリーン奥にいた、父ジェイが両手を突き上げるのが息子の影で小さく映し出されていました。しかしジェイが息子に駆け寄ることはありませんでした。プロゴルファーとして息子を認め、息子の職場には立ち入らないということなのでしょう。

 

タイガーと父アールとのハグから欧米では家族の祝福が慣例となりつつあります。パク・セリが勝った時から、同伴競技者に対する配慮などなく、当たり前の様に飛び出しひんしゅくをかった、いつでも大騒ぎの韓国の父親達とは大違いです。息子ビルも父ジェイのそんな気持ちを理解しているのか、父親のほうは見向きもせずに、敗者を気遣うように、黙ってクラブハウスに消えていきました。とても清々しいスポーツマンシップで、良い映画を見せてもらった後のような感動的な最後でした。

 

父ジェイの伯父は1968年マスターズを制したボブ・ゴールビーで、キャディをしていたビルの兄、ジェイ・ジュニアもプロゴルファーです。兄弟共に父親ジェイと同じウェイクフォレスト大学で学んだのですが、ウェイクフォレスト大のゴルフ部監督はジェイの弟で

ビルにとっては叔父のジェリーという超良血ゴルフ一家です。ちなみに「1,000万ドル」を取り損なったW・シンプソンも、ウェイクフォレスト大の出身です。

ビルは学生時代三度オールアメリカンに輝いていますが、2002年の「全米アマチュア選手権」ではメダリストを獲得し、学生時代から将来を期待されていました。1988年に父親ジェイが優勝したことがある「ボブホープ・クラシック」を2010年にビルが優勝した時「父が歴代優勝者に名を連ねているボブホープで初優勝できたことは大きな感激」と語り、家族想いの「アメリカンヒーロー」を見るようでした。ビル・ハースのスイングは、何故勝てなかったのか不思議なほど素晴らしく、これからのアメリカを引っ張っていく大きな可能性を感じましたが、今回使っていたパターは前号のコラムで取り上げた「ベリーパター」でした。

 

 父のジェイ・ハースは米ツアーで9勝、その他8勝を挙げていまが、チャンピオンズツアーでは二度の賞金王に輝いています。また「プレジデントカップ」ではサブキャプテンとして活躍し、選手の間でも人望の厚いプレーヤーです。この優勝でビルは「プレジデントカップ」にキャプテン推薦で選ばれましたが、ジェイはサブキャプテンを引き受けるでしょうか。日本の人気プロゴルファーのなかには高額な使用契約金に目が眩み、平気で使用クラブを変え、ファンをガッカリさせるプロもいますが、ジェイは30年以上にわたりタイトリスト一筋で、息子のビルもタイトリストの看板プレーヤーです。日本人プロゴルファーにもメーカーに対する義理を重んじる先輩がたくさんいましたが、メーカーの顔になる以上、同じメーカーの製品を使い続けることが、プロゴルファーとしてもどれだけ大事なことなのかを、ハース親子が身をもって教えてくれているように思います。

 

 

マイノリティパター 10月1日号

ボビー・ロックからゲーリー・プレーヤーに引き継がれた南アフリカの「メジャーチャンプ」育成システムや、「全英オープン」を制したダレン・クラークが母国の北アイルランドに設立した「ジュニア育成基金」から、ロリー・マキロイがメジャーチャンプに育ったことなどをこのコラムに掲載してきました。日本のジュニアゴルファーに与えられた環境と、他国のジュニアゴルファーに対する待遇の違いを目の当たりにすると、日本が取り残されていくのは当然だと思います。

 

ルイ・ウーストハイゼンやチャール・シュワルツェルという若きメジャーチャンピオンを育てたのは、ゲーリー・プレーヤーによって育てられ、3度メジャーを制したアーニー・エルスが1999年に設立した「アーニー・エルス財団」でした。2006年には、世界的にも有名な「ファンコートホテル&ゴルフエステート社」の協力で「アーニー・エルス&ファンコート財団」を創立し、有望なジュニアゴルファーを対象に「プレー技術と、教養を兼ね備えたゴルファーに育てたい」と、さらにレベルの高い英才教育を始めています。その厚遇を得るための資格とは「南アフリカ市民でハイスクールに在学し、平均ストローク80以下の実力を持つ男女のジュニアゴルファー」となっています。「アーニー・エルス&ファンコート財団」のメンバーになると「財団」からサポートを毎年受けられるのですが、その内容は驚くほど充実しています。

 

学校の授業料(一人当たり最大1万ランド=約12万円)・ゴルフクラブ会員権と週一回のグリーンフィー・ドライビングレンジ会員権・PGAティーチングプロのコーチング料金・試合のエントリーフィと食事代・旅費、宿泊代、練習ラウンドのグリーンフィや練習ボール代と至れり尽くせりで、お金を心配することがなく、自分のプレーに集中できる環境が整っています。さらにE・エルスと契約を結んでいる「キャロウェイ社」によるウッド・アイアン・ウェッジ・パターのフィッティングによるゴルフクラブの提供・ゴルフバッグ・ゴルフシューズ・グローブ・ボール・ブレザーやゴルフウェアと、プレーに必要なゴルフ用品のすべてが、無償で与えられるのです。ハイスクールを卒業した将来が有望なメンバーに対しても、南ア国内の試合で平均ストローク77以下というアベレージを満たし、プロゴルファーの可能性があると「財団」に認められれば、最高3年までは、引き続き同様のサポートが受けられます。

 

ジーン・サラゼン、ベン・ホーガンに続くゴルフ史上3人目の「キャリア・グランドスラム(メジャー大会4冠獲得)」達成者となった「南アの英雄」ゲーリー・プレーヤーが「1994・全米オープン」プレーオフ前のロッカールームで、決戦の準備をしていたアーニー・エルスに「私の後を継ぐのは君だ、幸運を祈る」とメッセージを送った話は有名です。E・エルスは母国の偉大な先輩からの言葉を力に「メジャー初優勝」を果たしました。G・プレーヤーはその後もレティーフ・グーセン、トレバー・イメルマン、ルイ・ウーストハイゼン、チャール・シュワルツェルという母国の後輩が「メジャーチャンプ」となる決戦前夜に「君なら絶対にできる、決して諦めてはいけない」と、激励の電話やメッセージを必ず届けているそうです。この心温まる激励は、「南アの伝統」として、E・エルスをはじめ、次世代の後輩達に受け継がれていくのでしょう。

 

タイトリストを買収し、傘下に収めた韓国企業も同じような取り組みを始めるはずで、ゴルフ熱が高まりつつある中国も国を挙げて取り組んでくるでしょう。残念ながら南アフリカと同じようなジュニア育成プログラムは日本にはありません。かつて日本でのジュニア育成は「親まかせ」でした。ジュニアから活躍する選手は、中島常幸や丸山、伊沢の時代を経て、宮里、横峯、そして石川と、ほとんどが親の指導の元で強くなり、プロゴルファーとして世界に旅立っています。「親まかせ」で強くなったプレーヤーを「日本の宝」と、スポンサーのためにスケジュールに縛りをかけるゴルフ関係の団体、協会を含めた日本のゴルフ業界に、世界に通用するプレーヤーの育成能力は感じられません。

 

ジュニア育成では一歩先んじている米国ツアーでは、通常の長さ(32〜35インチ)のレギュラーパターを、中尺(ベリーパター・38〜42インチ)や長尺(ロングパター・45〜51インチ)」にスイッチする選手が最近目立ってきました。「ブリジストン・インビテーショナルを、長尺で優勝したアダム・スコットをはじめ「全米プロ」で初優勝を果たしたキーガン・ブラッドリーは「中尺での初メジャー制覇」でした。また「ウィンダム」を中尺で勝利をつかんだウェブ・シンプソンが「ドイツバンク選手権」までもプレーオフで制し、その時点で賞金ランキングとフェデックスランキングもトップに躍り出る大活躍です。

 

これでロングパターは今期7勝となりましたが、アダム・スコット以外は20歳代と若い選手の使用が目立ちます。チタンヘッドでゴルフを覚えた若者たちには、伝統的な形状より、メリットを重視する新しい流れが起こっているようです。レギュラー以外ということで長尺、中尺は同じ扱いにされているようですが、ロングとベリーの打ち方には、かなりの違いがあります。

 

「ロングパター」をシニアプロが多く使う理由の一つは「腰痛対策」が挙げられます。プロゴルファーの持病でもある「腰痛持ち」にとって、同じ姿勢で長時間のパター練習は辛いものです。「ロングパター」は腰の前傾が少ないので、長時間の練習でも腰が痛くなりません。年齢とともに視力が低下していきますが、前掲が少ない高い目線は視野が広がり、ショートパットでボールとカップが同じ視野の中に入りやすいため不安感が薄れ「パターイップス」になったプレーヤーの魔法の杖となります。 

 

「パターイップス」とは、外してはいけないという極度のプレッシャーから、手の感覚が無くなり、自分の意思通りにクラブを動かせなくなり固まってしまうパッティングの病気です。「ロングパター」の長所はグリップエンドを首の下あたりで固定し、肩のストロークでヘッドを振り子のように動かすため前腕の回転が抑えられ、手首や指先が余計な動きをせずにボールをラインに乗せることができます。また「ロングパター」や「ベリーパター」のヘッド重量は、「レギュラーパター」より重い設定になっているため、慣れると打ち急ぎがないために転がりが安定します。プレッシャーのかかる指先での繊細なタッチは必要なく、フェースの向きが安定し、ゆったりしたオートマチックな振り子式パッティングにより、ショートパットのストレスが解消されるのです。


また「グリーン上で他のプレーヤーを待っている時の姿勢が楽。杖代わりにしても長尺だからグリップエンドが胸の高さまであるので背中をピンと伸ばして待っていられる」という意見もあります。またシャフト、グリップを含めた総重量が重いため、スタート前に素振り使えば、体をほぐす「ストレッチ効果」もあるのです。

 

長尺のおかげで選手生命が延びたシニア選手が多く、そのためこのクラブは「ルール違反じゃないか?」とか「伝統的でなく美意識が許さない」という意見や、用具ルールを管理するUSGAやR&Aが、永久禁止を再検討するのではないかという、噂話が急速にエスカレートしています。ランキングトップに立ったウェブ・シンプソンは、将来使用禁止の可能性について「それはかなりクレージーだ。何故ならそれがもしそんなに易しいのなら、どうして皆が使わないのだ?自分はロングやベリーパターは依然マイノリティーだと思っている」と語っています。もし禁止するとなると、同様に伝統的な形状ではない極太のパターグリップや、ユーティリティも禁止しなくてはいけないことになりますね。

 

「ドイツバンク選手権」ではフィル・ミケルソンも中尺を使用して、大きな話題になりました。プロアマのラウンドから使い始め、よっぽどフィーリングが合ったのかそのまま試合でも採用し、29 ・ 31 ・ 27 ・ 28(平均28.8パット)と、全体(棄権した2名を除いた98名)では38位タイの平均パット数でした。本人は「特に最後の2日は2メートル以内のパットは自信を持って打てた。ナイスパットもいくつかあった。今週は一つも入らなかった3~7メートルくらいの距離をもう少し練習してみる。それがうまくいけばこのまま使い続けると思う。中尺のメリットは感じたので、もっと練習してタッチをつかみたい」と、デビュー戦にしてはなかなかの好感触だったようです。P・ミケルソンの「弟分」でもあり、頻繁に練習ラウンドを一緒に回っているキーガン・ブラッドリーが中尺で全米プロを優勝した頃から試していたようですが、K・ブラッドリーとの話の中で中尺の「選択肢がないわけではない」と、実戦投入となったようです。

 

最近中尺で実績を残した選手というと、昨年の米国賞金王マット・クーチャーですが、もっとさかのぼるとビジェイ・シンやコリン・モントゴメリーというビッグネームが愛用者でした。現在はアーニー・エルス、レティーフ・グーセンやフレッド・カプルスというベテランも中尺で活躍しています。

 

「ロングパター」を最初に使い出したのは?と考えると、ベルンハルト・ランガーの印象が一番強いのですが、実は「元祖ロングパター」は「欧州中のプロたちの共通の師匠」と慕われるボブ・トーランスの息子のサム・トーランスでした。欧州ツアーで21勝を挙げていますが「パターイップス」にかかり長尺を使い復活を果たし、2002年の「ライダーカップ」ではキャプテンを努め「欧州チーム」を優勝に導いたという名選手が元祖でした。

 

もしもタイガーが使って復活したら大変なことになるでしょうが、石川がパットに悩んだ挙句に「マイノリティパター」を握ったら、きっと日本でも一気にブームになるでしょう。格好やイメージがどうであれ、「マイノリティパター」が実績を残しているのは事実で、最先端ギアになる可能性もありますが、長さの設定が難しくメーカーは発売に慎重です。

 

長尺パターを使いこなすには重さに対する慣れと、自分に適した構えとポジションを見つけることが重要で、ある程度の練習が必要です。ショートパットには非常に効果があるものの、振り子ストロークに慣れていないとパンチが入りやすく、ロングパットの距離感を合わせるには練習が必要です。しかし一番の問題は長さが既成のもので合うかどうかということになります。

 

私は長年「ベリーパター」を使っています。自分の長さを決めるまで何回も調整し、今ではスムーズに振れる長さは判っています。「レギュラーパター」も同じですがメーカーが提供するような1インチ刻みの長さ設定では、絶対に扱いやすくなることはありません。自分が使いやすい長さでなければ、その効果を実感することは絶対にできません。お使いのパターを「ベリーパター」に改造することも可能です。「ロングパター」を含めた「パターフィッティング」は「サミーゴルフスタジオ」にお任せ下さい。

 

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.