Sammy's Golf Studio
LinkContact Us |  
HOME
SHOP
FITTING
GOLF GOODS
GOLF COURSE
BLOG
Sammy's Golf Studio - Kankokutei
最近の記事
■1月1日2020年
■12月15日2019年
■12月1日2019年
■11月15日2019年
■11月1日2019年
■10月15日2019年
■10月1日2019年
■9月15日 2019年
■9月1日2019年
■8月15日2019年

アーカイブ
■January 2020 (1)
■December 2019 (4)
■October 2019 (4)
■August 2019 (3)
■July 2019 (7)
■June 2019 (5)
■January 2019 (10)
■November 2018 (5)
■May 2018 (4)
■March 2018 (2)
■February 2018 (4)
■November 2017 (2)
■October 2017 (2)
■September 2017 (1)
■August 2017 (1)
■February 2016 (1)
■December 2015 (4)
■September 2015 (2)
■July 2015 (1)
■June 2015 (1)
■May 2015 (1)
■February 2015 (5)
■November 2014 (1)
■October 2014 (2)
■September 2014 (2)
■August 2014 (2)
■July 2014 (2)
■June 2014 (1)
■May 2014 (3)
■April 2014 (1)
■March 2014 (3)
■February 2014 (1)
■January 2014 (2)
■December 2013 (2)
■November 2013 (2)
■October 2013 (3)
■September 2013 (1)
■August 2013 (2)
■July 2013 (2)
■June 2013 (3)
■May 2013 (2)
■April 2013 (1)
■March 2013 (3)
■February 2013 (1)
■January 2013 (3)
■December 2012 (1)
■November 2012 (2)
■October 2012 (2)
■September 2012 (3)
■August 2012 (2)
■July 2012 (2)
■June 2012 (2)
■May 2012 (2)
■April 2012 (1)
■March 2012 (1)
■February 2012 (2)
■January 2012 (2)
■December 2011 (2)
■November 2011 (3)
■October 2011 (2)
■September 2011 (2)
■August 2011 (2)
■July 2011 (2)
■June 2011 (2)
■May 2011 (2)
■April 2011 (2)
■March 2011 (2)
■February 2011 (2)
■January 2011 (2)
■November 2010 (2)
■October 2010 (1)
■September 2010 (2)
■August 2010 (1)
■July 2010 (1)
■June 2010 (1)
■April 2010 (2)
■March 2010 (2)
■February 2010 (1)
■January 2010 (2)
■December 2009 (3)
■November 2009 (2)
■October 2009 (2)
■September 2009 (2)
■August 2009 (2)
■July 2009 (2)
■June 2009 (2)
■May 2009 (2)
■April 2009 (2)
■March 2009 (2)
■February 2009 (2)
■January 2009 (2)
■December 2008 (2)
■November 2008 (2)
■October 2008 (2)
■September 2008 (2)
■August 2008 (2)
■July 2008 (2)
■June 2008 (2)
■May 2008 (2)
■April 2008 (2)
■March 2008 (2)
■February 2008 (2)
■January 2008 (2)
■December 2007 (2)
■November 2007 (2)
■October 2007 (2)
■September 2007 (2)
■August 2007 (2)
■July 2007 (2)
■June 2007 (2)
■May 2007 (2)
■April 2007 (2)
■March 2007 (2)
■February 2007 (1)
■January 2007 (2)
■December 2006 (2)
■November 2006 (2)
■October 2006 (2)
■September 2006 (1)
■August 2006 (2)
■July 2006 (2)
■June 2006 (2)
■May 2006 (2)
■April 2006 (2)
■March 2006 (2)
■February 2006 (2)
■January 2006 (1)
■December 2005 (2)
■November 2005 (2)
■October 2005 (2)
■September 2005 (2)
■August 2005 (2)

image shop

SAMMY'S GOLF CO.,LTD.
Bangkok Studio
3FL, 593/13-14 Soi Sukhumvit 33/1, Sukhumvit Road., Klongtan-Nua, Wattana Bangkok 10110
MOBILE: 087-906-7272 (日本語)
FAX: 02-259-2662
URL: www.sammygolf.com
E-mail: sammy@sammygolf.com
Open: 12:00~20:00 (月曜定休)

打ちっぱなし(内輪話)

12月15日2019年

今年の女子ツアーの最大の話題は

「黄金世代」を代表する渋野の活躍でした、

昨年のファイナルクオリファイングトーナメントでは

 40位と今季の前半戦で何試合出場できるか

 分からなかった状況から

ツアー4勝を飾ったのは凄いことです

 「全英女子オープン」では、

42年ぶりに日本人海外メジャー制覇を果たし

「シンデレラストーリー」を完結させたのです。

 

シーズン出場6戦目となった

 「KTT杯バンテリンレディスオープン」の初日、

渋野はプロ転向以来ワーストとなる81を叩き、

 106位タイの最下位という最悪のスタートを切ります。

しかし2日目に66をマークし、50位タイで予選を通過

「コーチからやれるだけやってこいと言われたので

攻めようとは思っていましたが、

今日のゴルフは自分にも意味がわかりません(笑)」と、

今となっては渋野らしいコメントをしていました。

 

開き直ったときの強さ、

ここ一番での圧倒的な集中力の高さは

この時に始まっていたのです。

その勢いで翌週の

「フジサンケイ・レディスクラシック」2位タイに食い込み

さらに2週後の国内メジャーである

「ワールドレディスチャンピオンシップ・

サロンパスカップ」でツアー初優勝を飾りましたが、

この時点で渋野の強さは本物だと誰もが思い始めたのです。

 

今季を振り返ると、何かの目標を持ったときの

渋野は必ずと言っていいほど、

好スコアをマークしています。

「全英女子オープン」の出場権を得るには、

6月終了時での賞金ランキング5位以内に

入っていなければいけなかったのですが、

残り2試合となった時点で渋野は圏外でした、

しかし7位タイ、4位と結果を残し、

賞金ランキング3位に滑り込み、

見事出場権を手にしたのです

 

どちらも最終日に60台をマークして

順位を上げての結果で、上位に入れなければ

「全英女子オープン」の出場は叶わず、

渋野フィーバーもなかったでしょう。

 

数少ないチャンスをものにする

集中力が最大の武器ですが、

想像を絶するような練習量をこなしています

1年半前から渋野のコーチを務める青木翔氏によれば、

当初はサンドウェッジで1

600700球を打っていたといいます。

ボールをとらえる感覚や正しいスイングを

身につけることが狙いですが、

地道な練習を必死で繰り返してきたからこそ、

圧倒的なショット力が短期間で身についたのです。

「全英オープン」に出場する前、

「以前と比べれば、アイアンショットの精度や

アプローチ、パットといったショートゲームの

精度は上がってきていると思いますが、

まだまだ伸びしろがあると思うので

もっと頑張りたいです」と語っていた渋野ですが、

男女に関係なく、経験が重視されるゴルフの世界において、

新人がそう簡単に賞金ランキングの上位に

顔を出すことは考えにくく、

海外メジャーでは経験豊富なベテラン選手でも

優勝には手が届かないものです。

 

一躍話題となった「バウンスバック」は、

以前からゴルフ用語としては存在していたものの、

日本でここまで取り上げられたのは始めてです。

渋野の魂の叫びのような、

ボギー後のバーディというプレースタイルに、

ゴルフファンは惹きつけられました。

「なにくそ」精神でバーディパットをねじ込み、

ボギーを帳消しにする。

そんな時の渋野の目は、

一点しか見えていないように感じます。

研ぎ澄まされた集中力と、内に秘めた怒り。

これらの結集がバウンスバック率1位という数字に現れたのです。

笑顔ばかりがフィーチャーされる渋野ですが、

集中しきっているときの渋野は目を細め、

ギャラリーの声援に軽く応えるのみ。

 

視線は次のホールへと向かい、

獲物を捕らえる猛獣のような目つきをしています。

バーディを奪えば、満面のシブコスマイルで

ギャラリーを魅了する。

そんなドラマがプレー中に何度も訪れるため、

観戦していてもあっという間に

18ホールが終わってしまうというのが

渋野の魅力なのでしょう。

「メジャーチャンピオン」となった渋野は、

後半戦に入り「デサントレディース・東海クラシック」

8打差を逆転しての優勝を飾り

「大王製紙エリエールレディスオープン」では、

前週の大会で予選落ちしたにもかかわらず、

逆転で優勝しています。

前半戦同様、窮地に追い込まれるときほど

実力を発揮できる、

稀有なタイプであることを改めて証明しました。

 

「賞金女王」のタイトルこそ

奪えなかったものの2位に入り、

今後は自分もやればできると考える

若手がどんどん出てくるでしょう。

渋野と同じ98年度生まれの

「黄金世代」からは、来季のシード選手50人中11人が

ランクインしました。

彼女たちにしてみれば、

渋野に負けたくない気持ちは相当強いはずです。

「リコーカップ」の最終日に渋野と回り、

2位タイとなった2学年下の古江彩佳の世代は

「プラチナ世代」と呼ばれており、

将来有望な選手が数多く、

第二、第三の渋野を虎視眈々と狙っているのは

間違いありあません。

経験の浅い渋野の弱点はアプローチですが、

このオフにどこまで精度を上げるかに期待しましょう。

来年は海外のトーナメントに

出場する機会も増えてきますが、

長時間の移動で体調をどこまで

キープできるのかも課題になることでしょう。

大フィーバーが巻き起こった今年、

出歩けばサインや写真を求められるようになり、

気を遣って車の運転を自重するようになったといいます。

本来はミスが出ればすぐ仏頂面になり、

悔しさを隠そうともせず、笑顔だけでなく

喜怒哀楽のすべてが強く出るタイプです

しかし「全英オープン」優勝時の笑顔から名づけられた

スマイルシンデレラのイメージによって、

世間のイメージと自分本来の

キャラクターギャップにも悩み、

結果を求められ自身を見失っていた時期もありました

最終戦までもつれこんだ賞金女王争いは、

鈴木愛2017年以来となる

2度目の戴冠で幕を閉じました。

大きなプレッシャーがかかり、

弱音、愚痴、いら立ちが募り、

さらには様々な感情があふれるなか、

これらを隠すことなく鈴木は偉業を達成しました。

渋野と鈴木は同組で直接

ぶつかり合うことはありませんでしたが

大会2日目そして3日目と

、冷え込んだ夕方の練習グリーンで

女王をかけた2人が、

最後の最後までパッティング練習を繰り返し、

真っ暗になるまで球を転がし続けていたということです。

言葉を交わすことはなく、互いの練習に没頭し、

無言でたがいの意地を

ぶつけ合う姿は見ているものの心を奪ったということです。


圧倒的な練習量で努力を重ねるのは

2人だけではありませんが、

ツアー会場での練習量は

この2人がずば抜けているのは誰の目にも明らかです

パーオンホールでの平均パット数1位の鈴木と2位の渋野。

攻めのパッティングでバーディを取り続ける2ですが、

平均バーディ数1位は渋野で、鈴木は3です。

いつまでも球を転がし続ける2人の血のにじむような努力が

成長に結びついた一年でした。

国内女子ツアーの中心選手として19年を引っ張ってきた2人は、

軸足を日本に置きながら、

ともにメジャーを中心とした

海外試合のスポット参戦を増やしていき、

8月に行われる「東京五輪」の代表の座を争うことになります。

願わくば二人ともオリンピックランキング15位以内に入り、

畑岡と3人で出場して欲しいものです。

 

12月1日2019年

「三井住友VISA・太平洋マスターズ」は、
アマチュア世界ランキング1位の金谷拓実が
1イーグル6バーディ、3ボギーの「65」をマークし、
通算13アンダーで優勝しました。
アマチュアの優勝は1980年の倉本昌弘(中四国オープン)
2007年の石川遼(マンシングウェアオープンKSBカップ)
11年の松山英樹(三井住友VISA・太平洋マスターズ)に次ぐ
ツアー史上4人目という快挙です。
同じ最終組のショーン・ノリスと
通算11アンダーで並んだ最終18番のパー5で、
ティーショットを3Wでレイアップしながら2オンに成功。
7mのスライスラインをねじ込んでイーグルを奪い、
S・ノリスを1打差で振り切り
大きなガッツポーズを決めました。
優勝インタビューで「松山選手から
『プロのトーナメントで勝て』と言われていたので、
松山選手と同じステージで戦えるよう頑張りたい」と、
大学の先輩からのエールに応えたことを語りました。
広島出身の金谷は、両親の手ほどきを受けて
5歳でゴルフを始め、天才少年として注目され、
2015年に最年少の17歳で「日本アマチュア選手権」を制覇、
同年「日本オープン」で最年少ローアマを獲得。
輝かしいキャリアを残しプロの予選会挑戦しましたが
失敗したことで東北福祉大に進学しています。
18年の「アジアパシフィックアマチュア選手権」で優勝し、
19年の「マスターズ」にも出場しています。
松山も同じように最終ホールを
イーグルで締めくくり優勝していますが、
金谷は小学生の時その瞬間をテレビで観たといいます。
「18番で右のファーストカットから
ピンそば50㎝くらいのところに池のラインから
打っていってイーグル、メッチャ覚えています。
でも信じられない、思ってもみなかった」と、
松山の快挙を受け継ぐ重みを感じているようでした。
「プロのトーナメントで優勝したアマチュア選手は
たくさん活躍されている。
自分もそこに名前が入ってすごくうれしい」と、
素直に喜びを語りましたが、ニューヒーローが誕生しました。
最終日の7番、9番をいずれも3パットボギーとして、
1打のビハインドで迎えたサンデーバックナインでしたが、
11番のボギーで2打差にされても12番でバウンスバック、
15番からはS・ノリスとともに2連続バーディを奪って
マッチレースを挑みました。
「パットのスピードが全然合わなくて。
でもとにかく自分のベストを尽くそう」というその思いは
71ホール目以降で結実しました。
S・ノリスが17番をボギーとして首位に並ぶと、
18番のパー5は、残り220ydのセカンドを5Iで狙います。
池越えの低い弾道は、
本人の悲鳴を浴びながらピンが切られた
奥の段まで到達しましたが
「ミスショットでした。池を越えてくれと思った」と
ラッキーにも恵まれます。
2017年の「日本オープン」では、
激闘の末に池田勇太に敗れ2位に終わっていたためか
「入れることしか考えなかった。強めに打ちました」と、
7mのイーグルパットを、見事に決めた勝利でした。
今回の優勝で2021年度までの日本ツアーのシード権が与えられ、
その期間内にJGTOに申請すれば
ツアーメンバーになることができます。
ツアーメンバーになれば、
2021年末までの日本ツアーへのシード権が得られますが
「もちろん松山選手と同じ舞台でというか、世界一になりたい。
でもまだ学生も1年あるので、
人のアドバイスを聞きながら、自分で決めたいと思います」と、
話すにとどめています。
優勝者に来年の「マスターズ」「全英オープン」出場権が
与えられる連覇を狙った
「アジアパシフィックアマチュア選手権」ではプレーオフに突入。
リン・ユーシンとの対決は2ホール目で
バーディパットを外した金谷に対して
リン・ユーシンがバーディパットを決めたため2位に終わり、
松山英樹以来の大会連覇は果たせず、
来年のメジャー2大会出場を逃しました。
大学の阿部靖彦監督は
「プロに行きたい気持ちがあれば止めない」とした上で
「大学もあと1年。彼にはヨーロッパから
アメリカに行きたい夢がある。それは尊重してあげたい」と、
欧州ツアー経由での米ツアー挑戦の展望に言及しています。
今後の予定は
「文部科学大臣杯争奪第38回日本学生ゴルフ王座決定戦」
に出場し、世界アマチュアランキング1位の特別承認で
「エミレーツオーストラリアオープン」(12月5日~8日)に
参戦します。
同週開催の日本ツアー「ゴルフ日本シリーズJTカップ」には
アマチュアのままでも出場できますが、
2020年海外メジャー「全英オープン」の予選会も兼ねる
「オーストラリアオープン」を優先するということです。
その結果次第では「全英オープン」の出場権獲得のため
2020年1月開催の「SMBCシンガポールオープン」も
スケジュールに組み込む予定ということですが、
好成績を残せば「マスターズ」からも
招待状が届く可能性もあります。
大学OBの松山英樹は「金谷選手おめでとうございます。
初日の出遅れ(3オーバー51位)から
よく巻き返したと思います」と称えています。
金谷は今年のメジャー「マスターズ」に初出場し、
世界アマチュアランキング1位に上り詰めましたが、
大学在学中に松山が達成してきた快挙を
それぞれ踏襲しています。
「いつプロ転向するか分かりませんが、
同じ舞台で戦うことを楽しみにしています。
僕も負けないように頑張ります」と、
期待のコメントを寄せています。
松山は大学2年時に優勝しましたが、
3年の終わりまではアマチュアとしてプレーし、
大学4年の春にプロ転向後、
日本ツアーで「賞金王」になっています。
「いずれ海外に出たいと思うなら、早めに出た方が良い。
彼は3年生。僕とは優勝したときの学年が違う」と
指摘していますが、来年の「マスターズ」の出場の
可否が転機になるように思います。
女子プロゴルファーの「引退宣言」が相次いでいます。
ツアー3勝の大江香織が「伊藤園レディス」で
現役を退いたのに続き、同じく3勝の一ノ瀬優希、
7勝の佐伯三貴が「大王製紙エリエールレディス」で
ツアーを撤退する事を発表しました。
優勝経験を持つ中堅選手の引退ラッシュという事態ですが。
大江はモチベーションの低下、
一ノ瀬と佐伯はケガなどを一線を退く理由に挙げています。
今季の賞金シード選手の平均年齢は、
シーズン開始時点で最も低い26.4歳。
1998年度生まれの渋野日向子、勝みなみ、
小祝さくら、河本結ら「黄金世代」に加え、
月に7人目のアマチュア優勝を果たした
古江彩佳やプロテストに合格した安田祐香ら
2000年度生まれの世代の台頭も予想されます。

アマチュア時代からプロツアーの出場経験が豊富な
若手選手は、飛距離やマネージメント力をベースに
ツアーに戦いを挑んでいます。
ピンを狙う2打目の番手が、
若手と中堅では全然違うことも、
引退が早まることに繋がっていると思います。
スコアの伸ばし合いになる
コースセッティングでのバーディ合戦では、
飛距離が大きなアドバンテージとなります。
ピンポジションも厳しいところに切る傾向にあるため、
アイアンで上から攻めないと通用しません。
ショットでバーディを取りに行くゴルフをしないと、
シードを守ることが難しくなっているのでしょう。
日本の女子ツアーのレベルが上がり、
世界に通用する選手も育ってきましたが、
実力がありながら早期引退を決めた選手達の、
今後の活躍にも期待したいですね。

11月15日2019年

日本初開催のPGAツアー

ZOZOチャンピオンシップ」は、

 13年ぶりの来日だったタイガー・ウッズが、

松山英樹に3打差をつけ優勝しました

1996「ラスベガス・インビテーショナル」での

初優勝から23年の年月を経て、

往年の名手サム・スニードと並ぶツアー

最多優勝タイの82目を記録しました。

ここまでの勝率は22.8%で、

鉄人を謳われたベン・ホーガンの持つ21.3%を上回り、

史上最高の勝率となっています。

タイガーは43歳になり、最近では体の衰えを

感じるということですが、S・スニードは5

2歳で自身最後の82勝目を挙げています。

S・スニードの歴代1位の記録を塗り変え、

ジャック・ニクラウスの持つメジャー18の更新にも

期待が持てます。

「サムの様に52歳までプレーし続けられたらいいね。

数年前に同じ質問を聞かれたら答えは違ったかもしれないけど、

未来の見通しは明るい。

彼のように40代後半~50代前半でも

安定したプレーができればいい」と抱負を語っています。


2ヶ月前に手術を受ける前は、

ヒザのせいで体の回転もままならず、

腰とお尻にも負担がかかり、

しゃがむことも出来なかったということです。

タイガーの歴史的な優勝が日本で達成されたことは、

日本のゴルフファンにも、

とても意義があることでしたが、

タイガーにとっても感慨深く、

思い出深い試合となったことでしょう。

タイガーの数々のメジャー優勝、

レギュラーツアー優勝を見てきましたが、

日本のゴルフ史上にとって歴史に残る

PGAツアー初開催の大会で

達成された事はゴルフの神様の仕業だったかもしれません。

PGAツアーでもタイガーは別格で、

他の選手たちとは違う緊張感が漂い、

容易に何かをお願いできるタイプではないはずです。

しかし今回は日本のファンやスポンサーの意向を考慮し、

スポンサーとの記念撮影を行ったり

「キッズエスコート」をPGAツアーで初めて行うなど

いつもとは違う対応にも気軽に応じてくれました。

 

タイガー自身は久しぶりの来日に合わせて、

数々のスポンサー業務をこなす1週間でもありました。

ナイキのイベントに始まり、松山、ロリー・マキロイ

ジェイソン・デイとのスキンズゲーム、

水曜日のプロアマ戦、第1ラウンド後には

レンジでのクリニックなどなど

、いつものタイガーのルーティーンに比べると

様々な仕事が多く、試合に集中できない

可能性もあったはずです。

ヒザの手術後の復帰戦でもあり、

ヒザの調子次第では棄権もありえたのですが、

終わってみれば完全優勝。

タイガーと松山の優勝争いという絵に描いたような展開で

大いに盛り上がった大会でした。

無観客試合となっ土曜日は、

諦めきれないギャラリーが

フェンスの前に大勢集まったということです。

 

運営サイドのPGAの手腕の素晴らしさも

大会を盛り上げました

大雨で第2ラウンドが順延となり、

10パー4はティイングエリアの位置を

大幅に変えざるを得ないといった

予想外の事態となりましたが

柔軟にスケジュールを変更し、

選手の負担にならないように72ホールを消化しました。

「72ホールをやりきる」という姿勢が

トーナメントを運営するで、

重要だという意識の高さは素晴らしいと思います

日本のツアーでは、競技短縮か中止という選択肢が

濃厚となっていたと思います

国内ツアーでは、

JGTO主催大会(日本ゴルフツアー選手権)など以外、

JGTOだけの判断では決められない要素が多いのです

開催コース、大会スポンサー

テレビ放送局との利害関係もあり

JGTOだけの独断で決めきれないのが現状です

 

3ラウンドのスタートを

日の出30分後という判断に踏みきったり

月曜日のプレーを午前中に終わらせたのは、

次戦の中国「WGC HSBCチャンピオンズ」に

向かう選手配慮した英断でしたが、

72ホールを選手たちに強いるだけではなく

選手の立場も考え、コース状況から最善の選択をする。

さらにギャラリーと選手にとっても

ウィンウィンでいられる運営を、

PGAが目指していることは驚きでした。

世界のメディアが日本のギャラリーと

コース対応の素晴らしさを賞賛してくれたのも嬉しいことです

年のZOZOチャンピオンシップ」は

タイガーがディフェンディングチャンピオンとして、

すでに参戦を表明しています。

戦いを見届け、帰路につくギャラリーの手には

「82」という数字が書かれた赤い缶バッジ

プレゼントされました

サム・スニードのツアー最多勝利記録に並んだ

タイガー82勝を記念し、

PGAツアーがあらかじめ用意していた記念品で、

その瞬間を見届けたギャラリーに配布されたことも、

大きなサプライズでした

 

国内男子「マイナビABCチャンピオンシップ」と、

同じ週に開催されるゴルフ世界選手権

WGC・ HSBCチャンピオンズ」ですが、

2年連続の賞金王を狙う今平周吾は、

賞金ランク上位2人の出場資格を放棄し、

昨年に続いて「マイナビABCに出場しました

その理由HSBC」の獲得賞金が、

日本の賞金レースに加算されないことにあります

初出場した堀川未来夢「今になって、今平が

日本ツアーを優先する意味がちょっと分かった気がする。

加算されないし、こっちでプレーしていても、

日本ツアーが気になっている自分がいる」と、

語っています。

堀川はビザを取って開幕2日前の午後になんとか中国入りし、

事前ラウンドなしのぶっつけ本番で臨んだのですが

結局49位タイに終わっています。

 

年間4試合の「WGCシリーズ」ですが

2010年に日本ツアーの賞金加算大会から除外されています

国内大会のスポンサーへの配慮とともに、

予選落ちのない4日間大会で設定された

賞金額が高すぎるということでした。

マイナビABCの優勝賞金は3000万円、

HSBC170万ドル18394万円)のため

1試合で賞金レースのバランスを崩しかねないという

懸念からなのですが、今季からは日米ツアー共催

ZOZOチャンピオンシップ」が始まり、

獲得賞金の半額が国内のランキングに

反映させることが決まりました

4大メジャーは100%を加算、ZOZO50%、

WGC0という規定は、選手にとっても

理解しにくい規定となってしまいました。

 

賞金王タイトルのご褒美「5年間の長期シード

将来の海外進出において大きな意味を持ちます

翌年の「全英オープン」出場も確定し

「マスターズ」からも招待の可能性が高まります。

マイナビで優勝は逃したものの、

2位に入り賞金ランクトップに躍り出た

平の戦略も理解できますが、

世界に対して消極的と感じるファンもいるのも事実です。

WGCを優先したチャン・キムや石川遼、

浅地洋佑らは逆に日本ツアーを

軽視しているわけではありませんが、

日本ツアーの目指すべき方向性が不明瞭なのが問題です。

ゴルフ以外のプロスポーツを眺めても、

国内だけでの活躍では、ファンを納得させることが

できない時代が来ています。

JGTOが掲げる基本理念には

「世界が認める技量を備えたツアープレーヤーが、

そのプレーと人間性によって、世界の人々を魅了し、

スポーツによる国際交流の担い手になります

次世代を担う子供たちに世界への道を拓きます」と

なっています。

世界とリンクするチャンスJGTOが制限することは

その理念に反し時代遅れだと

いわれても仕方のないことだと思います。

 

 

11月1日2019年

日本オープンゴルフ選手権」の最終日、

ドライビングレンジでプレーオフに備えていたチャン・キム

優勝を知ると左手で顔を覆い涙を流しました

 2年ぶりとなるツアー4勝目でしたが難攻不落の

古賀CCの18をドライバーで攻め、

5mのバーディパットを沈めて最終67」をマーク。

通算1オーバーで抜け出し、塩見、堀川の終盤の失速もあり、

日本のメジャー大会を初めて制しました。

 3勝をマークした2017年、Cキムは背中の痛みを訴え

賞金王争いを演じていた終盤戦を回避しています

「何もできず、病院にいる期間も長くて

友人に会うことすらできなかった」という深刻な病状でした

 左手首にも故障があり、

今年1月の「SMBCシンガポールオープン」は、

不安を抱えたまま復帰でした

時間の経過とともに体調とゴルフの状態も上げて、

賞金ランク7位で迎えたメジャー「日本オープン」でした

 

古賀GC6817ydと短く、狭く絞られたフェアウェイと

深いラフが特徴で、2008年大会で優勝した片山晋吾

1Wをキャディバッグから抜いてプレーて話題になりました。

練習ラウンドでC・キムもティショットで3W

ロングアイアン中心のマネジメントを試しますが

次第に積極策をとることを考えたということです

ドライビングディスタンス部門を

ダントツでリード(平均319.57yd)する

日本ツアーで一番の飛ばし屋

「僕はトラブルを越えていくことができる」と、

最終ラウンドでは1W10回握

リーダーボードを見ないままプレーしたということです

72ホール目は「バーディを決めれば

トップ3に入れると思って打った。

スコアを見ていたら心境も変わったと思う。

逆に見ないでよかった」と振り返っています。

最終ラウンドスタート時点では5オーバー17でした。

 

トップとの8打差をひっくり返したのは、

ツアー記録に1ストロークに迫る大逆転劇でした

「今までの苦しみを考えると、大きな意味がある」と、

賞金ランキング一気に1位に浮上しました。

 

13番まで2位を4打リードしていた塩見好輝

待望のツアー初勝利はお預けになりました

 14番でダブルボギー、15番でトリプルボギーをたたいて

リードを失い一気に失速

最終ラウンドは前半「36」に対し、後半「43」。

通算5オーバーの10位タイに終わ

14番のダボはもうしょうがない。

ぜんぜん大丈夫だった」と振り返っていますが、

首位の座を明け渡した15番のプレーには

「ちょっと欲が出た。バーディを獲りに行こうと思っと、

悔やんでいました。

フェアウェイからの第2打はピンまで残り100yd

「すごいフォローだったので、

 SWだったらちょうどいいと思った」と、

決断したのですが、グリーンに落ちたボールは

バンカーに転がり落ち左足下がりのライから脱出に

 2打を要すなど5オン、2パットのトリプルボギーとなり、

シード権も確定できずに大会を終えました

 

「日本ツアー選手権森ビル杯」で初勝利を飾り、

メジャーでのツアー2勝目がかかった堀川未来夢

塩見の失速により、終盤17番で突如首位に浮上しますが、

上がり2ホールを連続ボギーとして2位タイに終わりました

 17パー3では右サイドのピンに対し、

1打をグリーン手前に刻む作戦に出ながら

グリーン上で首位に立ったことを確認した後の

2mのパーパットを外します

 トップタイで迎えた最終18番は

手前の花道から「一番自信のあるクラブ」として

パターをチョイスしますが

ピン手前から再び2mのパーパットを外し万事休す。

堀川は「こういうコースでこそ、

マネジメントがつくづく大事だと感じた」と振り返りましたが、

賞金ランキングは9位から6位に浮上しました

堀川は、自身のマネジメントに徹して17パー3では

ワンオンを狙わず刻むという選択を取りました。

またCキムは、最後まで難コース恐れず、

持ち味である飛距離を武器に積極果敢に攻めたことで、

大逆転に成功しました。

 紙一重の差ですが、バーディもダブルボギー以上も

多く出るコースで、極度の緊張感の中での攻守

明暗を分ける「日本オープンらしい

シビアなセッティングでした

 

予選カットライン上の53位タイで決勝ラウンドに進んだ石川遼

 シーズン初めての予選落ちはなんとか免れました。

昨日を終えた段階で70位くらいまで来ていたので、

カットラインが落ちて通るかなという思いで寝ていました」と、

 決勝ラウンドの準備をしていた様です

インスタートの裏街道となったムービングデーも

「通ったからには何があるか分からない。

なんとか自分ができる最大限のゴルフがしたい」と

序盤からドライバー中心の攻めのゴルフでした。

3ラウンドは13ホール消化して、

通算7オーバーの暫定27位タイと順位を上げ

日没サスペンデットとなりました。

石川の最終日は23ホールの戦いで、

全員がスコアを落とす展開でしたが、

3日目を69最終日を71とまとめ、

最終的には12位タイに順位を上げ、

シーズン終盤の活躍にも期待が持てそうです。

 

「富士通レディース」の最終日は、1打差2位でスタートした

アマチュアで19古江彩佳、6バーディ、1ボギーの「67

 通算17アンダーとスコアを伸ばし

史上7人目のアマチュア優勝を成し遂げました。

前日「優勝できたら夢のまた夢」と語っていましたが、

現実となり「本当にとりあえずうれしいです」と

喜びをかみしめました。

優勝によりプロ宣言が可能になったため、

 予定していた最終プロテストは免除になりました。

「プロテストはしびれると思うので、

運が良ければ優勝したいと思っていました。ほっとしています

プロテストは普通の試合とは違うと感じていました。

失敗できない恐さある。それに比べれば

今日の方が楽だったかもしれない」と語りましたが、

LPGAの理事会での承認を経て

樋口久子・ 三菱電機レディス」で

プロデビューが決まり

「賞金女王になるのが小さい時の夢だった」と

改めて目標を口にしています。

 

賞金総額2億、優勝賞金3600万円

NOBUTA GROUP ・マスターズGCレディース」

「アースモンダミンカップ」「日本女子プロゴルフ選手権」と並ぶ

年間39試合の最高額の試合で「賞金女王」を占う大会です

 2週ぶりに出場の渋野日向子

日米ツアー共催の「ZOZOチャンピオンシップ」を控える

千葉県・習志野カントリークラブで行われた

エキシビションマッチを観戦しました

米ツアー81勝のタイガー・ウッズと初対面し

「オーラがすごい。ゴルフ界の神様、生きる神ですよね」と

興奮気味に話していました

渋野は先輩プロの有村、笠一緒に観戦。

関係者から「今年の『AIG全英女子オープン』の優勝者」と

 タイガーに紹介され記念撮影しましたが

2ショットも撮ってもらって、過呼吸になるかと思った。

あああああ、おお、みたいな感じで、

撮影してもらったときは手が震えていました」と

笑顔で目を輝かせていたということです

賞金ランキング1のシン・ジエ

610万円差で追って迎える高額金の大会ですが、

会場のマスターズGC内には

2011年の東日本大震災のチャリティイベントで

コースを訪れたタイガーが植樹した木ります

「本当に大事になると思う。今日の調子はまだ何とも言えないけど

しっかり練習していきたい」と、

渋野の目標である「賞金女王」と

「東京オリンピック」のための戦いが続きます。

<< 1 >> 1ページ中1ページ目


| Home | Shop | Fitting | Golf Goods | Golf Course | Link | Blog | Contact Us |
(C)Sammy's Golf Co.,Ltd. All right reserved.